汗出せ、知恵出せ、もっと働け!―講演録ベストセレクション仕事はとにかく、「質より量」と言われる。「いい仕事」を追求すると、どうしても労働時間は増えるが、芸術であろうが、ビジネスであろうが、学問であろうが、「量は常に質に勝利する」ことは、昔から言われてる。

発明王エジソンの言葉として引用される「天才は1%の閃きと99%の努力」という言葉は、実は「努力が大事」といっているのではなく、「考えるのは1%、手を動かすのが99%」と言い換えてもいいくらいだと個人的には思う。

 

 

しかし、この言葉は少し言葉足らずではないかと思う時がある。さらに、「量が質を生み出すとは限らない」という反論は常に存在する。だから、少し補足が必要だ。

 

実は、「質より量」に反論する人々は、このように勘違いしている

「つまらない仕事を沢山やることで、質が生み出されるなんて、ありえない」

 

仰るとおり、つまらない仕事を大量にやった所で、質など生み出されないし、やっている本人も不幸せである。実は、「量が質に変化する」ためには、もう一つ考えなければいけないことがある。それは

 

「どうしたらこの大量のつまらない仕事を、効率よく、楽しくできるか?」

 

ということだ。

 

 

眼の前にある仕事をこなすだけでは、「量」は「質」に転換しない。それに加えて

「量」をどのようにしたら効率よくこなせるか?

「量」をどのようにしたら楽しくできるか?

を考えることが、「質」を生み出す。

 

 

ルーチンワークの延長には、ルーチンワークしか存在しない。階段をひとつ上って、質を生み出す公式は

 

「質」=「量」×「楽しくやるための工夫」×「効率良くやるための工夫」

 

 

 

だから、丹羽宇一郎氏は「汗出せ」「もっと働け」だけではなく、それに続けて「知恵出せ」と言っているのだろうと思う。

 

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。