仕事がうまく行かない時は誰にでもあるだろう。

そんな時、「このままではダメだ。もっと真剣に、もっと頑張らないと」と思うかもしれない。

 

しかし、かなり昔に訪問した企業の経営者が、「つらい時には頑張っちゃいけない」と言っていたことを思い出すたびに、

「真面目すぎるのも考えものだ」と思い直すのだ。気楽に、固執せず、多少不真面目くらいで丁度良い。

 

とはいえ、彼の「頑張っちゃいけない理由」は少し変わっていた。

 

彼の会社は80名程度の規模の会社で、5年連続で売上、利益とも伸びている会社だった。私は「さぞかし優れた経営をしているのだろう」と、内情を聴くため、インタビューをさせていただいた。

 

私が単刀直入に

「5年連続で売上、利益とも伸びているのは、何が理由なんですか?」と聞くと、

彼は一言、

「運だね。」

と言った。

「運だよ。完全に。大したこともしていないし、できることをやってるだけ。来年業績が悪くなったとしても、全くおかしくないよ。」

謙虚な経営者は少なからず存在するが、これは度をすぎている。

「しかし……謙虚ですね」

「謙虚?本気でそんなこと言ってるの?買いかぶりすぎだよ。商売は、本当に運なんだよ。」

「そうなんですね。」

「頑張ってやっても、うまくいくかはわからない。手を抜いても、うまくいく時はうまくいく。会社なんてそんなもんだよ。」

「社員はどう思ってるんですか?」

「さあ……どうだろね。私は真面目に考えすぎるな、って言ってますよ。成果が出るかどうかは時の運。」

「それでよくこの業績が出せますね……」

「ま、だから皆好きなことしかしないんじゃない。皆大人だから、何も言わなくても大丈夫なんだよ。」

「ちなみに、業績が悪化したら、どうするんですか?」

「仕事がなくなるだけ。」

「給料は?」

「払えなくなるねえ」

「それで?」

「それでオシマイ。」

「……」

 

とりつくシマがない。私はインタビュー能力の無さを痛感した。すると彼は言った。

「アンタ真面目だねぇ、そんなんじゃ会社つらいでしょ。」

「い、いや……そうでも」

「インタビューで、成功法則でも探そうとしてるの?ムダムダ、たいてい眉唾だから。うまく行かない時、まじめに考えると、余計うまく行かなくなるから。」

「なぜですか?」

「大体、うまく行かないのは、頭が固くなって、前提が間違ってるからさ。」

「例えばどういうことでしょう?」

「そうだね、例えば、八百屋やってるとするでしょ?近くにスーパーができて、お客さんをとられて窮地に立たされたとする。そこで何する?」

 

私は何となく正しそうな回答をした。

「……スーパーでは満たせない、お客さんのニーズを掴んで、スーパーと差別化するか……専門化…ニッチを狙う?」

経営者はまあそうだよな、という様子で頷きながら言った。

「ビジネス書にはそう書いてあるやね。戦略やら、差別化らやら。でも、そんなにうまく行かないって。選択肢が狭すぎるよ。っていうか、まじめに考えすぎ。スーパーの近くの八百屋なんて、よほどじゃなきゃ儲からないって。」

一蹴されてしまった。

 

「良いかい、実際正しかったのは、店閉めて、そのスーパーで働くことだよ。スーパーの野菜売り場の店員として。みんな同情してくれるし、ノウハウも貯まる。

しかも、もう知り尽くした世界でしょ?絶対に他の人より成果出るから。店を続けるより安定するし、店があるんだから、住むところはあるでしょ。スーパーで働いて、ノウハウと人脈を貯まったらまた八百屋やりたきゃ、独立すればいいじゃない。」

「……それを受け入れろと……。」

「だからさ、時代の流れには逆らうなってことだよ。何かに固執せず、楽にやる方法を考えるんだって。そこを勘違いしてると、仕事なんて辛いだけだよ。会社と仕事に、真剣になりすぎると、視野が狭くなるから。絶対に。」

「なるほど。」

「私は基本的に真面目な解決策を選択しないようにしているんだよ。それが例え直感に反していても、大抵正しい。」

 

——————————-

 

殆どの企業において、営業は目標達成が厳しいとき、行動量を増やして対応しようとしていたように記憶している。

だが、ほとんどの場合行動量を増やしたとしても、余計に辛くなるだけである。要するに今のやり方に固執しているだけなのだ。

まじめに考えすぎずに、目標を達成するには。むしろ行動を減らして、目標を達成するにはどうするか。そう考えなければ、ほんとうの意味で良い仕事はできない。

 

サラリーマンの給料は上がらなくなっているという。だから、それを上げるためにますます頑張り、過労やうつになる人も多い。

 

だが、上の経営者が言うように、「もっと真面目に頑張る」という選択肢は多分間違っている。むしろ給料を上げる事に固執せず、サラリーマンの給料は上がらない、という前提で考える。

出世して、月に5万、給料を上げるのは恐ろしく大変だが。副業なら「頑張らずに」月5万くらい稼げる可能性はある。「転職」という選択肢もあるだろう。

世の中は、そういう「まじめに考えない」ことが結果的に成果に繋がることも多いのだ。

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

書き手を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Quinn Dombrowski)