ある人事の方が「6月に入ると新人の間の実力差が見えてくる」と言っていた。

「そんなに早くわかるものなの?」と思う方もいると思うが、おそらく正しい。

新人の役割は研修の受講と雑用をやることであり、人によりやっていることにあまり差がない。だから、余計に能力の差が目につくのだ。

 

「一番差がでるのは、コミュニケーションの部分だね。」と、その人は言う。

「コミュニケーション?」

「そう。」

私は思わず笑ってしまった。

「コミュニケーション力のある人を採用したのでは?」

「まあ、そりゃそうなんだけど、面接するのは現場の面接の素人だから、結局人事が研修と雑用をやらせて、もう一度ふるいにかけてるんだよ。」

「そうなんだ。」

「ま、人事をそれなりに長いことやってると、「面接で人の能力を見抜ける人」なんて全くいないことがよくわかる。」

「そんなもんかね。」

「ま、話を元に戻すと、コミュニケーション力がありそうだ、ということで採用した人も、当たり外れある。」

 

彼によれば「コミュニケーション力の高そうに見える人」には2種類あるそうだ。

一つは、「人当たりが良いだけの人」

もう一つは、「真にコミュニケーション力の高い人」だ。

 

 

「何がちがうの?」と聞くと、彼は

「ちょっと難しい課題を与えた時の反応が全くちがう。」という。

 

「具体的に教えてほしいな」

「例えばある新人デザイナーを2人、想像してくれ。一人は人当たりだけが良い人。もう一人は真にコミュニケーション力の高い人だ。」

「想像した。」

「彼らに課題を与える。ウチのwebサイトの商品ページのデザインをもっと良くしてくれ、と。」

「抽象的だな……」

「ま、そのとおりだ。どういうふうに行動するか、彼らは試されているわけだからな。」

「で、どうなる?」

「人当たりだけが良い人は、「どうすればいいか教えて下さい」って来る。「何がわからない?」と言っても、「どこから手を付けたら良いかわからない」の一点張り。」

「まあ、そりゃそうだろう。」

「そういう奴には教えてあげる。けど、そいつは「コミュニケーション力無いやつ」に分類される。」

「ほう、じゃ、できる新人は?」

「ま、人によって聞き方はちがうんだけど、問題点を整理してくるんだよね。もっと言うと、恐ろしく具体的に質問してくる。」

「どんな?」

「今年の新人で、一人すごい奴がいて、そいつはヒアリングシートを自分で作ってきた。項目が、「なぜデザインを良くしたいのか?」「今のページで使いにくいところはどこか?」「サンプルになるようなページはあるか?」……後なんだったっけな……。ま、とにかく質問がウマい。」

「それは凄いな。」

「もちろん、デザインそのもののウデはまだまだだから、ベテランに比べてクオリティは低いけどな。でも、こういうのを、コミュニケーション力がある、っていうんだと思うんだよね。」

「ほう」

「多分彼、想像したんだと思う。「なんでこの仕事をやらされてるのか」「発注者の意図は何か」そう言ったこと、確かにちょろっと研修で教えたんだけど、彼はそれをすぐに実践できてる。

結局、コミュニケーション力って、気が利くかどうかだと思うんだよね。彼、どうすれば相手が楽か想像できるセンスがあるんだよ。」

「なるほどね。」

 

確かに「人当たりの良さ」だけでは仕事はできない。真のコミュ力とは、すなわち相手の要求を読み取る能力なのだ。

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

【44】「書くことがない」を解決する

【43】「購買をうながす文章」を書く技術に迫る。

【42】「ライター業でまっとうに稼いでいきたい人」が読むべき話。

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

書き手を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

Alan Bloom