問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」問題解決スキル、というものがある。文字通り、そこにある「問題」を解決するための技術だ。仕事においても、人生(?)においても常に自分を悩ませる問題は存在する。例えば

  • なかなか営業成績が上がらない
  • 部下が言うことを聞かない
  • 新商品のアイデアがない
  • 何を食べたらいいかわからない
  • 時間がない
  • 家庭不和
  • 出世できない
  • 運動していない
  • 子供が言うことを聞かない
  • 上司と仲が悪い

などなど、上げればきりがない。そして、人生の多くの時間は問題解決に振り分けられる。しかし、ほんとうに大事なのは「問題解決」ではないかもしれない。なぜか?

 

 

それは、「全ての問題に取り組む時間がない」からだ。人生は数多くの問題を抱えながら歩むしか無い。常に問題は存在し、それに十分な時間取り組むことは出来ない。だから、「人生は短い」であるとか、「仕事に追われている」と感じる人が多いのだろう。

 

従って、眼の前にある問題をひたすら解決し続けても、人生はなかなか充実しない。さて、このような状況を脱却するにはどうしたら良いのだろうか?

 

 

その解決策は、「問題設定スキル」をあげることかもしれない。要は、「どの問題に取り組むか」という問い、もっと言えば「何を問題視すればいいのか」に答えることが重要であるということ。

 

例えば、会社の経営課題と言われるものは、全てに取り組む人材も時間もない。従って、常に問われるのが「いったい何が問題なのか」「どの問題に取り組むことが、最も費用対効果が高いのか」ということである。

同じように、プライベートにおいても

  • 「本当にやりたいことは何か」
  • 「どの問題に取り組むことがもっとも人生が充実するか」

 

という問いに答えることが重要ではないだろうか。そして、「本当にやりたいことは何か」という問いに答えることが、一番難しい。人生をかけるに値する問題というのは、そう多くない。そして、この問を作ることには非常に多くの時間がかかる。

瑣末な問題は放っておこう。悩むだけ時間の無駄だ。

 

【お知らせ】
弊社ティネクト(Books&Apps運営会社)が実施したウェビナーを動画配信中です
<ティネクトウェビナー>

【ウェビナー動画】ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します

 ウェビナー動画配信期限:2024年3月31日まで

<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのご提案
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)



ご希望の方は下記ページ内ウェビナーお申込みフォーム内で「YouTube動画視聴」をお選び頂きお申込みください。お申込み者にウェビナーを収録したYoutube限定動画URLをお送りいたします。
お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/2/8更新)