最近、本屋の自己啓発本コーナーに行くと、二つの相反するメッセージを全身で感じるようになった。

 

頑張れ、という本。頑張るな、という本。

一つは、よりスマートなビジネスパーソンになるための自己啓発本の類である。タイトルを見ると「あれしろ、これしろ」のオンパレードだ。

成長するために努力を惜しむな。

 自分の課題に向き合い、改善せよ。

 成長しなければ、社会では生き残れないぞ。

そんなメッセージを全身で感じる。

 

もう一方は、「ありのままの自分を受け入れよう」という、新たな種類の(?)自己啓発本である。これらの本は、

頑張らなくてもいいんだよ、出来ないのも自分なんだ。

 嫌われたって良いじゃないか、他人の目は気にするな。

 今の自分でいいじゃない、好きなことで生きていこう。

成長至上主義の自己啓発本とは対照的なメッセージを発している。

 

少し前までは、前者のタイプの本が圧倒的に多かった。

 

・・いや、違う。

少し前まで、私は前者の自己啓発本にしか興味がなかった。後者の本は、前からきっと存在した。でもそれらの本が発するメッセージは、私に届いていなかった。成長するための本以外は、本じゃなかった。

頑張った方がいいのか。それとも頑張らない方がいいのか。私にはわからなかった。

 

 

頭オカシクなっちゃった。

こんな風になったきっかけは、おそらくあの出来事だろう。

「あれ?文章が読めない。」

ある朝、いつも通りお客さんから送られてきたメールを読もうとしたが、全く理解することができなかった。

一つ一つの文字を指で追い、声に出して読んでみる。私の声は、確かに音声として耳に入ってくる。だけど、なぜか頭に入ってこない。

 

「あ、頭オカシクなっちゃった。」

そう思った瞬間、激しい動機と吐き気と腹痛に襲われた。オフィスには私一人しかいなかった。なぜならその3ヶ月前、会社の方針についていけず、私以外の社員が全員辞めてしまっていたからだ。

「これは早退した方が…いいよね。でも、今日アルバイトさんが午後来るしな…早退しても大丈夫かな」

そんな状況になってまで、休むことへの躊躇いが頭をよぎった。

私は完全に心を病んでいた。

 

 

成長という脅迫観念からどう抜け出すか

この話をすると、半分くらいの人が驚き、哀れみ、そして元気づけようとしてくれる。そしてもう半分くらいは「実は私も…」と、身の上話を話し出す。

結構な割合で「実は…」と話されるので、似たような状況で追い込まれている人は案外多いんだな、と少し安心する。

 

私たちは小さな頃から、頑張ること、成長することがずっと正しいと教えられてきた。そして、その期待に応えるために必死で頑張ってきた。

 

例えば、以前勤務していたコンサルティング業界なんかは、特にそういう人たちの集まりだった。成長意欲の塊。周囲の期待に応え続けてきた人たち。経営コンサルタントという職業柄、ロールモデルとして振る舞うことが常に求められた。

会社には、とにかく社員はこうあるべきという行動指針が、具体的な言葉で表現されていた。

守るべきルールは100個以上あった。それらが詰まったタウンページみたいな冊子を、社員は毎日読み合せた。行動指針を体現できる人は優等生として評価され、できない人は努力が足りないと責められた。

 

行動指針を全て体現できる鉄人なんかいないことは、冷静に考えればわかるはず。なのに、頑張ること、成長することが絶対的な価値観の世界で生きていると、いつの間にかそうした冷静な判断ができなくなってしまう。

できない理由は全て「自分の努力不足」というロジックに支配され、自分を責め続ける。

 

こうなってしまう人に共通するのは、みんな努力家で、真面目で、人一倍責任感が強いということだ。つまりは、会社から高く評価されるような人材ばかり。彼らは優秀なゆえに仕事が集まってしまう。断ることを許されないから、いや、自分に許さないから、どんどん仕事が回ってくる。

若いうちは、苦手なことでも頑張れば、その努力と忍耐自体が評価される。しかし無理や忍耐はずっとは続かない。いつか爆発してしまうものだ。

そうやってある日プツンと糸が切れ、一人、また一人と心を壊していく。

 

 

頑張り屋さんは、頑張ることをやめてみる

頑張り屋さんは「頑張りすぎがダメだ」と言われると、「じゃあどうやって頑張らないようにすべきか」の方法を頑張って探そうとする。頑張らなくていい系の本を必死に読んだり、ヨガに通ってみたり。

成長至上主義の自己啓発本の代わりに、今度は頑張らなくていいよ系の本を読み漁る。自分で自分に「頑張らなくていいんだよ」と声をかけてあげることができないから、本に、自らを古い価値観から解き放ってもらいたいのだ。

 

何かにしがみついていないと不安でたまらない。しかしそうやって忙しなく動き続けることを繰り返すと、それは癖となってしまう。動くことで本質的課題に向き合わないという、悪い癖だ。

 

「新しい働き方なら、うまくいくかも! 」

「新しい職場なら、うまくいくかも!」

「好きなことだったら頑張れるかも!」

 

自分と対話しないうちに早々に出したこれらの結論は、すべてまやかしだ。

そもそも頑張ること自体をやめないと、一瞬の快楽を得るだけで終わってしまう。職場を変えてみても、働き方を変えてみても、成長と努力信仰から抜け出さない限り、また同じ状況に陥ってしまう

 

「私たちは頑張った方がいいのか。頑張らない方がいいのか。」

ここ最近ずっと考えているけど、やっぱりよくわからない。頑張りたい時もあるし、フーッと一息つきたい時もある。嘘いつわりない、正真正銘の気持ちだ。

 

ただ色々思考して、一つだけわかったことがある。それは、自分の課題は、絶対に自分でしか解決することができない、ということだ。本も、ヨガも、ましてや転職も、会社も、親も、恋人も、代わりに解決はしてくれない。

一人静かに座って、自分自身と対話することでしか解決できない。少なくとも「この課題を解決したい」と決意できるまでは。

 

【お知らせ】

ライターは言わずもがな、SNS投稿する人全てに捧ぐ!めちゃめちゃ役に立つライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事トップ3】

1.オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

2.インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

3.「ゼロ」→「100万PV」に成長する過程で、webメディアがクリアしなければならない、3つの関門。(前編)


【11月最新記事】

【17】「ものすごくつまらない記事」の書き方を4通り、説明する。

【16】ゼロからライターになりたい人におすすめする「成り上がり」の戦略。


【 ライター向け無料相談会】

webライターさん向けに無料相談会を実施しています。
実施日時・詳細は こちらご覧ください。

 

−筆者−

大島里絵(Rie Oshima):経営コンサルティング会社へ新卒で入社。その後シンガポールに渡星し、現地で採用業務に携わる。日本人の海外就職斡旋や、アジアの若者の日本就職支援に携わったのち独立。現在は「日本と世界の若者をつなげる」ことを目標に、フリーランスとして活動中。

筆者Facebookアカウント http://www.facebook.com/rie.oshima.520

個人ブログ:U to GO