Evernoteが価格改定をするとのニュースを見た。

Evernote の価格プランの改定について

 

使い込んでいる人にとっては、年額5200円であっても「まあ安いよね」と思うくらいの価格でしかない一方で、今まで無料で利用していた「フリーライダー」ユーザーにとってはかなり不満を感じる内容だろう。

 

私の知人の「有料」Evernoteユーザーは、

「無料で使っているひとがいなくなってくれれば、その分Evernoteが儲かる。彼らが儲けてくれたほうが、サービスも良くなってくれる期待も持てるし、何より彼らのサービスが安定して存続してくれることのほうが嬉しい。」

と言っていたが、「無料」ユーザーの知人は

「OneNoteに乗り換えるか……」

と、真顔で言っていた。

 

有料ユーザーは残留し、無料ユーザーは離れる。それであれば価格改定は成功と言って良いのだろう。

 

 

実は、商売のほんとうの意味でのコツは「値上げ」にこそ、存在する。

例えば、昔在籍していた会社は、あるストックビジネスを行っていた。月額1万円弱で企業に「会員」となってもらい、研修やコンサルティングを提供する、というビジネスだ。

研修の内容が充実していたこともあり、順調に会員を伸ばしたが、困ったことが起きた。最初に会費を安く設定しすぎたため、新しく投資ができないのだ。

もちろん、社内でかなりの議論があったが、結局「値上げ」を断行した。会員数の伸びが止まるかと思われたのだが、実際にはそんなことは起きなかった。

起きたのは

「安っぽいものだと見られなくなった」

「怪しまれなくなった」

「より上手な利用の仕方を編み出す会社が増えた」

のだ。

要するに、値上げは成功した。モノは「安ければ売れる」というものではなかったのだ。

 

ここから私は「安売りはダメなのだ」という結論に至った。

考えてみれば当たり前なのだが、人は、「高いもの」「手に入りにくいもの」に対して価値を感じる。安く、あるいは無料で配布してしまう、ということはお客さんに「あまり良いサービスではないのでは」という誤った印象を与えてしまうことにつながる。

結果、私の上司は「売上アップの一番簡単な方法は値上げだな」と言って憚らなかった。

 

また、あるwebサービス会社の経営者はいつもこう言っていた。。

「商売の本質は、「皆に満足してもらう」ではない。それを目的とすると、途中で間違う。そうではなく「よりお金を払えるお客さんに、より満足してもらう」が最優先だ。お金を持っていない人を対象としたビジネスは、あまりうまくいかないし、収益に貢献しない客の言うことをきいても、大して売上は伸びない。

だから、ある程度ユーザーが増えたら、値上げしたり、有料化したりして、「顧客の選別」をしていかなければならない。そこには、「うちのサービスは優れているから大丈夫」という自信は必要だけどね。」

 

売上アップの一番簡単な方法は、「値上げ」だ。新規開拓でも、広告でも、マーケティング強化でもない。

 

明治乳業が、「おいしい牛乳」を値上げしたというニュースが流れていた。

明治が主力商品「おいしい牛乳」を実質値上げ、業績好調なのになぜ?

健康志向の高まりにあわせて、ヨーグルトなど主力商品の売れ行きが好調なこともあるが、値上げによる収益改善効果も大きい。営業利益ベースで見れば、コア商品の売り上げ増の押し上げ効果が116億円なのに対し、子会社を含む価格改定、いわゆる値上げによる収益改善効果は217億円に上る。

だが、「おいしい牛乳」のファン客は、少しくらいの値上であれば、今までと変わらず買うだろう。

 

 

サラリーマン、あるいはフリーランスの方々が、「安く使われている」という状況をよく見かける。だが「ほんとうに良い仕事をしてくれる人」は極めて少ない。

だから、自分に自信があるならば、堂々と「昇給してくれ」「報酬をアップしてくれ」と言おう。交渉をはじめなければ、相手はそもそも真剣に賃上げ、報酬アップを検討しない。

したがって、年収アップの最も簡単な方法は「賃上げ交渉」だ。

 

企業の商品・サービスに限らず、個人も自分高く売らなければ、ダメなのだ。

そうして初めて「安く使われてしまう労働者」から脱却できる。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(rc!)