a0001_002860お盆休み中はどこへ行っても混んでますので、家で過ごす派の方も多いと思います。

そんな時、そうだ、久々に映画でも・・・、ということがよくありますが、ドタバタしているだけのハリウッド映画は食傷気味という方におすすめの、「ちょっと古いが、余計なことを考えずにかなり楽しめる」映画をご紹介します。

 

 

1.12人の怒れる男

場面が一切切り替わらず、延々と12人の殺人事件の陪審員が議論をつづける、という異色の作品なのですが、人物描写が極めてうまくぐんぐん引きこまれます。当初12人中11人が有罪だと確信していた事件が、素朴な疑問を投げかけられるうちにどんどん複雑化して・・・。

 

 

 

2.フォー・ルームス

4人の監督が4本の短編を作成したオムニバス映画ですが、4つの短編にはつながりがあり、全体として1本の作品になっている。極めてどうでもいい話ばかりの映画なのですが、なぜか何回も見たくなる作品。設定は大晦日なので、年末に見てもいいかも。

 

 

 

3.パルプ・フィクション

説明不要の名作(だと思う)作品です。ジョン・トラボルタの出世作としても有名ですが、ブルース・ウイリスやユマ・サーマンなどの大物俳優が普段と違うイメージの演技を見せてくれるので、「ダイ・ハード」と違うブルース・ウイリスを見てみたい人は必見。ただし、この映画も「見ても見なくても人生には何の影響もない」ことは保証します。

 

 

 

4.ナイト・オン・ザ・プラネット

この作品もオムニバス。フォールームスのようなドタバタではなく、しっとりと落ち着いて見られる作品。泣ける。笑える。くだらない。の三拍子。個人的にはウィノナ・ライダーがタバコをウマそうに吸うのをうらやましく感じた。

 

 

 

5.CUBE

かなりの低予算で制作されたが、大ヒットとなった映画。ゲームをやっているような感覚になる映画ですが、シナリオが練りこまれていて、独自の世界に没頭できる。ほんとうに怖い。涼しくなる。ただし、グロ注意、パート2など続編は見る価値なし。

 

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、
悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。