こんちは。ナラハラカズマサです。このブログはアダチユウヤと一緒に書いているのですが、アダチユウヤから私はドラッカーを教えてもらいました。最初にドラッカーを読んだときの衝撃は今でも忘れません。どこを切っても「本質」って感じでした。

思わず、その場でアダチユウヤにメールしたことも覚えてます。「現代社会にも孔子がいた!」と。

その本に呼ばれた場所も、やっぱり覚えています。新宿の紀伊国屋前のジュンク堂でした。この本屋とても好きでした。(今はなくなり、現在、どうでもいいビックロになってます。。。)フロアが3F分あって、通路が広々としていて、本のセレクトセンスが良かったです。1m歩くごとに読みたい本が見つかるって感じで、まさに本のジャングルって感じでした。科学関連コーナーとドラッカー本が置いてある場所が定番コースでした。

ちなみに、その本屋に通っている時に、こんな本まで見つけちゃいました。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

ティネクトの事業・サービス詳細はこちら