会社員でも、起業家でも、フリーランサーであっても多くの人が抱える共通の悩みが1つある。

それは「悩みを相談できる人がいない」という悩みだ。

 

仕事で悩んでいる、でも上司には言えない。こんなことを言ったら「弱音は聞きたくない」と言われるかもしれないし、評価に悪影響があるかもしれない。

かと言って配偶者やパートナーに相談しても、ビジネスの感覚が違ったり、状況を理解してもらえなかったりして、

「そんなに気にすることないじゃない」という程度のアドバイスしかもらえない。

それでは友達に相談しよう、と思っても、「弱みを見せたくない」や「自分の話なんてつまらないので迷惑だろう」とそれも躊躇してしまう。

 

そんな風に

「抱えっぱなしで話せない」まま、フラストレーションを抱えて働き続ける方をよく見た。

しかし、そんな状況は辛いものだ。だから「相談相手の探し方」のノウハウに飢えている方は多い。

知人が「メンター」についての記事を書いた時「メンターって、どうやって探せばいいんですか?」という質問が数多く寄せられたということからもそれがわかる。

 

 

しかし、である。

大体の場合において、そのような状況は「周りに適切な人がいない」のではなく、「自らが作り出している」というケースもまた多い。「結婚相手が見つからない」と言いつつ、その実は「自分に原因がある」ケースがあるのと全く同じである。

 

つまり「悩みを相談できる人がいない」のではなく、「悩みを相談するのがヘタ」な場合が数多くあるのだ。悩みを相談するのがヘタだと、周りにどんな良い人がいても、「相談できる人がいない」と感じてしまう。

では「相談ベタ」はどのように直せばよいのだろうか。

 

 

これは、私のかつての先輩の話が役に立つだろう。

私が仕事で行き詰まっているのに、相談しないことに心配をした先輩が、私にアドバイスをくれた時の話だ。

 

「相談がヘタな奴って、どんなやつだと思う?」

「……なんとも言えないんですが、自分をさらけ出せない人とかでしょうか……?私、自分のことを話すのが苦手なんですよ。」

「残念!違います。」

「え……。」

「自分をさらけ出せる人なんて、滅多にいないって。それが相談できる人の条件だったら、ハードルが高すぎるよ。」

「……うーん……。」

「プライドが高い、とか?それを言われると痛いですけど。」

「プライドが高くても、相談がうまい人はたくさんいるよ。」

「そうですか?」

「社長だっていろいろな人に相談してるじゃない。でもプライドは高いと思うよ。」

「なるほど……。では友だちが多い、とか?」

「友達が多いか少ないかも重要じゃないよ。」

「……ギブアップです。さっぱりわかりません。」

私は検討もつかなかった。

 

そこで先輩は言った。

「相談ベタってのはね、悩みがはっきりしないと相談してはいけない、と思う人のことだよ。」

「悩みがはっきりしないと……?」

「例えば、仕事のことでなんとなくモヤモヤしているとする。でも、何でモヤモヤしているのかわからない。そんな状態ない?」

「あります。」

「そこですぐにだれか捕まえて、相談しちゃうのが「相談上手」。」

 

私は即反論した。

「そんなの迷惑じゃないですか。悩みがよくわからないのに相談したら、時間ばかりかかって一向に解決しないですよ。相談するなら、何を相談したら良いかをまとめて、自分の中で課題をはっきりさせておかないと。」

先輩は首を振った。

「違うね、それは相談じゃない。それは会議だ。」

「かいぎ。」

「そう。会議。相談ってのは、もっとアバウトなんだよ。モヤモヤっとして、何が課題なのかもわからない、でも悩んでいることはわかる。そんな時にとりあえず誰かに話してアウトプットしてみる。それが相談。」

「相談を受ける方も大変ですね。」

「そう。裏を返すと、相談したい内容がはっきりしていないと嫌な顔をする人には、相談しちゃいけない。その人は問題を解決してドヤ顔したいだけだから。」

「……。」

 

私は確かにその時、自分が「相談ベタ」であることを自覚した。

そして人の相談を受けるのがヘタであった事実も合わせて知った。

 

【お知らせ】

最新データからわかるオウンドメディアの現状とその役割とその活用方法。

オウンドメディアを検討中、運用中の企業広報・マーケティング責任者、企業幹部、企業経営者さま向けにオウンドメディア活用セミナーを実施しています。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:12/6(金)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料 定員:30名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/11/7更新)

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(B. B.)