a0002_000871ちょっと前に、「安定は希望です」というポスターをよく見かけた。去年の夏の参院選における、公明党の参院選のキャッチフレーズだ。

この言葉を見て、まず思ったのは「意味がわからない」である。

 

文字通りに読むと、安定=希望 ということなのだろうが、ますます意味がわからない。真剣に悩むほどの話でもないと思ったのだが、ブログを書いているとタイトルの付け方が難しいので、プロのキャッチフレーズがどのような意図を持っているかを知りたく、調べてみた。

 

公明党のサイトには、安定は希望です のあとにこう続いている。

 

”「安定は希望です」

参院選で、公明党はこの言葉を掲げます。今の日本に必要なのは、政治を安定させること。つまり、この夏の参院選でねじれを解消することです。”

 

要するに議席をたくさん確保して、政治の安定を目指すことだったようだ。

であれば、「安定が希望です」とでもすればよかったのに。

 

 

でもなぜ、「安定が希望です」ではなく、「安定は希望です」としたのか。「が」と、「は」の使い分けは専門家の間でも見解がわかれているようだ。

「が」は格助詞であり、主体の願望や要求を表すので、「公明党が」という部分が強調されることになる。

「は」は係助詞であり、「は」の後の言葉を強調しているので、「希望」を強調することになる。

 

したがって、公明党は「公明党」という名前を控えつつ、「希望」を強調したかったといえる。

 

あらためて、キャッチフレーズの日本語訳をすると、

「公明党が望む政治的安定は、希望ですよ」と、書ける。

 

さて、次に解釈が必要なのは、「希望」という言葉だ。希望は言葉の意味からして「誰かの何かの」希望である。具体的には何なのだろう。

これも、公明党のページを見るとどうやら「国民一人ひとりが感じる未来への希望」ということのようだ。

 

これもつなげて、更に補足してみると、

「公明党が望む政治的安定が実現すれば、国民一人ひとりが未来へ希望を感じますよ」

と書くことができた。

 

これ、「安定は希望です」から解釈するのはちょっと難易度高すぎないか・・・?

 

【お知らせ】
弊社ティネクト(Books&Apps運営会社)でChatGPTを経営課題解決に活用した事例を紹介する60分オンラインセミナーを実施します
<2024年1月16日/22日/2月2日実施 ティネクト60分間オンラインセミナー>

ChatGPTをコンサルとして使い「新規顧客開拓」に活用する実践的方法

・ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します

<内容>
<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法 
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのご提案
5.Q&A
ファシリテーター:倉増(ティネクト)


日時:
2024年1月16日(火)12:00〜13:00
2024年1月22日(月)15:00〜16:00
2024年2月2日(金)10:00〜11:00

参加費:無料  
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。

お申込み・詳細は こちらティネクトオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2023/12/1更新)