shukatsu新卒採用がいよいよ本格化してくる季節だ。昨年12月から始まった採用活動は現在、会社説明会のフェーズにある。電車の中で見かけるリクルートスーツの学生の多くは、「会社説明会」の行き帰りなのだろう。中には資料やグッズをタップリと抱えている学生もおり、その企業の力の入れようがわかる。

 

さて、過去には私も新卒採用の面接官などをやったことがある。面接官として、あるいは履歴書のレビューアーとして様々な活動に携わったが、ある時、無事に新卒で入ってきた新入社員に、こう聞かれた。

「なんで、新卒採用って人事の方が上から目線なんですかね?」

私はそのようなことを考えたこともなかったので、「どういうこと?」と聞き返した。彼はこう続ける。

 

「だって、採用の案内だとか、人事のブログとか、あるいは会社説明会に行っても、みんな偉そうじゃないですか。」

なるほど。確かにそうかもしれない。リクナビの就活アドバイザーなどの話を読んでも、やれマナーだ、身だしなみだ、言葉遣いだ、様々に「配慮をする」ように書かれている。

 

「もちろん、学生なんて社会の厳しさをわかっていない部分もあるけど、別に社会人だからって偉いわけじゃないですよね。それとも、「年長者だから偉い」という論理ですかね?」

うーむ。確かに「偉そうにする人」と言うのは存在するが、人事が特にそうというわけでもなさそうだが・・・。

 

「まあ、いろいろな会社に行って、そう感じることが多かったので、言ってみただけです。気にしないでください」

そう言われると、ますます気になる。気になったので、いろいろな会社の採用のページを見たり、担当者に聞いてみたりした。

 

すると、様々な人事担当者から意外な答えが返って来た。

「面接では、そのようなクレームをいただくケースも多いです。特に、今は偉そうにしたりすると、すぐにWeb上の掲示板などに書き込まれたりするので、ウチでは非常に気をつけています」

という。

「特に、面接官がした質問が意味不明だった」であるとか、「非常にプライベートなことを聞かれた」であるとか、むしろ面接官の常識を疑いたくなるようなこともある。

 

その根底にあるのは、「学生を試してやろう」という考え方のようだ。

「圧迫して、ストレス耐性を試してやろう」

「答えのないような問題を出して、知恵を試してやろう」

「論理的に回答できるか、試してやろう」

 

いつから人を試せるほど偉くなったのか。ともすれば自分もおかしそうな過ちである。気をつけることにしよう。採用は試験でなく、「お見合い」なのだと、改めて思う。

 

 

【お知らせ】
前回実施したティネクトウェビナーが大変好評だったため内容をグレードアップして再実施いたします。前回ご参加できなかった方はもちろんご参加頂いた方にもお役に立てる内容となっております。
<ティネクトウェビナー>

ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します


<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのご提案
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)



お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/2/28更新)