books&appsキャラデザ修正版

なぜ「頭がいいだけの凡人」が生まれてしまうのか。

理由はいくつかある。

 

1.「勇気」が凡庸

「リスクの高い試み」に対するチャレンジは、万人に対して敷居の高いものであり、「頭が良い」からと言って特にチャレンジ精神に富んでいるわけではない。

 

2.「助けを求める」事が下手

仕事は大きくなればなるほど、一人で完結させることは難しい。例外はあれど、頭の良い人は、大抵の問題を一人でこなせるため、助けを求めることが一般的に下手である。

 

3.周りに恐れられてしまう

あるメディアに有能な方がいたが、その人には人望がなかった。なぜならば、会議でイマイチな発言をした人に対するツッコミが、的を射すぎていたからだ。

「イマイチな発言を繰り返す奴もどうかと思うが、アイツのツッコミはキツイ」という噂が立ってしまっていた。

 

4.人にあまり期待しない

本質的には、人を動かすのは「その人に対する期待」である。頭の良い人は、自分の能力が高いがゆえに、「他の人に対する期待」を持ちにくいのである。

 

5.頭の良さを重要視しすぎる

人には様々な強みがあるが、「頭の良い人」は、「頭の良さ」という尺度を過大評価する傾向にある。

なお、ピーター・ドラッカーは、「頭の良さは、成果の上限を規定するだけであり、成果を出す能力とは関係がない」と言っている。

 

 

漫画:眞蔵修平

website:http://www.matthewroom.com/
Twitter:https://twitter.com/makurashuhei
Facebook:https://www.facebook.com/makurashuhei

 

出典:なぜ「頭が良い凡人」になってしまうのか。

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの7月日程を更新しました。

webライターとしてネット界の現状に鬱々としている人、
オウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、
SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、
悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
・ライティングやってしまいがちな初心者が気を付ける8箇条
・読まれる文章を書くための5step

5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①7/9(木)18時〜21時・7/30(木)18時〜21時
②7/16(木)18時〜21時・7/30(木)18時〜21時

【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。


・安達裕哉Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ