啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)誰しも自分の所属する組織において、「不合理である」というルールを経験したことがあるだろう。

 

「なぜ、わざわざ報告が必要なのか。どうせ上司は報告など聞いていないのに」

「なぜ、わざわざ承認が必要なのか、どうせ見ないで判子をついているのに」

「なぜ、わざわざ書類が必要なのか、何の役にも立たないのに」

 

こういったルールは生産性を下げるばかりか、従業員のやる気を損なう場合がある。そして、時に従業員たちはこのルールを「無視する」事によってそれに反抗する。

こうして組織には「有名無実のルール」が増え、結果的にどのようなルールも「個人の主観によって判断される」という状態が出来上がる。

残念ながら、それは多くの人の望む状態とは異なるだろう。そういった状態に陥る前に何とかしなくてはいけない。

 

さて、このような状態に対して「経営者」は、2種類の判断の選択肢がある。

「悪法も法」になぞらえて、「ルールはルールなのだから守れ」という人物、そして、「実際に役立つものなら守ろう」という実用主義的な立場を取る人物だ。

どちらが望ましいのだろうか。

 

これに対して、哲学者のイマヌエル・カントはその著作「啓蒙とは何か」の中でそういった事象に触れている。

カントの主張は唯一つである。経営者は社員にこう言うべきである。

 

「君たちはいくらでも、また何事についても意のままに論議せよ、ただし服従せよ!」

 

そのルールについての批判や、提案については好きなだけ、何を言ってもよい。しかし、ルールがルールである間は必ず守るベし、というのだ。

彼はその理由をこのように述べる。

「社長(立法者)の威望は、社員(国民)の総意を自分の思惑と統合することで作られるからだ」

 

社長はそのルールに従う社員たちの意見を吸い上げなくてはならない。

また、社員は自由な議論の場では闊達な意見交換をしてよいが、ルールには服従する。そういった基本的な振る舞いは、200年も前から変わらず推奨されている。

 

 

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)