Frank_Lloyd_Wright_LC-USZ62-36384友人から、「デザイン」と「アート」のちがいは何か?と問われた。私は答えることができなかった。

そしてデザインとアートのちがいについてその友人から学ぶことができたので、備忘録のためにここに記することにする。

 

「デザイン」と「アート」は同列に語られることが多いが、似て非なるものである。むしろ全く逆であると言ってよい。「デザインの良いもの」を求める人が増えたため、最近ではデザイナーの需要が増していると聞く。が、彼らはアーティストではない。

 

「アート」は芸術と訳されるが、その本質は芸術家の「自己」表現である。目的はアーティスト自身の世界を何かしらに投影すること。

したがって、アートは鑑賞する人間が1人も存在しなかったとしても、アートとして存在しうる。また、仮に鑑賞する人間が存在したとしても、そこから受け取るものは一人ひとり異なる。

だから、アーティストによる作品は本質的に「商品」ではない。商品は「他者のため」に作られたものだからだ。アートは他者のために作られたものではない。

もし値を付ける人がいたとしても、アートの価値はその価格とは無関係に存在する。

 

さて、「デザイン」はどうだろう、デザインの本質は、「他者に何かを伝えること」にある。伝えたいことがないデザインは、デザインとは呼ばない。

したがってアートとは異なり、それを見る人間がいなければ、デザインは存在し得ない。

また、デザインは「伝える」ということが本質である以上、そこから受け取るものがひとによって異なってはいけない。デザイナーが意図することが正確に伝われば伝わるほど、それは良いデザインである。

だから、デザインは「商品」と相性が良い。商品もデザインも、それを受け取る誰かの為に作られたものだからだ。

 

それ故、突き詰めると、デザインは「伝えたいことと無関係なものを一切省く」という作業に行き着く。例えば下の画像を見て欲しい。

これは「ジョブセンス」というサイトの日本地図だ。どの地域の求人を探すか、クリックできるようになっているが、この日本地図はあまりよいデザインとはいえない。

 

japan_map_feature

 

 

なぜなら、日本はもっと簡略化できるからだ。デザイナーが書くと、日本列島はこうなる。

 

ecaljp001_004

 

単純に地域だけを表すならば、入江や島、半島などの表現は不要なのだ。だからデザイナーはそれを削る。

「シンプルに、必要なことだけを表現とする」のは、デザイナーの仕事なのだ。

 

 

(画像:Frank Lloyd Wright  Wikipedia)

 

【お知らせ】
前回大変好評だったため内容をグレードアップして再実施いたします。前回ご参加できなかった方はもちろんご参加頂いた方にもお役に立てる内容となっております。
<2024年3月18日実施予定 ティネクト60分ウェビナー>

ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します


<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのご提案
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)


日時:
2024年3月18日(月)12:00〜13:00

参加費:無料  
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/2/28更新)