Frank_Lloyd_Wright_LC-USZ62-36384友人から、「デザイン」と「アート」のちがいは何か?と問われた。私は答えることができなかった。

そしてデザインとアートのちがいについてその友人から学ぶことができたので、備忘録のためにここに記することにする。

 

「デザイン」と「アート」は同列に語られることが多いが、似て非なるものである。むしろ全く逆であると言ってよい。「デザインの良いもの」を求める人が増えたため、最近ではデザイナーの需要が増していると聞く。が、彼らはアーティストではない。

 

「アート」は芸術と訳されるが、その本質は芸術家の「自己」表現である。目的はアーティスト自身の世界を何かしらに投影すること。

したがって、アートは鑑賞する人間が1人も存在しなかったとしても、アートとして存在しうる。また、仮に鑑賞する人間が存在したとしても、そこから受け取るものは一人ひとり異なる。

だから、アーティストによる作品は本質的に「商品」ではない。商品は「他者のため」に作られたものだからだ。アートは他者のために作られたものではない。

もし値を付ける人がいたとしても、アートの価値はその価格とは無関係に存在する。

 

さて、「デザイン」はどうだろう、デザインの本質は、「他者に何かを伝えること」にある。伝えたいことがないデザインは、デザインとは呼ばない。

したがってアートとは異なり、それを見る人間がいなければ、デザインは存在し得ない。

また、デザインは「伝える」ということが本質である以上、そこから受け取るものがひとによって異なってはいけない。デザイナーが意図することが正確に伝われば伝わるほど、それは良いデザインである。

だから、デザインは「商品」と相性が良い。商品もデザインも、それを受け取る誰かの為に作られたものだからだ。

 

それ故、突き詰めると、デザインは「伝えたいことと無関係なものを一切省く」という作業に行き着く。例えば下の画像を見て欲しい。

これは「ジョブセンス」というサイトの日本地図だ。どの地域の求人を探すか、クリックできるようになっているが、この日本地図はあまりよいデザインとはいえない。

 

japan_map_feature

 

 

なぜなら、日本はもっと簡略化できるからだ。デザイナーが書くと、日本列島はこうなる。

 

ecaljp001_004

 

単純に地域だけを表すならば、入江や島、半島などの表現は不要なのだ。だからデザイナーはそれを削る。

「シンプルに、必要なことだけを表現とする」のは、デザイナーの仕事なのだ。

 

 

(画像:Frank Lloyd Wright  Wikipedia)

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

ティネクトの事業・サービス詳細はこちら