「目標を持たない人は、休めない。」

わたしは、先輩にそう教わった。一見逆説的だが、どういうことなのか。書いていく。

 

その先輩はお金にあまり興味を示さなかった。

彼はクルマも家も買わなかったし、服もいつもユニクロの無難な服ばかり着ていた。美食も女遊びにも興味はなく、欲らしい欲を示したことも殆ど無かった。

だが、そんな彼の唯一好きだったものが、釣りだった。彼は様々な場所に出かけて行き、釣りをのんびり楽しんでいた。時に、仕事をそそくさと切り上げ、夜釣りなどにもでかけていたようだ。

「釣りはいいよ」と、いつも彼は言っていた。

 

彼は残業も、休日出勤も、ほとんどしなかった。つまり、休息をきちんととっていた。

「釣りに行きたいから」と、言ってはいたが、わたしは、彼が仕事はあまり好きではない事を知っていた。彼は、仕事の時に楽しそうな表情をすることはほとんど無かったし、部下に対しても徹底して「無私」を貫いていたからだ。

彼は「まあ、仕事は仕事」とよく口にしていた。

必要なら話す、干渉もする、叱ったりすることもある。だが、彼はほとんど部下のプライベートに対して関心がなかったし、出世にも興味が無いようだった。

 

そんな趣味人的生活を送る彼だが、仕事は恐ろしくできる人だった。

正確に言えば、「できるように見えないのだが、実際には顧客の評価が高く、必ずやり遂げる」という人物だった。実際、彼と出会う人たちの中には、彼のようになりたいと

「どうしたら、プライベートと仕事の両立がうまくできるのですか?」

と聞きにくる人物が後を絶たなかった。

 

おそらく彼は最初のころ、丁重にお断りしていたのだろうと思う。「秘密主義だ」といった噂すらあった。

だが、ある時から彼は「せっかく聞きに来てくれるのに、不誠実だ」と感じたらしく、彼らの相談に親身にのるようになった。

だが、彼のアドバイスはいつも同じ、

「自分の中に、日々の目標を作りなさい」

というものだった。

 

「なぜですか?」と聴くと、彼はこう答えた。

「目標を持たない人は、休めないから」と、彼はいう。

「話が繋がらないんですが……。」

 

彼は言った。

「いいか、仕事ってのは、漫然とやったらかえって長引いてつらいんだよ。どこまでやったらいいかわからないからな。だから「皆が休んでないから」って、休まないんだよ。

逆に自分はここまでやったら勝てる、っていうラインを自分で引けるから、休めるんだ。

「目標があるから休める?」

「そう。考えてみれば、当たり前だ。「50件やったら休もう」っていう人は、うまく休める人。「皆が帰りだしたら帰ろう」って言う人は、休めない人。後者は要するに、自信がないんだな。」

「そんなにちがうもんですか?」

「ちがうね。」

「正直、俺は仕事が対して好きじゃない。でも、成果にはこだわっている。休みたいからな。」

「なるほど……。」

 

彼は、こうも言った。

「ついでに言うと、目標を立てると3つのものが手に入る。まずは決心する「勇気」、計画をたてる「知恵」、そしてそれを継続する「実行力」」

「……ちょっと説明が必要です……」

「つまり、目標にはにはリスクテイクする勇気が必要で、実行のための知恵が必要で、目標達成のために継続する努力が必要だろう?」

「はい。」

「漫然と仕事していて、それらを自分で獲得しようと思うか?自分は絶対面倒だからやらない。」

「確かに。」

「だから、自分で目標を作って、自分に強制するんだよ。目標のないやつは、目標のあるやつに絶対に勝てない。そういうことだ。」

 

彼の「自分に強制する」という発想は、その後、様々なシーンで気の進まないことをする時に非常に役に立った。

「休みを取る」のも、考え方一つなのだ。

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

The Old Adalie Plain