新人の頃、「仕事は遊びじゃない」と言われたことがある。

そのとおり、仕事は遊びではない。しかし、その境界線はどこにあるのか、と聞かれると私は答えに窮する。

 

仕事と遊びの境界線は一体どこにあるのか。仕事を遊びに変えることはできるのか。少し考えてみる。

まず「遊び」と「仕事」をお金の発生の有無で切り分けてみる。

仕事はお金をもらい、遊びは仕事をもらわない。一見正しそうである。しかし、サービス残業など、お金をもらえない仕事もあるし、賭け事など、お金をもらってしまう遊びもある。だから、お金の発生の有無は仕事か遊びかどうかは関係ない。

 

では、「責任」で切り分けてみよう。

仕事は責任を負い、遊びは責任を追わないと考えてみる。これも難しい。責任のない仕事はないが、遊びにも責任が発生するものがある。例えばフットサルをチームを作ってやるとする。仕事ではない。が、チームに貢献する責任は発生する。したがって、遊びに責任はない、とするのは誤りである。

 

では、「強制されるかどうか」でも考えてみよう。

仕事は強制され、遊びは強制されない。これも難しい。少なくとも強制されれば「遊び」ではないように感じるが、仕事が全て強制されたものかどうかというと、自発的に行う仕事もある。仕事と遊びの境界線は「強制」では無いようだ。

 

では、「仕事は遊びではない」という人々は何を持って境界を設定しているのだろうか。

よくこのような言葉が飛び出すシーンは、「手を抜いて」いたり、「真剣さが足りない」というシーンのように思える。そういう時、「真剣にやれ」という意味を込めて、「遊びではない」と言う方が多いだろう。

しかし、この話も決定打にかける。「遊び」を真剣にやる人も多いからだ。対戦ゲームをやってる人々を見ると良い、皆真剣にやっている。

 

そう考えていくと、実は仕事と遊びの境界線は限りなく曖昧である。むしろ区別するほうが難しい。結局はその人が「仕事」と考えているものが仕事で、「遊び」と考えていることが遊びであるに過ぎない。これは主観の問題なのだ。

 

であるならば、「仕事」を「遊び」に変えるには、やっていることの内容ではなく、個人の考え方を変えれば良いということになる。

すなわち、今やっていることは「遊び」であると。

 

どう工夫すれば楽しくなるか、どのような目標を設定すればよいか、他者とどのように駆け引きすればよいか、達成感をどのように得るか。

 

そういったことは、本質的に「全て自分で決めることができる」ということだ。もちろん、仕事にも遊びにもルールがある。ルール破りにはペナルティが課される。しかし、逆に言えば仕事も遊びも「ルールがあるから面白い」とも言える。

 

 

…そう思って、「仕事」を「遊び」に変えようと思っていたところ、一つ大きな違いに気づいた。

「好きな人とやれる」のが遊び。

「嫌いな人ともやらなくてはいけない」のが仕事。

仕事を遊びに変えたいなら、「付き合う人」を変えることから始めよう。

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)