airbnb-logoあなたが部屋にいない時のあなたの部屋。

あなたがベッドで寝ている時のあなたの部屋のソファー。

あなたがソファーで寝ている時のあなたの部屋の床。

空いています。

 

その空きを、誰かが求めているかも知れない。そんなニーズを満たすサービスがあります。

AirbnbというWebサービスです。

おもしろいと思いました。だから使ってみました。Airbnbを使って東京を旅行しました。(東京に住んでいる私が)

これからそのときの体験記をかきます。

 

ステップ1 場所を決めます。

名称未設定 

東京だけでもたくさんの人が自分の部屋を貸し出してます。どうやら外人が多いみたいです。 みんな英語です。英語できない人はだめです。そういう時代になりました。

 

ステップ2 部屋を選択します

airbnb2

宿泊料や部屋の内装を写真でみて、良いと思ったものを選び、相手にオファーを出します。今回は、クリックした瞬間に成立しました。ホスト(貸し主)が、そのように設定していたためです。支払いはペイパルを通してクレジットです。

 

ステップ3 部屋に行きます。

Kotoの都会と下町が融合した「門前仲町」:日本橋 銀座 六本木 新宿まで直通!

翌々日には、門前仲町に行きました。Airbnbのサイトを通して、ホストとやり取りを多少しつつ、無事部屋にたどり着きました。部屋はきれいに掃除してあり、ゲストがスムーズに宿泊できるように随所に気を使ってくれてました。ホストは日本人の男性で、普段はこの部屋に住んでいるようです。おわり。

 

そう、こんな感じなんです。本当にこのサービスは成り立つのか?って思って使ってみたんですが、想像以上に普通でした。普通ってのは最大級の賛辞です。だって、全く知らない会ったこともない人の家に泊まりに行く(貸す人もまた同様)なんて、あり得ないでしょ。それを、さも普通にやっちゃってます。Airbnbを創った人たちって変態ですわ、イカれてる。

あと強く感じたことは、これはお互いの善意のもとに成り立っているサービスということです。お互いが、本当に相手のことを思いやって行動するのならば、お互いの同意のもと価格を決めて、やり取りしてくださいね、と。善意を売って、善意を買う。って感じですかね。これをお金に換算すると…、つまらないのでやりません。家事を年収に置き換えるアレ、大嫌いです。家事をお金ではかるのではなくて、お金の価値を家事ではかってください。

まあ、つまり、楽しかったです。なんかワクワクしました。人の家に泊まるだけで。門前仲町も今まで何度か行ったことがありましたが、「旅行」って思っていくと、また全然見える風景が違いますね。夕飯はどこで食べよう?その後、あそこに飲み行こう!とか。東京ってほんと楽しいなって思いました。

で、それがAirbnbの狙いなんだと思います。安い宿泊先を提供しているのではなく、その場所の生活そのものを商品にしてしまえばいい、みたいな。そういえば、キャッチコピーがこうなってました。大ファンになりました。

 

おまけ

後日、ホストの方にお願いして、直接会ってインタビューをしました。快く受けてくれました。

ホストの方は、現在銀座の人材コンサル系の会社に勤める若い社会人でした。若いだけあって、こういうものに敏感ですね。

でも、登録までする人はそういないんじゃねーのか?多分、好奇心旺盛なんだと思います。気持ちわかります。私も興味津々で泊まりに行っちゃったわけですから。

半年くらい前からはじめたらしく、やって見ると思った以上に泊まりに来るとのことです。ほとんど外人だそうです。月によっては黒字になった(家賃より稼いだ)こともあるとのことで、本人も驚いてました。ちなみにゲストが泊まりに来る時は、銀座の徹夜用に借りている1Rに泊まっているそうです。だから、本人はそこにいません。

ってことで、私にもビビっと閃くものがありましたので、本気で自分の部屋を貸し出すことを決意した次第です。(vol.2へつづく)

 

Airbnbをはじめたい方はこちらどうぞ、友人紹介クーポンです。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
面白いオウンドメディアの運営方法。
となりのカインズさん400万pv・さくマガ70万pv・Books&Apps230万pvの編集長によるクロストークイベントを開催します。
※上記pv数はそれぞれのメディアの直近1年以内の最高月間pv数

<2021年12月15日実施イベント>

面白いメディアの運営方法。成功しているオウンドメディア編集長が語る「なぜ面白いコンテンツが必要なのか?」


<内容>
第1部:なぜ今多くの企業がオウンドメディアを運営しているのか?
登壇者:ティネクト取締役 楢原

第2部:となりのカインズさん・さくマガ・Books&Apps編集長によるクロストーク
テーマ:面白いオウンドメディアの運営方法。

登壇者:
となりのカインズさん:清水編集長(株式会社カインズ)
さくマガ:川崎編集長(さくらインターネット)
Books&Apps:安達編集長(ティネクト)

ファシリテーター:倉増(ティネクト)

(トーク内容)
おもしろい記事は、誰が/どうやって作っているの?
あなた(編集長)にとっての「おもしろさ」とは?
ダメな記事、良い記事の基準
なぜ、ほとんどの企業のメディアはつまらないのか?
etc


日時:2021年12月15日(水)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2021/11/22更新)