「社員は家族」を標榜する会社は少なからずあるが、私はその発言を、常々不思議に思っていた。

 

はっきり言えば「いや、社員と家族はぜんぜん違うだろ」と、ずっと思っていた。

法的にも、制度的にも、実際にも。

 

社員は雇用を通じて「契約」を行っている相手だ。

血縁などの実際的な関係ではなく、その関係性は法人などの概念と同じく、約束事の世界の中に存在する。

 

さらに、そもそも「家族」は夫婦以外の関係はすべて、強制的だ。

人は親を選べず、子も選べない。

ある日そこに存在し、その関係は本人の意志によらず、存在する。それが「家族」である。

 

また、「家族」は自由に辞めたりすることもできない。

経営者が「業績不振で」などと言って辞めさせることもできなければ、社員が「新しい家族に移りたい」と、辞めることもできない。

究極の強制的な運命共同体、それが「家族」の本質である。

 

だから、私は「社員は家族」なんて言っている経営者のことを、永いこと、胡散臭い目で見ていた。

「「試験に合格したから、おまえはうちの子な」なんて言わない。」

「「妻の今年一年のパフォーマンスを測定して、改善をしてもらうように促す」なんて言わない。」

「「長男は今年、家族の成果に貢献してない。」なんて言わない。」

と思っていたのだ。

 

「社員は家族」という発言は、「社長が、世間体の良い建前を言っている」だけ。

そう思っていた。

 

 

ところが、である。

最近、ある有名企業の経営層の方から、

「社員は家族」という言葉について、私の従来の価値観と異なる見解を聞かされた。

 

その方は、こう言った。

「安達さん、私最近「社員は家族と思ったほうがいい」と、思ってきたんですよ。」

私の反応は当然、

「えー……。」

である。

 

しかしその方は、合理的である。それなりの理由なしにそんな事を言う方ではない。

だから、聞いた。

「なぜですか?」

 

「まあ、一言で言うと、「家族だとでも思わないと、やってらんない」っていう感じです。」

「やってられない。……?」

 

私が戸惑っていると、彼は言葉を継いだ。

「例えば、できの悪い社員がいますよね。」

「はい。」

「彼らは、メッチャクチャ丁寧に指導しても、すぐには成果が出ない。で、なんとか彼らのレベルを引き上げようと、こっちも頑張って指導するんですが、頑張れば頑張るほど、溝が深まるわけです。」

 

気持ちは分かる。

 

周りの人たちとの差はどんどん開いていくが、できの悪い社員の実力は急には上がらない。

もしかしたら「ずっと成果が出ない」かもしれない。

でも、いくら仕事ができないからって、「お前はできない社員だ」なんて言われて気分の良い人はいないし、成果が出ていないことを本人も自覚しているから、ますます仕事が辛くなる。

結果的に、上司との溝が深まるばかり、というのは、よくある話だ。

 

私が頷くと、彼は言った。

「でもね。思うんです。」

「はい。」

「そもそも、「期待したとおりに成果を出す社員」ばかりの会社なんてないわけです。そう言う人達に、リターンを求めても、お互い不幸ですよね。」

「そうです。」

「で、思ったんです。これ「家族だ」って思えば、まあ我慢ができるなと。」

「……」

「どんなできの悪い子供であっても、普通の父親だったら見捨てることはない。リターンは求めない。仮に長男の出来が悪くて算数の成績が伸びないときに、「努力しろ、次のテストで80点以上取れなかったら、お前は家族じゃない」なんて言いません。人間は成長に時間がかかるわけです。」

「まあ、たしかにそうですね。」

「逆に、テストのできが悪くても、長男にはいいところ見つけて「ここは頑張ったな」と、褒める。愛情ってそう言うものですよね。」

 

私は家族を想像した。

まあ、そのとおりだろう。家族に「テストの成績が悪かったら家族じゃない」なんてしたら、お互いに辛くてしょうがない。

 

彼は言った。

「ま、なので「社員は家族」っていうのも、私としては現実にあっているので、合理的かなと思いました。」

 

 

私は、この話を聞き、考えを少々改めた。

 

つまり「社員は家族」は、世間体の良い、社長の建前ではなかったのだ。

当然だ。

「社員は家族」などという建前が、社員のの忠誠を引出すのに有効だなんて、まともな経営者が本気で考えているわけがない。

 

そうではなく「社員は家族」の本来の意味は、「経営者が自制するための言葉」だった。

 

経営者は、その性向として社員に常に期待以上を求める。

だからつい、社員に「早く結果を」「早く結果を」と言いたくなる。

その「インスタントにリターンが引き出したい」と思いがちなマインドを鎮めるための言葉として、経営者が自問する。

それなら納得がいく。

 

だからこれは、社員に恩着せがましく語る言葉ではない。

 

最近では経営者が「社員は家族」などというと、ブラック企業扱いされることもあるという。

クラッシャー上司が「社員は家族」を好む理由

一家主義が生むのは、同調圧力なんですよね。僕が「こうだ」といえば下は従うしかない。同一の価値観です。

大学の研究室にも一家主義的なものがあるし、日本の企業の経営者って、一丸となってやっていかないとダメだ、といった呪縛から離れられないケースが多いですね。

だが「社員は家族と考えざるを得ない」と現実的に考えている経営者は、そのような「ブラック家族主義」とは異なるのかもしれない。

そう思った。

 

◯Twitterアカウント▶安達裕哉人の能力について興味があります。企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働者と格差について発信。

 

【お知らせ】

「webライター」 「webメディアの運営者」のための勉強会をBooks&Apps主催で実施します。
今webライターのひと、メディア編集に携わるひと、これからweb系のライティングに挑戦したいひとのために、弊社webメディア運営および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。

<セミナータイトル>

私たちはライターに文字単価で発注はしない。なぜでしょう?
今、インターネットで求められているライティングとは。

<内容> <勉強会内容> 
1.今、なぜ多くの企業がオウンドメディアの運用を検討しているのか
2.企業がオウンドメディアで求めているコンテンツとは 
3.インターネットで本質的に求められている情報とは
4.webライターに求められているもの。SEO向けライティングだけではない!
5.我々が今採用するライターはこんなひと


日時:9/26(木)19時〜20時30分@渋谷ヒカリエ11F 
参加費:2,100円 ※ただし「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」の購読者は無料。
定員:20名

お申込み・詳細は こちらセミナー(Peatix)お申込みページをご覧ください

(2019/8/30更新)

 

 

【著者プロフィール】

◯Twitterアカウント▶安達裕哉

◯安達裕哉Facebookアカウント (安達の記事をフォローできます)

Books&Appsフェイスブックページ(Books&Appsの記事をフォローしたい方に)

Eightアカウント(本記事の読者の方であれば、どなたでも、名刺交換リクエストを受け入れます。)

◯ブログが本になりました。

(Photo:Kat Grigg