いままでわたしは、「リーダー=頼りになる人」だと思っていた。

まわりが「ついていきたい」と思うような人格と能力を兼ね備え、みんなを引っ張っていってこそリーダーだ、と。

 

……でももしかしたら、リーダーって、頼りにならなくてもいいのかもしれない。

 

頼りにならないリーダーでもうまくいった

とあるゲームで、わたしはTAチームを結成した。

TAとはタイムアタックの略で、いかに早く攻略できるかを競う遊びだ。

 

条件が合うチームがないので自分で作ったのだが、チーム経験が豊富なメンバーに対し、わたしはチームに所属することも、ましてやリーダーをするのもはじめてという状態。

 

なにかを決める場面でも、

「みんなはどう思う?」

「どうしたらいいか迷うね」

「うーん、どうしよう……」

と、あたふたするばかり。

 

まったく頼りにならない、ダメなリーダーである。

こんなんで大丈夫だろうかと、最初は心配でしょうがなかった。

 

でも案外どうにかなるもので、だれかが「こうしませんか?」と提案すると、「いいんじゃない」「問題ないと思う」とそれぞれ意見を出してくれるので、「採用~」とすぐに決まる。

 

ミスが続けばだれかが「気分転換しますか」と言ってくれるので、「じゃあ休憩~」と言うだけ。

わたしが頼りにならないから、だれもわたしを頼ろうとせず自発的に動いてくれる。いや~、ありがたい!

 

ヒエラルキー型のリーダーに不満が溜まるように……

その後、活動期間が終わりチームを解散。とあるチームに誘われ、今度は別チームにメンバーとして加入することになった。

 

そのチームのは典型的なトップダウンで、決定権はすべてリーダーにある。

なにを聞いても、リーダーが「こうする」「〇〇さんはこうして」とすぐに判断。困ったらリーダーに聞けばいいし、リーダーの言うことをやればいい。

めっちゃ頼りになるなぁ、それに比べ自分は優柔不断で迷惑をかけていた……と反省した。

 

『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』という本では、ヒエラルキーの頂点に君臨するトップダウンのリーダーを、こう評している。

日本社会における組織の形は、これまではトップダウンによるヒエラルキー型が一般的でした。リーダーとは「長」という肩書を持つ人や、組織をまとめるポジションを意味することが多く、(……)リーダーたるもの、行き先や行き方を迷うことなく先頭で示し続け、人々はその背中に憧れ、尊敬しながらついていくーー。
出典:『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』

まさにそのリーダーもこんな感じだった。俺についてこい系。

しかし最初は頼りになると思っていたが、だんだん、リーダーへの不満が溜まっていった。

 

だれかが意見を出しても、話し合うことなくリーダーが採用か却下かを決める。リーダーが決めるのだから、意見を出す必要がなくだれも自分で考えなくなる。

 

良くも悪くもリーダー次第なので、リーダーと合わなければ、すべてに納得がいかない。が、それを言ったところで話し合いにはならず、「リーダーに従うか否か」の二択。

こんなの、リーダーさえいればメンバーがだれでも同じじゃん。ただの駒って感じで、おもしろくない。

 

完全にやる気をなくしたわたしは、思ったのだ。

リーダーは別に、みんなを引っ張らなくてもいいんじゃないか、と。

 

ネットワーク型のリーダーのよさ

同書では、ヒエラルキー型に対し、ネットワーク型のリーダーなるものも紹介されている。

先頭に立って引っ張るというよりは、「どうすればいいと思う?」と、チームや相手の意見を聞きたがります。具体的なアクションについても、指示や命令ではなく、「私はこうしたい・こうしてほしい」といったニュアンスで伝えます。
また、自分が完璧でないことを理解しているので、相手にも完璧を求めないし、競争での勝ち負けや優劣をつけることに価値を置かず、常にフラット。
チームのメンバーは、「いつも頼りにしている」という意識はあまりないでしょう。むしろ「自分が支えている・フォローしている」くらいに思っているかもしれません。
でも、一緒にいるとなぜか物事が「うまくいく」のです。

そう、自分で言うのもアレだけど、わたしのチームがまさにこんな感じだった。

 

わたしに任せたらなんにも決まらない。だから、みんなが自発的に動く。

しぜんと役割分担ができて、得意な分野でそれぞれフォローしあう関係がうまれる。

 

みんな役割があるから、メンバー同士「この人がいてくれてよかった」と思うし、それがいい雰囲気をつくっていく。

個々ができることを積極的にした結果、想定よりもずっと早く目標タイムを達成したし、活動終了後も遊ぶくらいの間柄になれた。

 

そういう意味で、ヒエラルキー型のような「ついてこい系」じゃなくとも、案外リーダーって務まるんだなぁ~と思ったのだ。まぁ、まわりに甘えまくってるけど。

 

ネットワーク型リーダーがやるべきこと

もちろんこのやり方では、リーダーじゃない人が仕切り始めて軋轢が生まれたり、何も決まらずグダったりする可能性はある。

でもわたしのチームは、そうはならなかった。

 

手前みそで恐縮だが、それはわたしがダメなリーダーなりに、2つの仕事をしていたからだと思う。

 

まずひとつめは、メンバー選び。

このタイムを目標にする、そのためにこういう練習をする、こういうやり方は嫌いなので採用しない、こういう雰囲気でやりたい。

時間をかけて丁寧に説明し、それを理解して共感してくれる人だけを集めた。メンバー集めに関しては一切妥協はしていない。

 

みんなわたしの考え方に共感して入ってくれているから、「俺の言う通りにやれ!」とリーダーぶる人はいなかったし、「俺の意見を通してくれなきゃヤダ!」と駄々をこねる人もいなかった。

メンバーに頼る場面が多いぶん、人選びは慎重に。これが功を奏したのだと思う。

 

ふたつめは、ルールを守らせること。

いくら慎重に人を選んでも、実際に活動するなかで、考え方のズレが生まれることはある。とあるメンバーの仕事が忙しくなって予定通り活動できない、なんてこともあった。

 

そうなったとき、いくら頼りないリーダーだったとしても、方針やルールにそぐわない言動はしっかり注意しなきゃいけない。

それでも相手がわかってくれない、もしくは改善できる状態になければ、クビにする必要もある。

 

ここをあいまいにすると、みんなが無秩序に自分都合でいろんなことを要求してくるし、ルールを守っている人のモチベーションが下がる。

だから、ルールの徹底だけは、ルールを決めたリーダーがしなきゃいけないのだ。

 

そうすれば、メンバーも「いざというときはちゃんとリーダーがやってくれるんだな」と安心できるし、ルールどおりの運営をすることでチームの空中分解も防げる。

 

結果、わたしの方針に共感してくれる人が集まり、ルールが機能し、いい雰囲気でやっていけた。

もちろんまわりの協力ありきだけど、ここに関してだけは、リーダーとしていい仕事ができたと思っている。

 

リーダー=頼りになる人、じゃなくてもいい

最後に、ヒエラルキー型とネットワーク型のリーダーについてのくだりを引用したい。

僕はヒエラルキー型は「愛情と信頼で機能する」のに対し、ネットワーク型は「規律と秩序で機能する」と考えているのですが、よく「この説明って逆じゃないの?」と聞かれます。(……)
これは、ヒエラルキー型は人間関係がトップダウン&ボトムアップだからこそ、そこに愛情や信頼がなければ正常に機能しないということ。
逆に、個性の自由や自己判断が求められるネットワーク型では、規律や秩序があることで、安心して自らの強みを活かすことができます。
出典:『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』

わたしが入ったヒエラルキー型のチームでは、リーダーが引っ張っていたものの、そこには信頼関係がなかった。だからリーダーに不満が溜まったし、「自分なんていらないじゃん」と思ってしまった。

 

一方わたしのチームは、みんな役割分担してフラットな関係だったけど、ルールがしっかりしていたから成り立ったと思う。

……とまぁ自分のチームを自慢しまくっているが、そうしたくなるほどいいチームだったのだ。許してほしい。

 

とはいえこれは、上下関係のないゲームにおけるチームの話。

実際の仕事となれば、また状況は変わる。

 

また、わたしはヒエラルキー型のそのリーダーとは合わなかったけれど、「全部決めてくれてラクだわ~」という人だっているし、同じヒエラルキー型でも、信頼関係をもとにうまくやっているチームもある。

だから、どっちのほうが優れているという気はない。

 

ただ、「リーダーだからしっかりしなきゃいけないというわけでもないんだな」という話だ。

「この人についていけば安心」というリーダーはかっこいいが、「このリーダーを支えてやらないと!」とメンバーに支えてもらうリーダーも、案外うまくいくかもしれない。

 

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

名前:雨宮紫苑

91年生まれ、ドイツ在住のフリーライター。小説執筆&写真撮影もやってます。

ハロプロとアニメが好きだけど、オタクっぽい呟きをするとフォロワーが減るのが最近の悩みです。

著書:『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』(新潮新書)

ブログ:『雨宮の迷走ニュース』

Twitter:amamiya9901

Photo by :Markus Spiske