会社でのストレス第1位。それは人間関係。特に上司や先輩との関係は大きなストレスとなりうる。

そんな時に、「あ、そうなんだ」と心を軽くしてくれる話5選

 

合わない人がいる時は、無理してその人に合わせる必要はない

「この人無理」と思った時は、それはあなたの大事な直感でもある。大切にした方が良い。

合わない、というのは本質的に「この人物は信用出来ない」というシグナルを感じ取っているのであり、無理して付き合ってもそれが解消されることは稀である。

「あわない人」とは仕事しない、という鉄則。

 

どうしても苦手な上司や先輩と付き合わなければいけない場合の対処法

現実的には、上司、先輩を選ぶ権利は部下にはないので、その現実を受け入れるしかない。その時にどのように行動すれば良いか。

それを踏まえたうえで、「どんな上司ともそれなりに上手くやっていける人」を観察すると、苦手な上司や合わない先輩社員との付き合い方のポイントは概ね3つある。

苦手な上司、先輩社員との付き合い方より

 

「耐え忍んでます」と言っても、そこには「いい忍耐」と「悪い忍耐」があるので注意

ただひたすら耐えればいいというわけでではない。耐えるに値するものを自分で見極めることが大事。

「要は、忍耐の原因を何と考えるかなんです。他人から抑圧されて忍耐しているのか、自分のコントロールで忍耐しているのか。実はこの2つ、全く質が違うんです。」

「忍耐は重要」と教えてくれた経営者の話。より

 

そもそも取り組んでいる仕事が「本当につまらなかったら」

上司や部下に恵まれ且つやりがいのある充実した仕事ばかりではない、むしろそうであることの方が少ない。でも仕事は続けたい、続けなければいけない。そんな時は仕事以外でストレス解消をしよう。

まさに八方ふさがりの状況、といったところだ。この状況下で「仕事がつまらない」という人はどうすればよいのだろうか。先日ある人から相談を受け、それについて個人的に様々な会社で観察をした結果、最もストレスに対して有効なのは、「勤め先以外の世界を作る」ことだった。

仕事のストレスを劇的に減らす6つのことより

 

社内の人間関係に気を取られている人間とは

ドラッカーがぶった斬っている。

ピーター・ドラッカーは、「コミュニケーション能力で良い人間関係が保てるわけではない、貢献に焦点を合わせることで、良い人間関係が保てる」と言った。

一緒に働く人間と仲良くする必要は全くない。一緒に成果を出すことが良い関係を築く条件だからだ。社内の人間関係に気を取られている人間は、要するに仕事をしていないのでヒマなのである。

より短く、より賢く働くための、7箇条より

 

社内の人間関係に気を取られている人間は、要するに仕事をしていないのでヒマなのである。