公私共に、会話のうまい人を、たくさん見てきた。会話はコミュニケーションの基礎であり、また終着点でもある。上手であることに越したことはない。

ではどうすれば、会話が上手い人、あの人と話すのが楽しいね、と言われる人になり得るのだろうか。

一説によれば「聞き上手となるべき」という人がいる。ウンウン、と相手の話をよく聞き、相手に気持ちよく喋ってもらうことに注力せよ、という。

 

しかし最近、それはどうも違う、と感じることもある。聞き上手であることは特定のシーンにおいては重要なのだが、必ずしもそうではない。

例えば私は普段「聞き上手」の人をあまり求めていない。

なにか観察されているのでは、と勘ぐってしまうからなのだが、むしろ話上手、と言われる人の方が与しやすく、会話も続くのだ。

また、世の中に散らばる「会話のしかた」は、いかにもマニュアル的で個別のシーンで使い勝手が悪い。だから最近まで私は「会話に王道なし」と割り切っていた。

 

 

ところが最近、ある方とミーティングするにあたって1つ気づいたことがあった。

私が「話上手」だ、と思っていた方が、他の方と話すと「聞き上手」だったのだ。つまり彼は、使い分けていた。

 

それを尋ねると

「会話には、いくつかのパターンがあり、つかいわけは当然なのだ」

と彼は言った。

「「聞き上手」とか「話し上手」とかは、会話の一つの側面を切り取っただけで、本質はそこにはない」と言う。

「では、本質はどこにあるの?」と聴く。

 

「まず、よく言われる通り会話は「キャッチボール」だ。」

「それは知ってる。」

「では、キャッチボールが成立するための条件は?」

「うーむ……」

「例えば、野球をおぼえたての子供と、プロ野球選手の間でもキャッチボールは成立するよね。」

「まあね。」

「でもその時、プロ野球選手は手加減するだろう?」

「うん。」

「だから、会話ってどちらかが「手加減すること」が絶対に必要なんだよ。」

 

手加減……わかったような、わからないような表現だ。というが何を手加減すればよいのか。

「私の言っていることがわからない?」

「そうだね。」

「例えば、ある友達に自分の好きなゲームの話をするとしよう。自分は詳しいけど、相手はそのゲームをしたことがない。」

「よくあるね」

「なら自分は、相手がどこまでそれについて知っているのか、を確かめながら話を進めなくちゃならない。格闘ゲームなら、格闘ゲームをやったことがあるか、「コマンド」を理解しているか、格闘ゲームの面白さについて聞いたことがあるか、これらが「手加減」だ。これをしないと、相手はキョトンとしてしまうか、「よくわからない話だ」とおもいながら話を我慢して聞くだけになる。」

「なるほど。」

「だから、会話が面白いのは実は「同じ知識レベル」の人同士なんだよね。手加減しなくていいから。」

「……!」

「話していて、「つまらないな、この人の話」と感じるときは、知識レベルに隔たりがあるときだね。」

「なるほど……」

「それを理解した上で、次に「3つのモード」を使い分ける。」

「なにそれ」

「会話というのは、目的によって3つに類型化される。議論モードと、共感モード、そして提供モード。」

「初めて聞いた。」

「だろうな。自分が勝手につけただけだから。でも、意識するだけで結構役に立つ。議論モードは、自分と相手の話す割合が5:5になるようにする。これはお互いがきちんと意見を言い合って、よりよい知識を生み出すための会話の方法。」

「なるほど。」

「共感モードは自分が「聞き役」で話す割合は自分と相手が2:8くらい。この会話の目的は相手の心を癒やすこと。」

「それは知ってた。」

「まあ、よく聞くよね。そして提供モードは自分が8話して、相手が2くらい質問するイメージ。要するに情報提供。」

「おお」

「といっても、あくまでこれらは目安で、でも意識すると会話はすごい楽だよ。とはいえ……」

「とはいえ?」

「本当に会話がうまい人は、こういう分析をいちいちせずとも、会話をうまく成立させてしまうんだけどね。それが本当のコミュニケーション強者なんだよ」

 

 

【お知らせ】

Books&Appsの広告・広報サービスについて

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Valery Kenski)