bluetooth2ある方の紹介で、Bluetoothの業界団体であるBluetooth SIG(Special Interest Group)の記者発表会に参加してきました。Bluetoothは昨年12月、Bluetooth4.2という新規格がリリースされ、われわれの生活の隅々まで入り込む準備ができつつあるようです。

 

さて、最近耳にすることが多くなった「モノのインターネット」(IoT Internet of Things)という言葉、一体何なのでしょうか。私も参加前は「サッパリ」だったのですが、発表会の話を聞きかじった限りでわかったことを書こうと思います。

 

結論から言えば、BluetoothSIGの主張する「モノのインターネット」とは、以下の図が示すように、身の回りにある製品が、独立してネットワークに繋がり、通信を行い。制御される状態のことを指すようです。

bluetooth

例えば、手につけたゴムバンドで心拍数を計測し、その統計をとる。ビーコンを使い、顧客がどの程度お店に出入りしているかのデータをとる、などです。

なかでも、「スマートホーム」と言われる分野の成長は著しく、家の鍵がスマートフォンで制御できたり、歯ブラシに仕込んだ無線機器が歯の磨き残しのデータをとったり、おしゃぶりの中に仕込んだ体温計が自動的にスマートフォンに赤ん坊の体温のログを残したり、といった様々な応用が考えられているそうです。

 

ちなみに、Bluetoothが大きく取り上げられる理由として、他の無線規格、たとえばWifiや、Zigbeeなどと比べて省電力、シェアなどで圧倒的優位であることが挙げられます。また、セキュリティ面での安全性も記者発表会でアピールされていました。

bluetooth3

 

 

現地で実物を見て特にかっこよかったのは、スノーボードに仕込んだ機器で、滑りを可視化できる機器、SNOW-1です。

XON SNOW 1

足にどのような荷重がかかっていたか、滑っている動画を見ながら確認できるそうです。なかなかすごい。

(以下は利用している動画)

 

 

こういうものが少しずつ、生活を変えていくのだな、という実感が出たので、とてもよい体験でした。

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

【44】「書くことがない」を解決する

【43】「購買をうながす文章」を書く技術に迫る。

【42】「ライター業でまっとうに稼いでいきたい人」が読むべき話。

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)