昔からMacBook使っていて、電源アダプターが故障した人たくさんいるんじゃないかなって思います。

だって、

Apple 45W MagSafe 電源アダプタ for MacBook Air Apple Store Japan

ですからね。

ほぼ100%切れるでしょうね。電源コードなんて切れていないよってあなた、運がいいとか思わないでくださいね。それ運転してない人のゴールド免許みたいなものです。蔑まされてます。

私のもすでにかなり前からその兆候があり、テープで補強してました。ついにその補強も及ばなくなったようです。何度手でグニャグニャしても接続しませんでした。そして、ついにその日が来てしまったのでした。

いくらなのかなって見てみると、

Apple 45W MagSafe 電源アダプタ for MacBook Air Apple Store Japan2

安くはないです。でも、このMacBook Airが今まで生み出してくれた価値(いくらかのお金ももちろんだけど、マック使ってなんか創ってるって気分も含めて)から考えると全然安いし、別にすぐに買ってもいいと思う。ワンポチすれば、明日には届くみたいだし。

でも、今日はここでちょっと考えました。(なぜかって、たぶんオレ今、時間と気持ちに余裕があるから。)

これ、電源コード切れたくらいで、新しく製品を買い直すって何か間違ってないかって。

だって、電源コード切れたなら、電源コード接続し直せばいいだけのことでじゃないかって。そんなん、小学生でもわかる。

なので、電源コードを自分で修理しようと決意しました。

 

IMG_0073

補強テープをはがしてみると、案の定ブチ切れてました。簡単に原因が断定できました。これを繋げればいいだけです。

IMG_0072

ちなみにこの電源コードは2本のラインがあって「中のライン」と「外のライン」があります。今回は、「中のライン」がぶち切れてました。

IMG_0074

なので、その「中のライン」をまず繋げてテープで補強しました。

IMG_0078

で、その後、「外のライン」をつなぎ直してテープで巻きました。

できました。やっぱり簡単でした。

 

ただ、繋げてみると深刻(と思われる)問題が…

触ると熱いのです!時間とともにみるみる熱くなる!このままいったら火事になり、行く末はMacBook Air抱えて殉死です。

私はAppleマニアであっても、アップル信者ではない(はず)なので、殉死はしません。

 

ということで、やり直しです。

熱くなる原因は、中のラインと外のラインが微妙に接触している部分がある(絶縁テープ使わなかった)、もしくは供給電圧に対して線が細すぎるため(さっき修理した時、外のラインがとても細くなった)、かなと想像しました。これあくまでも想像です。いまは別にその本当の原因はどうでもいいです。とにかく修理は簡単なはずです。いろいろやってみて元通りにすればいいだけだから。(でも、熱くなる原因が完璧にわかる人いたら教えてください。これプレゼントします。)

 

で、先ほどの適当修理を反省して、ちゃんと絶縁テープを買ってきて、巻き直しました。

 

IMG_0081

はい、できました。

今回は熱くなりません。大成功です。

 

ちなみに、修理しながら思ったのですが、これコード切れる原因って、この根元がグニャグニャするからです。だから必ず切れるんです。

僕はここでスティーブの声が聞こました。

「こんな構造じゃ切れるに決まってんだろボケ。オレがこの愛すべきMacBook Air使ってたらこの電源コード簡単に切れたぞ。そもそもこんな構造、切れるに決まってんだろボケナスが。誰がつくったんだ。オレんとこ連れて来いや。なぜ切れるかオレが実証してやる。」

スティーブの恐怖の声に突き動かされ、私に、この根元がグニュグニャしない工夫が閃きました。

IMG_0082

見えますかね。マッチ棒(聘珍楼)で補強します。

IMG_0083

マッチ棒(聘珍楼)を補強してテープでグルグル巻きにしました。これで根元がグニャグニャしません。

これで切れる(多少だけど)心配ありません。

サンクス、スティーブ!お前はやっぱり生きているんだな。

 

ちなみに、隣の席のアダチの最新のMacBookの電源を見てみると

IMG_0084

根元がガチガチに補強されてました。たぶん、Appleのデザイナーもスティーブの声聞こえたんだと思う。なんかうれしかった。

(※続編あり このMacBook Airの電源アダプターは100%故障すると思う。←火事になるかと思った )

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年7月13日実施セミナー>

なぜオウンドメディアがブランディングとマーケティングを同時に行うことができるのか?

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-
※5/20,6/20に実施したセミナーと同内容です。

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの目的と2つの役割
3.オウンドメディアに必要なコンテンツとは?
4.オウンドメディアに必要なオファーとは?
5.成果を出すオウンドメディア運営
6.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年7月13日(水)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/6/21更新)

 

今までのオレのスティーブの発言はこちら

著者Facebookアカウント(友達申請歓迎です!)https://www.facebook.com/kazumasa.narahara

BelltaStudio|Macbook用クラッチバッグ セミオーダー販売サイト