8524bca87c20844a59f11709f9031801_sある製造業の会社に訪問した時の話だ。思い出深い話があったので、それを書いてみたい。

 

私は、社長の依頼で会社を見まわり、「何か皆が問題を抱えていないか」ということについてレポートを書く予定だった。しかし、会社の各部署で話を聞くにつけ、私は社長の心配が杞憂であることに気づいた。

なぜなら、その会社の社員は皆、とても「安心して」働いていたからだ。気が抜けているわけでもない。むしろ皆は「どのように顧客に貢献するか」を人一倍考えているようだ。にも関わらず、業績の上がっている会社特有の「ガツガツ」した感じはなく、適度な力の入れ具合であり、理想的な状態と言っても良かった。

それに加えて、「助け合いの精神」が社内の随所に見られた。困っている人をすぐ助け、互いの良い所を認め合う文化、そういった「いい雰囲気」がその会社にはあった。

 

私は、社長に「ご心配は、おそらく杞憂です」と伝えに社長のデスクに向かった。社長は頷いて、「良かったです。」とだけ言った。

私は不思議に思っていたことを聞いた。

「なんで皆が安心して働けるのでしょう?」

社長は質問の意図を理解していないようだった。私の質問が良くなかったのであろう。改めて質問をしなおした。

「すいません、質問が悪かったです。なぜ皆、顧客に、そして社員同士でここまで細かい配慮ができるのでしょう?」

社長はそれを聞き、事も無げに答えた。

多分、「大人」を雇っているからです。

「大人?どういうことでしょう。」

社長は私に突如質問した。

「大人と、子どもの違いを知っていますか?」

私は、このような当たり前すぎる質問に、当たり前の回答をしたのでは社長に無礼にあたると思い、考えこんでしまった。

「年齢とか、外形的な話ではなく、ということですか?」

「もちろんです。大人と子どもを分けるのはそのようなことではありません。大人になりきれていない大人が、たくさんいるでしょう。」

「……そのとおりです。」

私は、ギブアップし、社長に解答を求めた。社長は快く教えてくれた。

「想像力ですよ。といっても、よくある意味での想像力ではありません。「他者の気持ちを想像できるかどうか」という意味での、想像力です」

「想像力…?」

「そうです。想像力がある人は、他者の身に起きたことを、自分の身に起きたことのように感じることができる。」

「……」

「例えば、うちのお客さんの気持ちになれるかどうかです。うちに問い合わせをしたとしても、中々電話に出ない。その人の気持ちがわかりますか?」

「…イライラしますかね。」

「そうです。イライラしますよね。他にはどう思いますか?」

「……結構難しいですね。」

「そうでしょうか?では別の例を出しましょう。例えば、部署内で1人、成果の出ない人がいたとしましょう。その人の気持ちがわかりますか?」

「惨めな気持ちか、もしかしたら、悔しいと思うかもしれませんね。」

「では、このような例はどうでしょう。成果が出ない新人がいる。上司の気持ちがわかりますか?」

「…どうしてこんなこともできないのか、という焦燥感でしょうか。」

「まあ、いろいろな方がいますから、正解はありません。でも、先ほどの電話に出ない、という状況の時、お客さんの気持ちを単に、「困ったなあ」とか、「イライラする」とだけしか答えられない人もいれば、「どうしよう、今この機械が動かなければ、納期に致命的な遅れが出るかもしれない。早く出てくれたらなあ…もし出なかったら、直接行こうかなあ」といった答えをする人もいる。これが、想像力の差です。

想像力の差は、そのまま他者への配慮につながる。想像力を最大限に働かせること、これが、うちの社員に求める能力です。

「なるほど…。」

「ですから、うちの面接では、「ビジネスにおける様々なシーン」を想定し、その時に「相手がどんな気持ちでいるか?」を想定してもらい、それを答えてもらっています。想像力のある人を採用するために。」

「面白いですね…。御社のような採用を行っている会社は初めて見ました。」

「そうしょうか。ですが、当たり前ではないでしょうか。成果を出していても、利己的な人間はうちの会社には要りません。同じく、上司の気持ちがわからない人間、顧客の気持ちを理解しない人間、部下の成果に配慮できない人間も同様です。スキル云々よりも、よっぽどそのほうが大事ですよ。」

「なるほど。」

「大人は成果が出ない人には辛抱強く指導し、自分の成果が出ていても奢らない。そうでしょう?本質的には、あるとき弱く、あるとき強いのが人間。皆が人に手を差し伸べ、そして同時に皆が人に助けられる。世の中はそうやって回っているんです。それが認識できてるかどうかが、大人か子供かの境界線です。」

 

 

あの時社長が言っていた言葉、当時はよくわかっていなかった。今、自分で会社をやっていてそれが初めて理解できた気がする。

「もちつ、もたれつ」、それが世の理なのだ。

 

【お知らせ】
オウンドメディアの担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、
webライターとしてネット界の現状に鬱々としている人、
SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、
悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。
Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分)
3.webライターに求められているもの(60分)
※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分)
5.ワークショップ(90分)
Q&Aタイム(30分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①8/6(木)18時〜21時・8/27(木)18時〜21時
②8/20(木)18時〜21時・8/27(木)18時〜21時
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)