2015-03-02 09.56.36-min農協に出荷できない野菜のことを、「規格外野菜」と呼びます。そして、その中からやむなく廃棄される野菜を、「廃棄野菜」と呼びます。

 

規格外野菜は全生産量の三割から五割程度、その多くがやむなく廃棄されます。

例えば、ある生産者の方の話だと、昨年の夏は毎日ナスが80キロとれたのですが、スーパーに卸せず、直販でも捌き切れないので、毎日半分の40キロを泣く泣く廃棄していたと聞きました。

また、スーパーで売れ残った野菜もかなりの割合廃棄されることを考えると、もし廃棄をなくすことができれば、日本は野菜の自給率はかなり改善できるといえるかもしれません。

 

現在この「規格外野菜」の受け入れ先を探すために、生産者の方々を戸別訪問し、「どの程度出荷可能か」、「どの程度の価格で出せるか」と言うお話を聞いて回っております。

私も高知に飛び、生産者の方の畑を案内していただきました。

 

まず、先日野菜を届けていただいた、井上農園さんの畑です。下の写真は玉ねぎの畑で、4月から出荷可能だそうです。完全な有機農法(農薬なし、除草剤なし、化学肥料なし)で農業を行っているので、雑草があぜ道にびっしり生えています。

完全な有機農法で栽培すると、化学物質過敏症の方でも問題なく食べられるそうです。

2015-03-10 11.20.42-min

 

これは、レタスです。赤いのがサニーレタス。青いのが普通のレタスです。ビニールシートをかぶせ、寒さ対策を行っています。

2015-03-10 11.21.25-min

 

コレは、なんでしょうか?実は、キャベツの苗です。寒いので葉が紫色になります。6月頃に出荷できるそうです。

2015-03-10 11.21.57-min

 

大根です。小さいので規格外です。大きすぎる大根もかなりあります。これも規格外です。

2015-03-10 11.23.20-min

白菜です。中心部は柔らかく、生で十分食べられます。食べた感じは、チコリにちかい感じです。

2015-03-10 11.27.49-min

 

ブロッコリーもありました。雑草の間からひょっこり。

2015-03-10 11.28.40-min

 

これは大きすぎて規格外のブロッコリーです。子供の頭ほどの大きさがありますが、おいしいです。ちなみに、ぎりぎりまで畑で育てたブロッコリーは、収穫してしばらく経つと、黄色い花が出てきます。普通に食べられます。

こんなかんじです。

S__11264011

スーパーで売っているブロッコリーが黄色くならないのは、かなり早めに収穫しているからです。

2015-03-10 11.33.37-min

 

ハウスの中では、セロリの出荷の最中でした。このセロリですが、肥料は菜種を絞った後の油かすと鶏糞を少々使っているそうです。それにしても見事なセロリです。他の生産者の方に「完全有機農法でセロリを栽培している」と言うと、あまりの栽培の難しさに、信じてもらえないそうです。

かじると、みずみずしい上、殆ど繊維を感じず、根元の方から丸かじりしても全く口に残りません。

2015-03-10 11.54.43-min

 

セロリ畑も、草ボーボーです。殺虫剤を使わないため、どうしてもアブラムシがついてしまいます。虫がついた葉は、むしってから出荷します。

2015-03-10 11.47.46-min

次回⇒【第七回】農業は、儲からないのだそうです。

 

【お知らせ】

8月実施セミナー日程を追加しました。 自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さまぜひご参加ください。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:8/6(火)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料 定員:30名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/7/14更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

・農家の記事を始めました。農業にご興味あればぜひ!⇒【第一回】日本の農業の実態を知るため、高知県の農家のご支援を始めます。