世の中には3つの製品カテゴリーがある。

アップル製品(多くの人が欲しくなるクールな製品)

クソアップル製品(信者がお布施をするために存在する製品)

アップルじゃない製品。(どうでもいい製品)

 

そして、その時がやってきた。クソアップル製品がやってきた。

スクリーンショット 2015-05-04 23.29.27

本日、Watchが届きました。買いました元の名iWatch。

あしかけ2年、このブログがはじまった頃に書いたシリーズ

iWatch買いますか

iWatch買いますか part2

ようやくiWatchシリーズもついに完結できます。そんなこと誰も気にしてないが、オレはずっと気にしていた。今日オレのために完結させます。

 

とりあえず恒例の開封の儀。

なんてことは、お金もらって記事書いてる人に任せます。

ベルト2本入ってる! Apple Watch Sport開封の儀 (Cnet Japan)

「Apple Watch」開封の儀–装着からセットアップまで(gizmodo)

Apple Watch到着 厳かなる開封の儀(週アスPlus)

ダサいことを人前でやるからお金もらってるんでしょうか。

ところで、Watch何に使う?

スクリーンショット 2015-05-05 0.44.37 スクリーンショット 2015-05-05 0.41.51 スクリーンショット 2015-05-05 0.42.08

時計として? → 既存の腕時計の方がかっこいいし、見やすいし、大体毎日充電する腕時計ってネジ巻き以下じゃないのか?

メール確認? → 画面小さいし、ケータイで見ればよくないか?そんなにすぐ確認しないといけないほど時間ないのか?

電話する? → 子供の頃憧れていたあの機能がついに実現!でも、もう子供じゃない!

 

それでも、自分が使ってみたいと思った機能はこの3つの機能です。

スクリーンショット 2015-05-05 0.32.42 スクリーンショット 2015-05-05 0.33.16 スクリーンショット 2015-05-05 0.32.18

ようするに、ランニングとか自転車などでトレーニングしてる時に使えるかなって思ったのです。これだって今スポーツウォッチとiPhone持ってトレーニング行っていて、それで十分であるのですが。

 

まあ、新Macbook以上に買うべき理由が見つからないクソアップル製品です。

こういう時こそ、信者の出番です。

R0011696 (1)

2000年以降の三大クソアップル製品(左から 初代iPod 初代iPhone 初代Watch)

どれも最初に出た時には、わざわざ買う理由がなかった。必要なのは信じる心(と無駄な出費)。

今Watchを買えば、そう高くない確率でドヤれるでしょう。

 

常識人「初代Watchってダサかったね。誰が買うんだろって思ったよ」

信者「オレだよ」

運が良ければ、ナウなクソアップル製品WatchもiPodやiPhoneのように普通のアップル製品になれます。信じるんだ。思い込むんだ。(ずっとクソアップル製品のままで、この世から形だけでなく人々の記憶からさえも消えてしまったものは、過去記事iWatch買いますか part2の中にあるんで興味ある人はみてください。)

 

他人に「あの人はアップル信者だから、しょうがないよね」と言われて信者を自覚するようじゃ、それは二流三流四流です。

信者は、信ずるものを自ら信ずるがゆえに信者なのです。

真の仏教徒やキリスト教徒だってそうでしょう。人からあの人は仏教徒だからとかキリスト教徒だからとか言われてうれしいですか?そんなことに意味はありますか?自らを仏教徒である、キリスト教徒であると言うことができてはじめて心の平静は訪れるのであります。心の平静が訪れてこその宗教なのであります。

信者なら買いましょう。心の平静を金で買いましょう。

安達も買うんだ。新MacbookとWatch。ジョブズも言っていた「心の声に従うんだ!(Follow your heart)」と。

(了)

※←このマークがリンゴに見えない人、あなたは信者ではないので見えてないのです。信者である人は100%見えています。でも見えたからと言って信者というわけでもありません。

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【9月更新記事】

[11]ブログやメディアのビューが伸びないときの「攻め」の施策について。

[10]企業が「再現性のある、コンテンツ拡散力」を得るには何をすればよいか。

[9]「メディア」と「ライター」が健全に付き合うための7つの原則〜 良いライターほど、発注者(メディア)の言うことを聞かない。

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

[8]2年前までTwitterのフォロワー数ほぼゼロだった我々が、Twitterから月間20万PVを得るようになるまでの道。


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

今までのオレのスティーブの発言はこちら

著者Facebookアカウント(友達申請歓迎です!)https://www.facebook.com/kazumasa.narahara

BelltaStudio|Macbook用クラッチバッグ セミオーダー販売サイト