こんちは、ナラハラカズマサです。iWatchが来ると噂されてますね。はっきり言って、これかっこわるいですね。噂段階の画像ですけど、アップルが出すのならかっこ良くないとだめですよね。

何がかっこわるいって、今あるいろいろなブランドの腕時計よりも見た目かっこわるいじゃないですか!G-shockにすら負けてますよ。そんなの誰がするんですか!今の時代、腕時計って時間見るためにしますか?腕時計ってアクセサリーみたいなもんですよね。見た目かっこわるければしませんて。

でも、僕買います。なぜ買うかって?それはアップルが出すからです。アップルが出すのであれば、それは何か意味のある機能が必ずあると思いますし、しかもその機能をシンプルなアイデアで解決した卓越したデザインプロダクトになると思うからです。ジョブズ亡き後、今までひとっっっつも革新的な製品って出てないのはみなさんお気づきでしょう。でも、僕は信じてますよ。別にジョブズがいなくても、あのワクワクさせてくれるような製品が出ることを。それがアップルの生きる道でしかないはずです。アップルで製品作っている人たちって、ジョブズの薫陶を受けた人でしょう?一番それを感じているのは彼らですよね。

僕は10年以上まえからアップル製品使いはじめて、その機能とデザインの深い統一性(そこにはさらにマーケティング戦略も含まれている)に感銘を受けてきました。それで、iPodやiPhoneが発表されたその瞬間を目の当たりにしてきました。みなさん、出たばかりの時知ってますか?

iPodなんか「ハア?」って感じでしたし、今でこそiPhoneだって革新中の革新的製品ということは誰しもが認めるところですけど、発表された当時は知る人ぞ知るってかんじでした。

あまりに先取りしすぎてて、すごすぎて、そのすごさに気づいている人はごくごく一部だったんですよ。まさかほとんどのケータイがあの形になってしまうなんて、ほとんどの人が思ってなかったです。ちなみに僕はそのごくごく一部のひとでしたw。iPhoneの発表を見た時に、これはほとんどのケータイがこうなるって確信しました。

これ本当です。興奮しすぎて、まだ日本でiPhoneが発売されていないときにNYでわざわざ買いましたからね。iPod touchすらでてないころです。

これはすごいって思ったモノが、じょじょに浸透していき、最後は爆発的に浸透していく様を目のあたりにしました。こうやってシンプルで洗練されたアイデアが世界を変えていくんだっていう感覚、この感覚は今でも忘れません。この感覚を味わえただけで、ジョブズありがとうっていいたいです。

それで、僕はiWatchが革新的製品になると思っています。出ると思います。出たら即ポチします。ここに宣誓します。

 

【お知らせ】

ライターは言わずもがな、SNS投稿する人全てに捧ぐ!めちゃめちゃ役に立つライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。