今でも大好きです。ジョブズの一番有名なプレゼン。いや、世界で一番有名なセールストーク動画。

iPhoneがはじめて発表された時のジョブズによる基調講演。

子供がディズニーアニメを何回もみるように、オレこの動画を何回もみた。

 

このプレゼンで特に有名は部分は、冒頭のこの部分です。

スクリーンショット 2015-05-22 9.26.11

ジョブズは「ワイドスクリーンのiPod」「革命的携帯電話」「画期的なネット機器」

の3つを合体させて1つのデバイスを作った。そして、

“Apple is going to reinvent the phone (アップルは電話を再発明する)”と宣言し、

それを「iPhone」と呼ぶ

と紹介するのです。

 

この時、「ワイドスクリーンのiPod」「革命的携帯電話」「画期的なネット機器」の3つを順番に紹介していて、

一番盛り上がったのが、2番目の「革命的携帯電話」と言った時でした。

当時アップルマニアたちが期待していた製品は、iPodと携帯が合体したものでした。だから「革命的携帯電話」と紹介された時に聴衆は、噂通りのものが出てきたぞ!と沸いたわけです。

しかし、3番目に「画期的なネット機器」と言った時、みな「ポカーン」って感じになりました。

(動画1分40 秒あたりから確認してみてください)

つまり、その時は誰もそんなものを求めていなかったし、期待もしていなかった。

 

「もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、彼らは「もっと速い馬が欲しい」と答えていただろう。」

ヘンリーフォードが語ったとされる、マーケティングの有名な話があります。

この時ジョブズが、もし顧客に彼らの望むものを聞いていたら?

彼らは「もっと使いやすいiPodを、それに携帯電話機能がつけば尚良し」と答えていたんじゃないかと思います。

当時、聴衆が求めていたものは、「画期的なネット機器」ではなかったのです。

 

Apple Watchを使いはじめて約2週間。

未だ、これがないと困る場面には遭遇してません。ないならないでよかったんじゃ?

そう。ないならないで困らないんです。でも、毎日つけてます。いや、つけなければいけないという気持ちになってます。寝てる時だってつけときたい!(でも、寝ている時は充電しないといけないという地味な欠陥あり)

 

IMG_0192

なぜならば、毎日の運動をアクティビティというアプリが記録してるからです。腕時計してるだけで、何の操作も必要ないのですが、それが罠でして、Apple Watchしてる間に勝手に記録されているんで、Apple Watchを外そうものなら、記録がなくなるわけです。数多の硬軟ビジネス書に書かれている通り、人間は見える化されるとがんばっちゃうんです。

運動している時はもちろん、ちょっとの間もはずしたくない、風呂の中も付けっぱなし、歯磨いてる時だって、寝てる時だって(寝返りとかしてカロリー消費してるだろ?)と、できるならばずっとつけときたいと思うのです。(もう一度言うけど、寝ている時は充電しないといけないという地味欠陥あり)

 

もうひとつは、iPhoneの通知機能。

IMG_4492

多くのApple Watchレビューに書かれている通り、iPhoneを見る回数が圧倒的に減ります。

(参考:Apple Watchを使うと、iPhoneを見る回数は本当に減るのか  ITmedia 2015/5/21)

いままで、どうしてもiPhoneをちょこちょこ見てしまってましたが、それがApple Watchに通知がきて、すぐ見た方がいいものかそこである程度判断できるので、iPhoneを手に取る回数が減ったことは間違いないです。

この程度のことって、全然たいしたことじゃなさそうですが、このちょっとしたことが、もしかしたらものすごい大きな差になって、多くの人が使うガジェットになっていく可能性があります。

例えば、Amazonの配送の話。

私は最近AmazonでSWITCH Vol.33 No.5 ジャズタモリ を書いました。最新の雑誌なので、本屋に行けばすぐ手に入ります。歩いて5分以内の場所に本屋があります。でも、Amazonで書いました。欲しいと思った瞬間iPhoneから1クリックで買えるからです。Amazonはどこかに1個でも在庫があれば絶対に買えることが保証されているからです。しかも場合によっては当日届く。本屋だと、もしかしたら売り切れかもしれないって(だって天下のタモ様だから)、頭をよぎりますよね。売り切れの可能性は少なくとも0%ではないですよね。でもAmazonは絶対に100%買えます。

私が住んでるマンションは、1Fが酒屋なんです。なので、ビール買う時って自宅3Fからエレベーターで1Fに行けばすぐ買えるわけです。ですが、私はそこでビール買うことはありません。なぜならば、Amazonで買ってるからです。Amazonだと下に降りることなく、確実にドアの目の前までビール1ケースを運んでくれるからです。1Fにある酒屋よりも、翌日に確実に目の前にビール1ケースを届けてくれる方を選ぶわけです。

Amazonなくても十分に便利な生活なはずなんですが、Amazonがあることでその過去の便利さは全く見向きもされなくなってるわけです。しかも、その差って現実的には微々たる差です。でも、その微々たる差でも、人間は無意識的にも意識的にも合理的に判断を下し、シロクロはっきりさて、やがてある程度時間が経つと、それは目に見えて大きな差となります。それはAmazonの現代の巨大差が物語っています。

 

iPhoneが世に出た時に、「Phone」と名のついてる通り「すごい携帯電話が出た」と話題になりました。それは、少なくとも「電話」と呼んだ方が、多く人にわかりやすかったですし、単純にその方が「売れる」ってジョブズが判断したからです。

現在、電車の中でみんながみんなケータイを黙々といじっているあの光景みてわかる通り、もう電話なんかではないです。電話というよりもジョブズがプレゼンでひっそり紹介(ほんとはドヤったつもりだったかも知れない)したように画期的「ネット機器」と呼んだ方が、より正しいです。

Apple Watchも、「Watch」と名前がついていますが、iPhoneがもはや「電話」ではないのと同様にそれは実際は「時計」ではないです。ヘルス機器かもしれないし、通知機能かもしれないし、スマホやカメラなどのコントローラーになるかもしれない。

それらの機能は、 現実的には現状に比べてほんのわずかな違いしかないのですが、そのわずかな差でもおそらくどちらかが選ばれます。1回使って便利と感じたら、そっちを使い続けます。Apple Watchに限らずウェアラブルコンピューターと呼ばれるものの本質がそこにあると思います。

ただ、それがどのように使われて、どのように生活の中に入り込んでくるかは、今はわからないです。その可能性がApple Watchにあるとしか言えないです。8年前のiPhoneと同様に。

(了)

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

ティネクトの事業・サービス詳細はこちら

 

今までのオレのスティーブの発言はこちら

著者Facebookアカウント(友達申請歓迎です!)https://www.facebook.com/kazumasa.narahara

BelltaStudio|Macbook用クラッチバッグ セミオーダー販売サイト