5367717420_e684c23083_z起業は難しく、一部の才能ある人間が死ぬほど努力し、それでもうまくいくかどうかわからないもの、という認識をもつ人は多い。

結論から言えば、これは正しくない。いや、正しくないというよりは「誇張されている」と言っても良いだろう。実際には、いまの学生たちはもっと気軽に起業している。

 

個人的には「スカイダイビング」や「バンジージャンプ」などのスリル系アクティビティに似ていると感じる。いや、「巨大なジェットコースター」と言っても良いかもしれない。

人がやっているのを見るとなにか面白そう、と感じるのだが、さりとて自分で試してみる勇気は…。けれど、一度やってしまえば「こんなもんか」と、拍子抜けしてしまうというイメージだ。

 

もちろん、GoogleやAppleのような会社を作りたい、という方がいれば、冒頭のイメージと同じなのかもしれない。いや、上場企業を創るのでさえも、同じことが言える。

だが、起業をする、ということと上場企業を創る、ということとは全く異なる。

 

起業をする、というのはもっと素直で、カンタンな、それでいて面白い行為だ。意外に思うかもしれないが、かなり多くの若手経営者の方々にお会いしたが、ほとんどのかたは至って「普通」の人々である。

なぜ起業したかを聞くと、

「成り行きでそうなった」

「なんとなくできそうだと思った」

「顧客に薦められた」

「友達と勢いで」

「試しに売ってみたら売れた」

綿密な事業計画に基づいて、戦略を打ちたて、資金を調達して…と、起業を難しく考えていた人のほうが逆に少ないのである。

もちろん、だからこそそれは単なる「怖いもの知らず」であるだけかもしれないし、数年後にその会社がなくなっている可能性もある。実際、私が訪問した後になくなってしまった会社もいくつかあった。

だが、面白いことに「失敗したけど、まあいい経験だった」という方がほとんどだった。業界にもよるかも知れないが、食っていけなくなるほどの失敗をする人はまず居ない。

 

というのも、おそらくここ10年位で起業のハードルがずいぶんと下がっている。「靴磨き」で起業する人、「自宅の棚を貸す」商売をする人、web家庭教師をする人、本当にちょっとしたことが起業のネタになる。

それが可能になったのは、webの発達により、以前であれば大きな費用がかかるようなことが、安く、そして選択肢が多くなったからではないだろうか。例えば

・起業の情報がwebで安価に手に入る

・webで広告費をかけずに集客できる

・どこでも仕事ができる環境がある

といった状況だ。要するに少額の元手で始められることが多くなったのだ。

 

もちろん、これだけを持って人に起業を勧めようとは思わないが、起業というものをあまり特別視する必要はないと思う。もっと気軽にチャレンジすればいいのだ。

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします)

・【大学探訪記】を始めました。

「研究が楽しい」「研究成果を知ってほしい」「スタートアップを立ち上げた」

という学部生、大学院生、研究者、スタートアップの方は、ぜひ blogあっとtinect.jp までご連絡下さい。卒論、修論も歓迎です。ご希望があれば、当ブログでも紹介したいと思います。

【大学探訪記 Vol.12】R社に就職が決まってしまう大学生とは

【大学探訪記 Vol.11】監視カメラの画像から、街における「人の挙動」を人工知能で明らかにする

【大学探訪記 Vol.10】池の水を少し汲めば、その池に住む生物がわかる。そんな魔法のような話、あるんでしょうか?

・ブログが本になりました。

 

(Photo:Charis Tsevis