社会人の方々に、働き方や仕事観に関して話を伺う【仕事のチカラ】。

第四回は、何をやるかを決めずに気の合う仲間と起業する。そんな人生もいい、そう思って会社を辞め、いま起業10ヶ月目のSuper Studio Inc. のCOOである、真野さんにお話を伺いました。

R0012750

前職はクラウドソーシングのベンチャー企業に在籍していましたが、30までには起業したい、という学生時代からの思いに従い、去年末で前職をやめて、三人で会社を起こしました。

 

 

−会社設立の経緯に色々なドラマがあったと伺いましたが?

30までには起業したいと思っていましたが、仲間がいないとできないということも考えていました。私はチームで働くことが好きだし、得意だったからです。ですから、ずっと一緒に起業できそうな仲間を探していました。

そこで出会ったのが、いまの社長です。実は前職の時のお客さんの一人でしたが、同じ年ということもあり、一番話していて面白かったのです。なにか、話していて不思議な感覚がありました。お客さんだけど、親しい。ちょっとふざけた話もできる。そんな人、貴重じゃないでしょうか。

そこで彼に話をしてみたんです。「起業したい」と。そうしたら面白いことに彼も全く同じことを考えていたようです。今ガツガツやれる若い時に、やっておこうと言ってくれました。

 

 

−真野さんは社長をやりたいと思わなかったのですか?

自分はもともとベンチャーにいたので、どのようなチームが成功する、失敗するをわかっていました。僕は営業、ひたすら前に進むのが得意です。でも、トップになったら恐らくトップダウンで進めてしまう。

それはやらないように、無理をしないように、大きく夢を描けて、プレッシャーに強い、いまの社長である林にやってもらおうと思いました。

 

 

−三人で起業したと伺いましたが、あとお一人はどこから?

林と話して、あとはシステムに強い開発の人間、CTOが必要ということで、意見が一致しました。そこで、林が一人心当たりあるやつがいると言ってくれました。それが、林の中学の同級生だった花岡です。

実は、林と大学も同じだったようなのですが、理系と文系で別れてしまい、学生時代にはすれ違ったくらいだったようです。まともに話すのはずいぶんと久しぶりと言っていました。

花岡は前職は某大手SIerのマネジャーでした。入社して5年間で出世してマネジャーになっていました。さらに、結婚もしていました。正直これを聞いて、「ちょっと無理だろう」とおもっていたましたが、林と花岡と2人で飲みに行った時に、社長がそれでも口説いたようなんです。

そうしたら、実は花岡も副業として、web開発の仕事を一人でをしていたようなんですね。会社はインフラ、バックの仕事が大きくて、技術が伸びないと思い、毎日5時に帰宅してやっていたみたいです。

ですから、もともと独立しようとちょうど思っていたところで、この人やるなら、ということで決心してくれました。

 

 

−起業にあたって生活は不安ではなかったのですか?

いやー、もうめっちゃ不安でした。前職手に入れたストックオプションを売ったお金を、当面の生活費当てて凌いでいました、早く仕事をとらなければ、と焦ってましたね。

だから、最初は受託で日銭を稼いでました。あと動画制作です。制作、プロモーションなどを請け負ってやっていました。ただ、仕事を請けるルールは決めていて、こちらが本業になっては本末転倒なので、「知り合いからのみ」仕事をもらっていました。

受託開発や動画制作は今も自分たちで手を動かして、やっていますよ。

 

 

−受託はいわば副業だと思いますが、本業を何にするか、全く決めずに独立したと聞きましたが?

実はそうなんですよ。受託をやりながら、平行して、どうすればいいのか?を皆で一生懸命考えました。

でも、大まかにはメディアを作りたかったのだと思います。

ひとまずそのアイデアを形にするため、KDDIの無限ラボというベンチャー支援のプログラムに応募しました。当時は、面白そうでPRにもなるとおもって出したのですが、3ヶ月でサービスを作って、採択されるまでは結構辛かったです。

 

 

−どのようなサービスが採択されたのですか?

ものづくりに特化した、メディアサイトです。シンプルに言えば、「DIYの動画」を集めたサイトとでも言えばよいのでしょうか。名前はPUです。

pu

新しい技術、考え方で、まだイノベーションが起きていない市場を狙いたい、と考えた時に出会ったのが、DIY市場なんです。市場規模は国内だけで約4兆円。大きな市場ですが、まだwebの世界では存在感がない市場です。

そして、DIYは特に我々の得意な動画メディアが向いています。

音、微妙なチカラ、リカバリーの方法、見ないとわからないことがたくさんあります。また、動画がスマホで見れるようになったことも大きいです。

言うのは恥ずかしいですが「DIYのクックパッドを目指したい」と思っています。

 

 

−今後の展望を教えて下さい。

1年くらいで、DIYのコンテンツ量をNo1にしたいと思っています。当面の一番大きな課題が、コンテンツをどう増やしていくか、であると認識していますので。

特に重視しているのが動画の質です。最近のwebのコンテンツはどうしてもチープなものが多いです。そういったものは最終的には廃れると思います。

まずはDIYの教科書的なコンテンツを充実させ、タイアップコンテンツや取材記事を揃えていくつもりです。

今の人数は6名ですが、「人ありき」で始めた会社なので、ちょっとしたいざこざや、わだかまりが増幅しないよう、結構頻繁に社内コミュニケーションをとっています。月並みですが皆でパーティーやったりゲームしたり、チームビルディングに手を抜かず頑張りたいと思っています。

 

 

−真野さん、ありがとうございました。DIYにご興味のある方は、PUを覗いてみてください。

 

【お知らせ】
弊社ティネクト(Books&Apps運営会社)が2024年3月18日に実施したウェビナー動画を配信中です
<ティネクトウェビナー>

【アーカイブ動画】ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します

2024年3月18日実施したウェビナーのアーカイブ動画です(配信期限:2024年4月30日まで)

<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのプレゼント
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)



ご希望の方は下記ページ内ウェビナーお申込みフォーム内で「YouTube動画視聴」をお選び頂きお申込みください。お申込み者にウェビナーを収録したYoutube限定動画URLをお送りいたします。
お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/3/26更新)

 

 

【バックナンバー】

【仕事のチカラ Vol.3】プログラミングを独習し、その勢いで独立した、28歳の凄腕プログラマーの話。

【仕事のチカラ Vol.2】破天荒な26歳が起業したネタは「靴磨き」

【仕事のチカラ Vol.1】「新しい働き方」を演出していく。そんな仕事です。