a0002_003670会議などでの発言では、出来るだけ客観的な数字を用意してから発言したほうが良い。思い込みが激しいと自分で「思っていない人」は特に。

おそらく、多かれ少なかれ思い込みはどんな人にもあって、知らず知らずに適当なことを言っているのだ。よっぽど注意しなければいけない。例えば、

 

スマートフォンの普及率(スマートフォンの数/携帯電話の数)、以下の国から一番低い国はどれ?

 

ロシア
中国
南アフリカ
台湾
日本
韓国
香港

 

 

 

なんと、正解は「日本」です。上位から 韓国72%、香港63%、台湾51%、中国46.9%、南アフリカ40%、ロシア36%、日本25%

(データ出典は、GoogleのOur Planet Mobile http://www.thinkwithgoogle.com/mobileplanet/ja/

 

人は、自分の身の回りにあることを「世界も全てそうである」と思いやすい。

「私のお客様がXXXといってましたよ」、「いつも訪問するとXXXだった」であるとか、「感覚的にこれが売れそうだ」とか、言ってしまいがちなのだが、「事実は感覚と異なることも多い」のだ。本当なのかどうか確かめる必要がある。

特に、ベテランであるほど「自分の感覚」に自信を持っているので、事実と異なる方向に強制的に議論を持って行きやすい。

 

 

もちろん、データは嘘をつかない、というのはウソで、データは常に解釈を伴う。たとえば、上のデータはあくまでも「割合」であって、絶対数ではない。従って、上のデータを見ただけで、「スマートフォンでの商売は海外でやったほうがいい、中国や香港とか狙い目ですね!」と言ってはいけない。そもそもの携帯電話の普及台数自体が小さい可能性もあるからだ。

だが、営業やマーケティングにデータが欠かせないことは、明らかである。

 

 

いろいろな会社を見てきたが、会議にデータを全く用意しない会社は多い。しかし、このような時代になって、手軽に様々なデータが手に入るのだから、「正確に世の中を解釈するために、正確なデータを入手すること」は重要だ。

 

 

思い込みが交錯する会議は意見がまとまらず、結局「社内の権力者」や、「声の大きい人」の意見が通ってしまう。それでは会議の意味が無い。思い込みを排除するために、楽天は「スピード!スピード!スピード!」という標語を持っているが、「データ!データ!データ!」という標語があってもいいと思う。

 

【お知らせ】
Books&Apps編集者のメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。
◉最新記事(2021/1/19更新)
【69】今後、「稼ごうとする物書き」が活躍できるマーケットと、とるべき戦略の話。
【68】弊社で文章作成時に使っている、「執筆のオキテ」を公開します。
【67】行動経済学から見る「読み手に対して効果的な文章術」について(後編)