ども、ゆうせいです。普段はキャッチには目もくれず、むしろ完全無視して自分で調べたお店に直行しています。

あ、居酒屋の話ですよ。

 

でも先日、初めてキャッチに捕まりました。なぜなら、そのキャッチは無言だったからです。

普通、キャッチの人は、

「居酒屋お探しですか?今ならすぐにご案内できます!」

「1ドリンクで1時間歌い放題のカラオケどうですか?」

などなど、あの手この手のトークで捕まえようとしてきますよね。

 

しかし、そのキャッチは違いました。

メニューをこちらに見せながら、目を見て、何かを話しているようで、何も言っていない。つまり、音量はゼロだったのです。口がパクパク動いているだけ。

めちゃくちゃ気になるじゃないですか。何を言っているのか、そのメニューには何が書いてあるのか。思わず立ち止まってしまいました。はい、失敗です。話を聞いてしまったのです。

彼の作戦にまんまと引っかかって。少しでも話をしたら、よほど感じの悪い人や、おそろしく高い値段ではない限り、

「ま、ここでいっか」

という気持ちになってしまいます。今回もそれでした。メニューを見たところ、普通の居酒屋レベルは満たしていましたし、お酒の種類もそこそこありました。

どんどん断る理由がなくなってくるわけです。店の場所を聞けば、すくそこなわけで…

そのまま入店してしまいました。

 

そして、普通にお酒と料理を楽しみながら思いました。さっきの手法、キャッチ以外にも使えるんじゃないかと。無言でないにしても、余計なことを言わない方が良いのではないかと。

「カラオケ◯◯です。このたび新装オープンしました!」

と言いながらポケットティッシュを配っている人、よく居ますよね。これ、カラオケに興味がない人は完全にスルーするしかなくなるわけです。

でも、

「ポケットティッシュです!どうぞ!」

だったら、ティッシュが必要な人はみんな気になるわけです。

他にも、

「◯◯ラーメンです!味噌が自慢の野菜たっぷりラーメンです!」

と言いながら、餃子の無料券を配るくらいなら、

「餃子です!」

の方がめちゃくちゃ気になります。

 

人に何かを伝えようとするとき、とにかくわかって欲しいという気持ちが強く出てしまうので、いろんなことを説明しようとしてしまいます。

でも実はほとんどの人にとってそれはどうでもいい情報であって、メリット、ベネフィットをズバリ伝えた方がいいわけです。

「生ビール通常400円のところ、今だけ80円引きの320円で販売しておりま〜す!」

どうでもいい情報が多すぎます。

「生ビール320円は当店だけ!」ぐらいでどうでしょうか?

む、この先のお店は320円以上するのかな? と勝手に想像してくれるので、足を止めてくれる可能性が高くなります。

 

こんなことを、ずっと飲みながら考えさせるパワーが、あの無言のキャッチは持っていました。

果たして彼は狙ってやっていたのでしょうか?

ただ単に緊張して声が出ていなかっただけなのでしょうか?

いずれにしても、私は立ち止まり、入店し、お酒と料理を楽しみながら、いろんなことを考える機会を得ることができて、彼にはすごく感謝しています。

キャッチひとつとっても、侮れないものです。

“喋って喋ってお客を落とす” が普通なのに、あえての無言。逆張りの意外性に、惹きつけられたお話でした。

さて、みなさんはどう思いますか?

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

【著者プロフィール】

名前: ゆうせい 企画、執筆、編集、モデルを提供する「カンパニオ」代表。

ぱくたそでフリー素材モデルとして不倫素材や、記者風素材を提供している。映画大好きの愛妻家を自負しているが、恋愛映画や恋愛系コラムは苦手。とにかく水曜どうでしょうが大好きでしかたがない。

Twitter:W8HeBCLk_400x400のコピー @wm_yousay

ブログ:http://huniki.hatenablog.com/「雰囲気で話す」