米国で、任天堂のPokemonGOというゲームが大変な人気になっていると報じられていた。そんなゲームのニュースを見るたびに、私は一つの話を思い出す。

 

子供の頃は新しいゲームに触れるたびにワクワクした。初めて「スーパーマリオブラザーズ」をプレイした時には、世の中にこんなに面白いことがあるのかと、寝ても覚めてもマリオの事を考えていたような記憶がある。

あれから約30年が経ち、ゲーム産業は巨大産業となった。任天堂を筆頭として、ソニー、マイクロソフトやGoogleなどの名だたる大企業すらもゲーム産業を作っている。

いや、大企業でなければ、ゲームが作れなくなってきていると考えても良いのかもしれない。ゲームはすでに、多くの人々の生活の一部であり、最も大きな影響力を持つ娯楽の一つなのだ。

 

さて、そんな状況にある現代だが、私はすこし前、あるゲーム製作者を訊ねたことがある。彼はあるメジャータイトルの作成にも携わっていた、多くの開発者の一人であるが、面白い話をしていた。

彼は、ゲームについての考え方や、利用のされ方、ユーザー層の話などをしてくれたが、彼の最後の話は、そういったテクニカルな話とは少し違っていた。

 

「安達さん、ゲーム業界にいると、何かと非難されることもあるんですよ。」

「わかります。」

「わかりますか。ソシャゲーの課金問題やら、ゲームの倫理性やら、いろんな問題が取り沙汰されるんですよね。まあ、ほとんどは言いがかりに近いものだと思ってますが。」

「影響力の大きい物は、必ず批判されますから。」

「そうなんですよ。でも、うちの若い子たちはそれが気になるらしくてね。それを解消するため話をしているんですよ。」

「どんな話ですか?」

「皆がどう思うかわかりませんが、ゲームってのは、現代の宗教なんですよ。

 

意外な一言だった。

「宗教?」

「そう、宗教です。魂の救済をもたらすわけです。」

「またまた、ご冗談を……。」

「冗談ではないですよ。まさに、科学に打倒された宗教は、形を変えて蘇ったわけです。」

「なぜ宗教と呼べるのですか?」

「一種の教義と呼べるものがあるからですよ。」

「具体的には?」

「まずは「努力が報われる」という教義を持っている。ゲームの世界では、大抵のプレーヤーは成長し、努力は報われる。当たり前ですが。それがゲームバランス、ってやつです。」

「確かに…」

「人は、目標達成をすると気持ちが良いんです。アイテムを手に入れた、難しいボスを攻略した、これらはすべて、快感を生み出す。現実では努力は報われませんが、ゲームの中では努力が必ず報われる。こんな良い世界はない。」

「……。」

 

「つぎに「皆平等」という教義を持っている。」

「平等……。」

「どんなプレーヤーも、初期のパラメータ、条件、身分はほとんど同じです。一様に低い。そこから己の努力と才覚で立ち上がっていくわけです。サクセス・ストーリーですよ。」

「なるほど……。」

「親が金持ちかどうか、才能が有るかどうかは関係ない。全員同じパラメータを持ち、同じイベントに参加できる機会を持ち、同じアイテムを持てる機会を得られ、誰でも成功できる。これこそユートピアでしょう。」

「よく考えると、理想的な世界ですね。」

「我々ゲームクリエイターは、理想的なユートピアをどうやって設計しようか、日夜悩んでいるわけです。」

 

「そして、「失敗してもやり直しができる」という教義を持っている。現実では、失敗して立ち直れない、という人はたくさんいます。ゲームはチャレンジができる、やり直しができる。人間の冒険心と、学び、そういったものをすべて含んでいるのがゲームなんですよ。」

「怖くてチャレンジできない、という人がチャレンジできる世界ですか。」

「そうです。人間はどこかでチャレンジしたい、失敗を恐れずに挑戦したい、と思っています。でもリスクは取れない。現実のリスクは場合によっては命に関わりますから。そう言った人たちにチャレンジを提供するのは、素晴らしい仕事だと思いませんか?」

「……。」

 

「最後にゲームが提供するのは「わかりやすい評価基準」です。善悪、というものではないですが何に対して報酬が与えられ、何をすると不利になるのか、これがわかりやすく提示される。宗教には必要な要素です。」

「確かに現実の評価基準は見えないですね」

「現実的には、自分で評価基準を創りださなければならないのですが、これは一種の苦難を伴います。ゲームは外部から評価基準を与えられるので、とてもわかりやすい世界です。」

「わかりやすい世界が求められているということでしょうか?」

「そう言っても良いと思います。」

 

彼は最後に言った。

ゲームの本質は、生まれ変わりなんです。現世で報われなくても、ゲーム機のスイッチを入れれば別の世界で活躍できる。ゲームによって、つらい現実に少しでも日がさすのならば、ゲームには大きな意義があるのですよ。」

 

 

私は彼の「ゲームが魂の救済をもたらす」という考え方に、それなりに合理性を感じた。

現代の宗教は、教典の中ではなく、電子回路の中に存在したのだ。

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Jared Cherup