a1180_009149ホリエモンこと、堀江貴文氏が11月に出版する「ゼロ」という名の本の序文がネット上で紹介されていた。

語られていることが非常に良かったので、引用させていただく。

 

———以下引用———

僕は10代や20代の若い世代から相談を受ける機会がとてつもなく多い。メルマガだけでも述べ1万本以上もの質問に答え、しかもツイッターでの質問まで無数に飛んでくる。そしてその多くは、仕事に関する相談だ。

・いまこんな会社に働いているのだが、どうすればいい転職ができるか。
・独立して起業したいのだが、どんなビジネスプランが考えられるか。
・こんなアイデアを持っているのだが、勝算はあると思うか、などなどである。

彼らの声を聞いていて感じるのは、みんな「掛け算の答え」を求めている、ということだ。もっとわかりやすい言葉を使うなら、成功へのショートカットを求め、どうすればラクをしながら成功できるかを考えている。もしかしたら、僕に聞けば「ラクをしながら成功する」答えが得られると思っているのかもしれない。

でも、ここで確認しておきたいことがある。
人が新しい一歩を踏み出そうとするとき、次へのステップに進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。
つまり、「掛け算の答え」を求めているあなたはいま、「ゼロ」なのである。
そしてゼロになにを掛けたところで、ゼロのままだ。物事の出発点は「掛け算」ではなく、必ず「足し算」でなければならない。まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。ほんとうの成功とは、そこから始まるのだ。

——————————

 

 

たしかに、ビジネスの世界では「掛け算」ばかり考えている事が多い。

・大手に取り扱ってもらって、売ってもらいたい

・メディアに取り上げられて、有名になりたい

・ダイレクトメールをばらまいて、引き合いをたくさんもらいたい

・Webサービスを作って、世界中にアプローチしたい

 

上のような話は、要は「手っ取り早く儲ける話」であり、本当に大事なことではない。真に必要なのは、「どうやったら本当に世の中の役に立つのか」である。

もちろん、「良い物を作れば売れる」は幻想であり、売る努力は必要である。

しかし、多くの会社では「どうやって売るか」「どんなビジネスモデルとするか」「戦略は」「マーケティングは」に力点が置かれすぎており「小さい実績を積み重ねること」について割かれるリソースは僅かである。

 

 

堀江貴文氏がこのようなことを述べるとはなんとも皮肉な話だが、プレジデントのインタビューに

「またお金の話ですか。みんな、お金が好きですね。」

と辛辣に言ってるのを見ると、彼の一般的なイメージと実態は異なるのかもしれない。

 

【お知らせ】

自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さま対象に無料セミナーを実施しております。

セミナータイトル:
集客力のある「オウンドメディア」を運用するための3つのポイントをお教えします

セミナー概要:
1.webでバズる記事とは?
・メディア力
・記事力
2.バズるメディアを作るには
・よくあるオウンドメディア3つの過ち
・オウンドメディアによるブランディングとは
・オウンドメディアを運営するために欠かせない3つのポイント
3.事例紹介

日時:
[2月日程]
(満席)①赤坂会場 2月8日(金)15:00ー16:30(定員20名)
(満席)②渋谷会場 2月13日(水)15:00ー16:30(定員20名)
(満席)③新橋会場 2月14日(木)15:00ー16:30(定員30名)


[3月日程]
①赤坂会場 3月4日(月)15:00ー16:30 (定員20名)
②渋谷会場 3月8日(金)15:00ー16:30 (定員20名)
③新橋会場 3月11日(月)15:00ー16:30 (定員30名)

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください


(2019/2/7更新)