休日なので、どうでもいいことを書く。

 

私は母が神田の出身なので、浅草や神田界隈には親戚がいて、よく遊びに行っていた。そして、遊びに行くと皆で外食をすることが多かったのだが、よく食べに行っていたのが「蕎麦」だ。

 

九州出身の友人に言わせれば、「蕎麦」とはまずい食べ物の代名詞で、地元では殆ど食べたことがないという。

「なんつっても、うどんが最高だな。蕎麦なんて、関東に来てはじめて食べたよ。」

と、彼は言う。

 

だがその彼も、今は東京の蕎麦にハマっている。

「メチャクチャ蕎麦が食べたくなる時があるんだよなあ〜。東京はうどんがマズイから。」

さり気なく東京をdisる彼だが、蕎麦への愛は本物である。

 

蕎麦というと、高給なイメージを抱く方も多いかもしれない。

虎ノ門の「砂場」や浜町の「藪」、麻布十番の「更科」などの高級店も多く、「蕎麦かあ……高い割には、腹が膨れないからな〜」という方も多い。

 

そのとおりである。高い蕎麦は味が良いのだが、どうも蕎麦を食べている感じがしない。蕎麦というものは、カッコを付けて食べるものではないし、偉そうに薀蓄を語りながら食するものでもない。

私が好きなのはもっと大衆的な店、たとえば茅場町の「長寿庵」や銀座の「泰明庵」といった、おじさんがひしめく大衆的な店だ。

 

そして、その中でも特に私が好きな蕎麦屋は、浅草観音裏にある「弁天」だ。

祖父が愛していたこの店は、おそらく10数人も入れば満員となってしまう、極めてこじんまりとしていて小綺麗な店だ。

 

 

昼食に、蕎麦をすすりに行くだけでも良いのだが、この店は夜にその真価を発揮する。

 

店に入り、まず「蕎麦焼酎の蕎麦湯割り」を注文する。要するに蕎麦の茹で汁で焼酎を割るのだ。

香りの良い焼酎が甘い蕎麦の香りと共にやってくるが、最初は熱くてグラスに触ることすらできない。そこを無理してグビリとやる。

 

ほろ酔いになった所で、「冷ぶたつまみ」を注文する。

長ネギの細切りと、とんかつ用と思しき豚を湯がいたものが、たっぷりの蕎麦つゆらしき汁に浸かっている。

旨みと塩気で異常に酒が進む。

だが、蕎麦屋での呑み過ぎ、長居は野暮であるから、ちびちび焼酎を呑む。これが至福である。

 

さらに「天ちら」を注文する。

天ちらとは何ぞ、と思うだろうが、要するに天麩羅の盛り合わせである。

エビが4本、しいたけ、レンコン、ナス、キス、さつまいももある。エビとその他を交互につまみながら、蕎麦つゆをベースとしたのであろう天つゆをざぶりとつけて喰う。

あー、OK、OK。これでいい。これでいい。

 

そして、天ぷらを喰い終わる頃に合わせて、最後に「蕎麦」を注文する。

ここでいつも迷う。

「もりそば」をシンプルに行くか。それとも他の蕎麦を注文するか?

粋なのはシンプルにもりそばで〆ることだろう。だが私は粋にこだわりはない。食べたいものを食べるだけだ。

 

そこで「かき南そば」を注文する。

ああ、今回ももりそばを注文できなかった……と、後悔しつつ、かき南そばが運ばれてくると、そんなことはどうでも良くなる。

出汁と牡蠣、そして柚子の香りが鼻孔をくすぐる。

kakinan

牡蠣は葛粉に包まれており、そのまま食べると100%口の中をやけどするほど熱いが、中はまだレアな状態。熱い蕎麦をすすり、ネギをシャキシャキ咀嚼し、嚥下する。

蕎麦、ネギ、つゆ、牡蠣、ネギ、蕎麦、つゆ……

リズムよく食していくと、全て食べてしまうまで、5分もかからない。

 

 

会計を終え、外に出る。

来週も頑張ろう。人はこの幸せのために生きているのだ。

 

 

【外食シリーズ】

有楽町でひとり、カレーを喰らう。

人形町「すし柿崎」という寿司屋の話。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業内でプロモーションもしくはPR・広告代理店等でプロモーション企画を提案する立場の方向けに弊社サービスBooks&AppsのPR記事の詳しい説明会実施のお知らせです。
<2022年12月6日実施セミナー>

プロモーション施策のマンネリ打破、【共感されるPR記事】の発信方法を伝えるセミナー


<内容>
・なぜコンテンツが必要か?
・web上で読まれるコンテンツとは?
・宣伝ではないコンテンツの重要性
・Books&AppsPR記事成功事例
・Q&A(30分)


日時:2022年12月06日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/11/25更新)

 

 

Books&Appsの広告・広報サービスについて

 

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(写真: Elena Gurzhiy    食べログ https://tabelog.com/imgview/original?id=r0037535721952)