植木等 スーダラ BOX [DVD]植木等の曲にドント節というものがある。1962年に爆発的にヒットした曲で、作詞は青島幸男だ。歌詞はこうである。

 

”サラリーマンは気楽な稼業と きたもんだ

二日酔いでも 寝ぼけていても

タイムレコーダー ガチャンと押せばどうにか格好が つくものさ

チョッコラ チョイとパアにはなりゃしねェ アッソレ”

 

それから約半世紀が経ち、サラリーマンは変わったのだろうか?

 

1962年当時、日本は高度経済成長期の只中、20年近くにわたって続いた好景気の真っ最中であった。

好景気時には「サラリーマン」は確かに気楽な家業である。歌詞にもあるように、「タイムレコーダー」をがちゃんと押す行為さえすれば、すなわち「時間を提供すれば、対価がもらえる」わけである。

もちろん個々の会社の事情はあろうが、それでも業績に汲々とせずに済む時代というのは、とても気楽だったのだろう。

 

しかし50年がたった今、「サラリーマン」は減り続けている。非正規雇用は全体の4割を占めるに至った。

また、雇用を維持するため、正規雇用者給与の水準は下がり続けている。とてもではないが、気楽な稼業ではない。

 

 

こんな時代にあっては、子供を「公務員」にしたいという親がますます増えている。何時の世も、多くの人は「気楽な稼業」を求めるのだろう。そして今「気楽な稼業」は公務員しか無いというわけだ。

「公務員」は良い仕事だろうし、目指すことは挑戦しがいのあることだ。しかし、残念ながら「公務員ばかりの国」は決して豊かにはならない。

 

少し前に「ギリシャ危機」があったが、ギリシャの公務員比率は全体の25%、汚職も横行しており、恵まれた公務員の待遇は批判の対象となっている。

「リストラがない」であるとか、「安定している」という理由で「気楽な稼業」を狙う大学生やその両親は、日本の未来をどう考えているのだろうか。

 

 

「王は一人で王になるわけではない」でも紹介した、「賭博黙示録カイジ」というマンガがある。

実は、「王は一人で王になるわけではない」という台詞の前には、下の一言がある。

 

”無論金はある・・・湯水のようにあるがわしは助けん・・・。 なぜだかわかるか・・・・・?

実にここ ここが肝心・・・! ここだっ・・・!まさに、ここっ・・!

見ての通りだ 見ての通り・・・ 折れた足をいじられると、彼は痛いが、わしは痛まない・・・・・カイジくんも痛くはなかろう。

 

ククク・・・・・・この一事だ・・・・・この一事が真実・・・・・・ ここをどこまで理解しているかで人の成否は分かれる・・・・・!

いいんだよ・・・・ 他人がどう苦しもうとまったく問題ない・・・・ 唯一問題なのは自分の幸福だけ

人は目の前のわずかな金のために 相当なことに耐えられるのだ。

その特性を金持ちは利用し、 生涯かしずかれ安楽に暮らす”

 

 

成果に関係なく給料が出る、安定した仕事を求める、ということはすなわち、「既得権にあずかりたい」「怠けたい」ということとほぼ同じ意味だ。

では、その人達が働かない分は誰が働くのか、当然非正規雇用、あるいは成果に汲々とするサラリーマンである。

 

もちろん、そういう人は少ないだろうが、ブームに乗っかった「自分さえ良ければ」という公務員が増えないことを祈るのみである。

 

 

【お知らせ】
「生成AIは思ったより大したことなかった」とお考えの方、それは間違いです。 プロはプロのスキルを駆使して生成AIを想像以上に使いこなしています。今回のティネクトウェビナーではプロがどのように使いこなしているかをご紹介します。
<2024年6月24日実施予定ウェビナー>

なぜ生成AIで"思い通りに"キャッチコピーや記事が作れないのか?

【内容】
1.なぜ生成AIで上手くキャッチコピーやSEO記事が作れないのか?
2.マーケティング自動化支援ツール”Automagic”のデモンストレーション
3.Q&A

【対象者】
・大企業・中堅企業の役員、および企画部門、マーケ部門
・マーケティング会社・代理店・PR会社の管理職
・スタートアップ企業の経営層
・フリーランス/個人のコンサルタント

【講師紹介】
元電通コピーライター 「言葉にできるは武器になる」
著者 梅田悟司
ティネクト代表取締役社長 「頭のいい人が話す前に考えていること」
著者 安達裕哉


日時:
2024年6月24日(月)18:00〜19:30
参加費:無料  
Zoomウェビナーによるリアルタイムストリーミング配信となります。


お申込みは こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/6/2更新)