「そんなに給料安いの?」と、彼女は友人に驚かれた。

今もらっている給料を正直に話しただけなのだが、どうやらそれは友人にとって衝撃だったらしい。

「ぜったい、A子だったら、もっと良い給料のところ見つかるよ。」

と友人は言う。

 

A子は都内の有名国立大出身で、友人たちは軒並み公務員や大手企業、外資系企業に入社し、それなりの給料をもらっている。

20代で若くして年収1000万円を超えた友人も決して珍しくない。

 

ただ、A子はそう言った「お金」や「企業のブランド」には全く興味がなかった。

むしろ、お金、お金と騒ぐ人たちのことを軽蔑すらしていた。

「人生で大切なことは、お金の多寡で決まるわけではない」

と、彼女は信じていた。

 

その彼女は、自分の信じる通り、外食産業の企業に入社した。

要するに「作って食べてもらう」のがとても好きだったからだ。

 

実は、それは友人たちや両親にも反対されていた。中には親切心からわざわざ、「餃子の王将」が行っていたスパルタ新人研修の動画を見せてくる人もいた。

「趣味として好きだからって、仕事にしたら嫌いになるよ」

とも言われた。

両親は「学歴があるのに、わざわざ低賃金で、きつい仕事に就かなくても……」とA子に言ったそうだ。

 

だが、A子の決心は揺らぐことはなかった。

而して、A子はある外食のチェーン展開をする企業に入社した。

予想通り、というか予想以上にキツイ職場だった。労働時間が長く、給料は安い。

だが、幸いにも上司や同僚に恵まれ「非常に面白い仕事である」と、確信を持つに至り、成績優秀な彼女は、それなりに昇進も果たした。

 

そこで友人からの「そんなに給料安いの?」という一言である。

「かわりもの」と言われることにはなれている。外食産業が不人気の業界であることも、働いてみて実感した。

それでも両親や友人は「給料が安い」と、言ってくる。

 

A子はこんな状況を振り返って、

ジブリの「千と千尋の神隠し」の1シーンを思い出したという。

 

妖怪カオナシが、暴飲暴食によって肥大化、物語の舞台である「油屋」を荒らしている中、油屋の主人である湯婆婆は、主人公の千尋を呼びつけ、カオナシと対決させる。

カオナシは千尋に砂金を出し、「金を出そうか?」と誘惑してくる。千尋がそれを「私に欲しいものはあなたには絶対に出せない」と断ると、カオナシは砂金を「欲しがれ」と突きつけてきた。

 

世の中にはこのカオナシのように「カネを欲しがれ」と言ってくる人が大勢いる。

A子の周りも例外ではなかった。彼女の周りの人たちも皆、お金を「欲しがれ」と言ってくる。

でもそれは彼女にとっては大きなお世話だ。

 

「なぜ「お金は重要ではない」ということがそんなに批判されるのか、私にはさっぱりわからない」と彼女は言う。

「お金が欲しい人が、「私はお金がほしいです」と言って、それを求めるのは勝手だと思います。私だって、お金をもらって嬉しくないわけじゃない。でも、「給料が低いから」といって、人の好きでやっていることを批判したり、バカにしたりするのはやめてほしい」

 

————–

 

彼女は最後に、こう言った。

「なんでわざわざ人に「お金を欲しがれ」って言ってくるんですかね。」

私は

「A子さんの生活を心配しているんじゃないの?」と返した。

「そうですか……でも、心配してくれるのなら、お店に来てくれればいいのに。」

 

何も言えなかった。

 

【お知らせ】

新しいセミナーを実施します。 自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さまぜひご参加ください。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.質の高い記事とは
3.質の高い記事を量産するには

日時:5/23(木)15時〜16時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/5/13更新)

 

【著者プロフィール】

Books&Appsの広報サービスについて

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

Michael Stern