かつては「安定した雇用」を獲得するために皆、全力を尽くした。学歴や就職活動など、「社会人になるまでのがんばり」が、人生における成功の条件の一つということが明らかだったからだ。

だが、今ではその条件も疑わしい。近年ではむしろ「安定した雇用」を獲得した人々の立場が危うくなっている。

「会社にしがみつくしか無い」

「その会社でしか通用しない」

そういわれることもしばしばである。

 

 

最近私が訪問した会社の経営者は、私にこう述べた。

 

「安達さん、本当に仕事が始まるのは、実は35歳からじゃないかと思っているんです。」

「どういうことでしょう?」

「いやね、中途採用の募集をして、以前に比べて多彩なバックグラウンドの人に優秀な人が増えた、と実感しているんです。」

 

彼は、応募してきた方々のことを思い出しているようだ。

 

「複数の製造業でラインのマネジャーをしていた方、もう5社ほどのITスタートアップ企業を渡り歩いてきた技術者、証券、保険、銀行と金融の会社で営業をしてきた人。皆、とても面白い方々でした。

昔は、「転職回数の多い人」は「ふらふらしている」という先入観で断っていたのですが、最近はむしろ転職していないとダメ、というくらいです。」

「なるほど」

「それに比べて、35歳になるまで、大企業の子会社にずっと居ました、とか、中堅の商社で10数年やって来ました、とかそういった経歴の人は、全く面白くない。」

「そんなもんですかね」

 

彼は、一口水を飲み、言った。

 

「私ね、思うんです。理想のキャリアってなんだろうってね。」

「はい」

「で、私はこう思いました。35歳までに、できるだけたくさんの会社を見る。5回、6回くらい転職しても構わない、そして、35歳から40歳までに自分の人生を捧げることのできる仕事を見つける。

自分で会社をやったり、友達と何かプロジェクトを立ち上げたり。そして、50、60歳くらいになったら、また組織に戻って、今度は後輩の育成をしてもいい。」

彼は笑って最後に言った。「まあ、私の勝手な思い込みですが。若い時に、一つのところに留まって、いろいろな会社での経験ができないのは、本当にもったいないと思います。」

 

 

「35歳が転職できる限界だよ」と、私は新卒で就職をした当時、先輩から教えられた。

もう今から10数年も前の話だ。

 

ところが今、そんな話をしていたらおそらく「何もわかっていないね」と、笑われてしまうかもしれない。

転職の限界が35歳だったのはまさに10年以上前のことであり、現在は40歳、50歳になっても十分に良い仕事を見つけることができる。

 

例えば、インテリジェンスの運営する転職サイトDodaの調べでは、「転職成功者」の平均年齢は毎年上がっている。

https://doda.jp/guide/ranking/088.html

この傾向が続けば、10年後には、されに転職できる年齢が上がっていくだろう。

 

 

終身雇用が前提となっていた世界では、一つの会社に何十年もとどまり、「できるだけ転職しない。できればひとつの会社に長くとどまる」というキャリアを選ばざるを得なかった。

それが、35歳転職限界説、を作り上げた。

 

今は、そのような世界ではない。そして、ほんとうに良い経営者は、「一つの会社に長くとどまった人の価値」がそれほど高くないことをすでに知っている。

終身雇用の「安定した職についた人々」の価値は今、暴落しつつある。

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

・【大学探訪記】を始めました。

「研究が楽しい」「研究成果を知ってほしい」「スタートアップを立ち上げた」

という学部生、大学院生、研究者、スタートアップの方は、ぜひ blogあっとtinect.jp までご連絡下さい。卒論、修論も歓迎です。ご希望があれば、当ブログでも紹介したいと思います。

【大学探訪記 Vol.3】プロ野球に統計学を適用するとどうなるか?

【大学探訪記 Vol.2】1本の木を植えるとどんだけ気温が下がるのか?

【大学探訪記 Vol.1】東大のNicogoryというスタートアップを訪ねました

 

・ブログが本になりました。

 

 

 

 

(Photo:Neil Moralee