天気の良い日には、家の中だけにいるのはもったいないですね。冬とはいえ、日中は結構気温も上がって、それなりに日差しが心地よい感じです。

で、たまに休日があると「何をしたらいいかな」と困った時にとりあえず楽しめる場所を幾つか探してみました。今回は【水上バス】です。

 

東京の水上バスには幾つかありますが、最もメジャーなのが浅草からお台場まで運行している隅田川の水上バスでしょう。

東京都観光汽船

cnt_map01_2

浅草からお台場まで約1時間。直通便も有りますが、一旦日の出桟橋で乗り継ぐ便もあります。

また、いくつか船にも種類があって、大きなちがいは「屋上に出られるか、出られないか」です。今の季節は寒いですが、やっぱり屋上に出られる船のほうが圧倒的に眺めが良いため、「ヒミコ」という種類の船はあまりおすすめではありません。船はカッコイイんですけど。

その代わりに、最新型の「ホタルナ」という種類の船は屋上に出られるようになっていて、こちらがお勧めです。

img_hotaluna_2

料金は浅草からお台場まで、直通で1520円(船によって変わります)、本数が意外と少ないので、時刻表を確かめてから浅草まで行ったが良いかも。私が行ったときはちょうど前の便が出てしまっていて、1時間以上待たされたので、近くのスターバックスで待ちました。

夕方くらいにお台場につくようにして乗ると、非常に夕暮れが綺麗ですので、4時位の便を狙ってもいいかも。

 

船酔いが心配な人もいるかもしれませんが、船はほとんど揺れません。レインボーブリッジの近くまで来ると海なので少し揺れますが、船酔いになるほどではなく、なかなか快適です。

ただ、風が強くて意外に喉が渇くので、乗り込む前に水を買っておくこと。あと、できれば耳あて必須です。私は耳が冷えると頭が痛くなるので重宝しています。

 

また、このオーソドックスな【水上バス】の他に水陸両用車を使った【スカイダック】という船も有ります。

d4

 

こちらは、陸からそのまま水の上に出るので、なかなかダイナミックです。確か、サンフランシスコにも同じようなものが走っていたはずです。これはスカイツリーから乗るようですので、くわしくは下のリンクを参照してください。

スカイダック

 

さらに、【日本橋クルーズ】というものも有ります。

日本橋クルーズ

こちら箱型のボートで東京の運河や水路をめぐるというもの。

ある程度人数が集まれば、屋形船や水上バスよりこちらのほうが面白いかもしれません。

 

水の上から見る東京の姿もいいもんですよ!

 

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

ティネクトの事業・サービス詳細はこちら