Green19_taisyoku201411231338015001月も半ばを迎え、そろそろ「就職活動」についての相談を受けることが多くなる時期だ。そして、その中でも多い相談の一つが「エントリーシート」で落ちてしまったのだけれど、どうすれば通るか?という質問だ。

これについては、ある上場企業の採用担当者の話が参考になるかもしれない、と思い、話をさせて頂いている。

 

私が1年ほど前ご訪問したある会社で、「エントリーシート」についての話が出た時、その方はこう言った。

「安達さん、エントリーシートって、採用担当者は何を見ているか知ってますか?」

私はいくつかの会社で採用の手伝いをしたことがあったので、こう答えた。「そうですね、学歴、資格・スキル、学業の実績、自己PR欄くらいですかね。あとあれば写真などですか。」

「そのとおりです。ところで安達さん、我々はエントリーシートのどこを一番重視すると思いますか?」

「…?どういうことでしょう。」

要は、エントリーシートの合否をどうやって決めているか、という話です。ご興味ありますか?」

「確かに、興味はあります。」

「何を見ているか、お伝えしましょう。」

そして、その方は次の条件を挙げた。

 

1.ルールを守って書いているか?

記入上の注意を説明会などで話しますが、それを守っているかは重要です。「ここへの記入は必須です」と言っているのに、書かない人や、「黒いペン、手書き」で書いてくださいと言っているのに、ワープロで書いたりする。そういったルール違反は、落とすための格好の口実になります。

中にはルール違反をしたけど優秀な人、というのもいるかもしれませんが、我々が必要としているのは、「ルールを守り、優秀な人」なので。あと、奇をてらう必要はまったくありません。

 

2.読み手を意識している、と思わせるような内容か?

書いてある話題は、なんだっていいんです。サークルの話でも、研究の話でも、どうせ我々に裏は取れません。でも、「読み手」を意識して書いてあるかどうかは一目瞭然です。

ダメなエントリーシートは、「自分目線」ですね。要するに事実を羅列してあるだけ。よく整理はできていますが、まったく面白みがない。よくできているエントリーシートは、「読み手を喜ばせよう」という意識が見えるものですね。「こんな面白いことを考えた」とか、「研究のここが新しかった」とか、要は読み手に「なるほど」と思わせようと努力しているかどうかは重要です。

 

3.自分なりの視点が入っているか?

どこかの就職支援サイトの「自己PRの文例」をコピペして貼り付けたようなエントリーシートをよく見ます。大体同じようなフレーズが多いんで、わかりやすいんですよ。そういったものは「また同じような物が来た」という印象しか受けないですね。落とします。

逆に、「これはいい」と思うようなものは、視点が少し人と違うエントリーシートですね。例えば去年目を引いたのは、まわりのみんなが「自分の強みはコミュニケーション能力があること」と書いているところをあえて、「コミュニケーション能力には自信がないし、本当はコミュニケーション能力など必要ないと思っている。でも、人と協力して◯◯という実績は残した。具体的には◯◯と言う活動をした」と書いてあったら、この学生はコミュニケーション能力がある、と思いますよね。

 

4.「実績」ベースで書かれているか?

「~したい」とか、「~と思っている」とか、そういった「願望系(と呼んでいます)」のエントリーシートはダメですね。ポエムを読んでいるみたいです。骨の太いエントリーシートは「◯◯をした。◯◯という活動を、◯◯という理由で行った。結果は◯◯だった」と、簡潔に、実績ベースで書かれています。こういうのは、判断しやすく、好まれますね。

 

5.読みやすいか?

読みやすさは内容に比べれば重要度は落ちますが、そもそもかなり読みにくいエントリーシートは読んですらもらえない、というのはありますね。適切な位置に改行を入れたり、箇条書きにしたり、読みやすい文章にしようという努力をしている人はそのサービス精神を買いですね。

あとは、結論から書いてあるかどうか、てにをはが正しかったりとテクニカルな部分も見ます。まあ、補助的な要素ですが、読みやすさは大きく変わるので。

 

6.資格・学歴など

学歴や資格は見ます。あくまでも内容を吟味した後、「同じような内容」であれば、学歴の良い方を採用すると言う形に過ぎませんが。まあ、同じような内容である時点で、本当はあまり通したくないのですが…。

 

 

と、いろいろ言いましたが、我々もエントリーシートでその学生のことがわかるなんて、思っちゃいません。篩の一つにすぎないので、仮にある会社で「落ちた」場合でも、別の会社でも落ちるかといえば、そうではないと思います。

でも、何社もエントリーシートで弾かれるようなら、エントリーシートに問題がある可能性もありますね。

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)