logo1wあるGoogleに関する記事があった。

googleの社員が告白するgoogleで働くと最悪なとこ【訳】

出典:元記事(Google Employees Confess The Worst Things About Working At Google | Business Insider

 

Googleの元社員が、Googleを批判している記事なのだが、その記事にこう書かれている。

”不幸にも共通の信念にもかかわらずグーグルのエンジニアのレベルは二流だと思うよ。傲慢でもある。みんな自分が他人よりも秀でてると思っている。だから話すのが友達じゃない限りある問題に関して議論するのがすごい難しい。客観的な議論はレアだ。なのでそれぞれが自分の領域を持ち、他人の意見に関心を示さない。それが神でない限り”

 

客観的にどうかは分からないが、少なくとも彼は中の人は非常に平凡だと指摘している。また、中間管理職も「平凡だ」と述べる。

彼の結論としては、「Googleには、もう有能は人は殆どいない。働くにはイマイチな会社だ」だろう。

 

そりゃそうですよ。

 

つまり

「真に偉大な企業は、平凡な人をして、偉大なことを成さしめる」とわかっていれば当たり前だ。

要は「二流のエンジニア」があれだけ高度な検索エンジンを運営している。GoogleMapを作っている。その事自体が、すごいことである。逆に、天才がいなければ回らないような会社など、存続できない。

 

Googleでの内部の仕事の殆どは、目立ったものではなく、地味な検索エンジンの改良や、使い勝手の向上などに当てられているだろう。おそらくその事自体に特殊な才能はあまりいらないと思う。

しかし、個人の能力が平凡だからといって、それを結集したものが平凡であるとは限らない。大企業における仕事とはそのような仕事だと思う。

 

だから、有能な人だけに囲まれて、自分が好きなことをやりたいなら、Googleのような大企業で働くべきではない。大企業から出て行くことだ。小規模の組織で働けばいい。

多くの起業家のように、自分でリスクを取ることが、正しい選択だ。

 

上の記事で書かれているように、「社員は大きな機械を動かすガソリン」であることは、大企業では当たり前だ。一人がやめたところで、その会社には何のインパクトもない。そして、それこそが偉大な会社であることの証だ。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)