a0008_001857いよいよ確定申告のシーズンとなりました。国税庁のページを見ると、確定申告の受付期間は2月17日から3月17日まで。人によっては大きなお金が戻ってくる可能性もあるので、税金の勉強とおもって申告をやってみるのも良いと思います。

特に今年からは、サラリーマンも様々な必要経費が認められるようになり、ちゃんと申告すれば数万円くらいは還付されるかもしれません。

サラリーマンの必要経費、スーツ、シャツ代もOKに(Yahooニュース)

”控除対象の目安は、年間の給与収入が200万円の人は、経費額が40万円を超えた分が控除対象となる。以下同様に、300万円の人は54万円を超えた分、500万円の人は77万円を超えた分、600万円の人は87万円を超えた分、700万円の人は95万円を超えた分が控除対象となる。”

 

これによると、資格を取得するための費用や、書籍や新聞代、スーツやワイシャツなどの費用も認められるということらしい。コートもOKで、得意先との接待交際費もOK。残念ながら自転車通勤のために買った自転車代などはNG。タクシー代もダメ。

もちろん、医療費や保険、家のローン、寄付などがあったりすればそれらも控除の対象になります。

 

といっても、私も勤め人だった頃は面倒でやっていませんでした。よくわからないし・・・。

 

まあ、でも仕方ないので税務署に行きました。

nihonbashizeimusho

 

で、2階に上がって番号札をとって、担当の人に「か、確定申告できたんですが・・・」というと、何とまあ親切に対応していただきました。

今の時期は相談コーナーのようなものが出来上がっていて、その一角で書き方などを教えてもらえます。その際に、源泉徴収票と、経費の領収証、医療費の領収証など、一式持って行けばスムーズに手続きができます。また、書かなければいけない書類は基本、紙ペラ1枚なので、思っていたよりも全然カンタンです。

 

ちなみに2月12日から3月17日までは、東京国税局に大規模な申告作成、提出のための会場ができるようなので、この期間は大手町の合同庁舎にGOです。

map

 

まあ、Webであれこれ調べるよりも、税務署行ったほうがが早いということが、よくわかりました。

このページから、お近くの税務署を検索!

 

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。