ある本に非常に面白いパズルが例示されていた。これは「例え話」がいかに強力かを示した良い例だと思うので、紹介したい。

プレゼンテーションや、文章を書くときに例え話をよく引き合いに出すが、例え話の出来不出来によって、受け手には大きな差が出ることがわかる。

問題

ある外科医が、悪性腫瘍を治療しようとしている。外科手術は不可能で、放射線を用いる以外に方法がない。

ところが、腫瘍を破壊するだけの強度の放射線を一箇所に当てると、放射線が通過する健全な組織まで破壊してしまう。健全な組織は破壊しないで

悪性腫瘍だけを一瞬で破壊するためには、どうすればよいのだろうか。

これは、引用文献によれば、カリフォルニア大学の心理学者キース・ホリオークとポール・サガート著「アナロジーの力」からの一節である。

かれらはこの問題を大学生を対象とする被験者で調べた所、正解率はたったの10%程度だった。

 

ところが、次の将軍の話を先に読んで、アナロジー(類推)を用いた被験者では、正解率が75%に増加したという。

”問題

ある将軍が、独裁国を攻撃しようとしている。国の中央には独裁者の立てこもる要塞があり、底から周囲に向けて多くの道が延びている。

すべての道には地雷が仕掛けれられているので、少人数しか通り抜けることができない。

ところが、要塞を陥落させるためには、大人数で一斉に攻撃する必要がある。どうすればよいのだろうか”

解答はあえて載せないが、著者はアナロジー(類推)の力について、こう書いている。

”外科医のパズルと、将軍のパズルは一見全く無関係な世界の出来事である。しかし、何らかの「力」を一旦分散させて、再び局所に集中するというアナロジーを見い出せば、

両方のパズルを一挙に解決するということもできたはずである。

2つの問題を結ぶアナロジーには、極めて抽象的な思考力が必要とされる。実際に、この種の能力をコンピュータに組み込むことは、認知科学者にとって大変な難問と考えられている。

しかし、人間はごく日常的にアナロジーを用いているのである”

人間の力とコンピュータの力が対比されることが多いが、人間の力の奥深さにはただ舌を巻くばかりだ。

 

 

 

【お知らせ】
弊社ティネクト(Books&Apps運営会社)が実施したウェビナーを動画配信中です
<ティネクトウェビナー>

【ウェビナー動画】ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します

 ウェビナー動画配信期限:2024年3月31日まで

<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのご提案
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)



ご希望の方は下記ページ内ウェビナーお申込みフォーム内で「YouTube動画視聴」をお選び頂きお申込みください。お申込み者にウェビナーを収録したYoutube限定動画URLをお送りいたします。
お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/2/8更新)