ブラック社長が箱いっぱいの『文房具』を持ってきて、

「さぁ今からコレを売ってこい!」と言う。

新入社員たちはカバンに文房具をつめこんで、

「文房具を買ってもらえませんか?」

と、会社や住宅へ飛び込み営業してまわる……

 

……これは私のブラックな実体験。

 

「新人研修で飛び込み営業をさせる!」

なーんて、聞いただけで卒倒しそうになるでしょう?

しかしこのユニークな新人研修。やってみると身になることも多かった。

 

私はブラック営業会社の課長を務め、

飛び込み営業を指導した新人の数は数百人に上ります。

 

いまから数年前……その日も、一人の新入社員が人生初の飛び込み営業に挑みました。

教育係である私は、背後からそっと新人を見守ります。

 

新人は元気よく、会社に飛び込んでいくものの……

「迷惑です!帰ってください!」と、受付のお姉さんに冷たく追い返されてしまった。

『ひきつった笑顔』で新人が会社から出て来る。

 

自分の新人時代を思い出す、ツライだろう……

何より仕事とはいえ……

『人に迷惑をかけていること』を実感するのがツライ。

 

新人は諦めず、すぐ次の会社に飛び込みます。

しかし次も「いらないよ!」

その次も「他に行ってくれ!」

と、一言も話す間も無なく追い返され続けました。

 

……十数件まわった所で、

 

新人の肩をポンポンと叩いて、

「少し交代しようか?」と声をかけます。

 

新人は『しまった!』という顔をします。

自分が何か不手際をしたと気づくからです。

 

そこから私は1時間ほど、飛び込み営業のお手本を見せてまわります。

その日は、運よく契約がポンポン獲れました。

 

1時間ほどまわり休憩に入ると、

「どうすれば契約が獲れるようになりますか?」

と新人がたずねてきます。

 

……私は決まってこう答えます。

「まず、自分のことを知ろう!」

 

私だったら訪問先で何を言われて傷ついても、すぐに立ち直り元気イッパイです。

しかし新人は「迷惑なので帰ってください!」と言われた後、ひどく動揺し続けていました。

 

こうなると声が小さくなったり、焦って喋り過ぎたり、

あきらかに挙動が不自然になります。

 

営業マンが飛び込んでくるだけでも『十分怪しい』のに、

それを売る人間の『挙動まで怪しい』となれば……

 話を聞いてくれる人はいません。

すぐに追い返されてしまう。

 

頭で思い描いている自分と、周りから見える自分は違うもの……。

例えば思い通りにならないと、すぐイライラしてしまう自分。

人に嫌なことを言われると、すぐ落ち込んでしまう自分。

 

飛び込みで沢山の人と対面して話すことで、

普段は見えない『自分の本当の姿』が見えてくる。

 

そして弱い自分が見えた時、どうする?

そこから立ち直る技も持っていない!

飛び込み研修はそんなことを実感させてくれる。

 

「新人に飛び込みをやらせれば、度胸がつく!」という人もいますが……。

 私が数百人の飛び込み研修を見守った結果……。

 

新人に飛び込み研修をさせると、

『気持ちの切り替えが上手になる』と感じました。

このユニークな研修を行う事で、仕事で困難にぶつかった時、もろくても何度でも立ち上がる!

ゾンビのような社員が育成出来るかもしれない。

 

それはもちろん、研修中に新入社員が辞めなければ・・の話ですけどね。

 

 おわり

 

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

【44】「書くことがない」を解決する

【43】「購買をうながす文章」を書く技術に迫る。

【42】「ライター業でまっとうに稼いでいきたい人」が読むべき話。

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

 

【プロフィール】

著者名:ハルオサン

18歳で警察官をクビになってから、社会の闇をさまよい続けた結果、こんなことを書いて生活するようになってしまいました。

『警察官クビになってからブログ』⇒keikubi.co

ツイッター⇒https://twitter.com/keikubi123

Shena Tschofen