採用について昔から疑問に感じていることがある。それは

「この会社で何をしたいですか?」

という質問についてだ。

 

おそらく、採用の面接の際にこの質問をしない会社は殆ど無いだろう。そして、それに対して応募者は、

「◯◯◯がしたいと思っています。」(◯◯◯は、その会社のホームページや事業案内から取ってきた情報)

と、判で押したように回答する。一種の通過儀礼のようだ。

 

この話を知人にしたところ、「あたりまえじゃない、何が疑問なの?」とツッコまれた。

 

そう、当たり前なのである。だからこそ疑問なのだ。

理由は3つある。

1.何をしたいですか?という質問に対して、殆どの場合応募者は、「御社に入れれば、なんでもしっかりやります」と回答する人が多い。特に社会人経験が長い人ほど、「自分が望む仕事ばかりできるわけない」と思っている。

2.採用側も「◯◯◯がしたいです」と言う応募者に対して、それが叶えられるかどうかは状況次第、保証できないと思っている。

3.「✕✕✕がしたいです」(✕✕✕は、あまり売上が上がっておらず、しぼみそうな事業)という人に対して、門前払いをするかどうか迷う。応募者には社内の情報はわからないはずであり、「✕✕✕」といったことが単なる「研究不足」なのか、「情報不足」なのか、区別がつかない。

 

結局、企業は「やるべきこと」がコロコロ変わるし、「やりたいこと」に関しての応募者と採用側の情報格差もなくならない。だから、「何をしたいですか?」と聞いてもその回答はほとんどその人を入社させるかどうかの判断基準にならない。

 

だから、私は、「何がやりたいのか?」と聞くよりも、「どんな人と働きたいですか?」とか、「どんな職場が理想ですか?」とか、「もし◯◯◯という状況に置かれたら、どのような行動を取りますか?」とか、その人の仕事の希望よりも「考え方」や「人とのつきあいかた」を聞けるような質問をしなければ、と考えている。

所詮、「仕事の希望」など、うちの会社に応募してきている時点でだいたい向こうもわかっているだろうし、希望は所詮希望でしかない。

 

そんなわけで、「何がやりたいのか?」と聞くことは、時間の無駄とまではいかないが、あまりよい質問とは思えないのだ。

【お知らせ】
「生成AIは思ったより大したことなかった」とお考えの方、それは間違いです。 プロはプロのスキルを駆使して生成AIを想像以上に使いこなしています。今回のティネクトウェビナーではプロがどのように使いこなしているかをご紹介します。
<2024年6月24日実施予定ウェビナー>

なぜ生成AIで"思い通りに"キャッチコピーや記事が作れないのか?

【内容】
1.なぜ生成AIで上手くキャッチコピーやSEO記事が作れないのか?
2.マーケティング自動化支援ツール”Automagic”のデモンストレーション
3.Q&A

【対象者】
・大企業・中堅企業の役員、および企画部門、マーケ部門
・マーケティング会社・代理店・PR会社の管理職
・スタートアップ企業の経営層
・フリーランス/個人のコンサルタント

【講師紹介】
元電通コピーライター 「言葉にできるは武器になる」
著者 梅田悟司
ティネクト代表取締役社長 「頭のいい人が話す前に考えていること」
著者 安達裕哉


日時:
2024年6月24日(月)18:00〜19:30
参加費:無料  
Zoomウェビナーによるリアルタイムストリーミング配信となります。


お申込みは こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/6/2更新)