採用について昔から疑問に感じていることがある。それは

「この会社で何をしたいですか?」

という質問についてだ。

 

おそらく、採用の面接の際にこの質問をしない会社は殆ど無いだろう。そして、それに対して応募者は、

「◯◯◯がしたいと思っています。」(◯◯◯は、その会社のホームページや事業案内から取ってきた情報)

と、判で押したように回答する。一種の通過儀礼のようだ。

 

この話を知人にしたところ、「あたりまえじゃない、何が疑問なの?」とツッコまれた。

 

そう、当たり前なのである。だからこそ疑問なのだ。

理由は3つある。

1.何をしたいですか?という質問に対して、殆どの場合応募者は、「御社に入れれば、なんでもしっかりやります」と回答する人が多い。特に社会人経験が長い人ほど、「自分が望む仕事ばかりできるわけない」と思っている。

2.採用側も「◯◯◯がしたいです」と言う応募者に対して、それが叶えられるかどうかは状況次第、保証できないと思っている。

3.「✕✕✕がしたいです」(✕✕✕は、あまり売上が上がっておらず、しぼみそうな事業)という人に対して、門前払いをするかどうか迷う。応募者には社内の情報はわからないはずであり、「✕✕✕」といったことが単なる「研究不足」なのか、「情報不足」なのか、区別がつかない。

 

結局、企業は「やるべきこと」がコロコロ変わるし、「やりたいこと」に関しての応募者と採用側の情報格差もなくならない。だから、「何をしたいですか?」と聞いてもその回答はほとんどその人を入社させるかどうかの判断基準にならない。

 

だから、私は、「何がやりたいのか?」と聞くよりも、「どんな人と働きたいですか?」とか、「どんな職場が理想ですか?」とか、「もし◯◯◯という状況に置かれたら、どのような行動を取りますか?」とか、その人の仕事の希望よりも「考え方」や「人とのつきあいかた」を聞けるような質問をしなければ、と考えている。

所詮、「仕事の希望」など、うちの会社に応募してきている時点でだいたい向こうもわかっているだろうし、希望は所詮希望でしかない。

 

そんなわけで、「何がやりたいのか?」と聞くことは、時間の無駄とまではいかないが、あまりよい質問とは思えないのだ。

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。