最近読み直していて、結構なインパクトがあった本がある。

元GoogleのCEO、エリック・シュミットが書いた、「1兆ドルコーチ」だ。

 

「1兆ドルコーチ」とは、シリコンバレーで活躍したビル・キャンベルというコーチのこと。

何を大げさな、と思う方もいるだろうが、「1兆ドル」は決して大げさな表現ではない。

ビル・キャンベルは1兆ドルにも値するコーチだった。いや、1兆ドルは彼が生み出した価値に遠くおよばない。

彼はスティーブ・ジョブズがつぶれかけのアップルを立て直し、時価総額数千億ドルの会社にするのを助けた。ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、エリックがスタートアップだったグーグル(現アルファベット)を時価総額数千億ドルの企業にするのを助けた。これだけでも1兆ドルを大きく超えているが、ビルがアドバイスした企業はほかにも数知れない。

彼がコーチした人たちの名には、元アメリカ副大統領や、スタンフォード大学の元学長なども含まれており、彼は疑いようもなく、当代随一のコーチだった。

 

エリック・シュミットは著作の中で、

「ビル・キャンベルは何をしたか」

「ビル・キャンベルはどうやってコーチをしたか」

を詳細に記述し、誰にでも利用できるよう「コード化」を試みたという。

 

実際、私自身もこの「コード化」された内容を読みたいと思い、この本を手にとった。

 

だが、おそらく「コーチのテクニック」を期待して読んだ人は、期待はずれだろう。

なぜなら「目新しいこと」はなにもないからだ。

 

実際、紹介されているのはテクニックですらない。

書かれていることは人間性の本質そのもので「当たり前。だが実践は難しい」ことがワンサカ書いてある。

イメージとしては「論語」に近いだろうか。

 

 

だがこの記事で書きたいのは、ビル・キャンベルのコーチングの中身ではない。

実は、それよりも遥かに大きな発見があった。

 

「利口ぶるやつはコーチできない」

それは、以前には読み飛ばした項目だった。

ビル・キャンベルが「コーチを引き受ける前に、コーチが可能な人物かどうか、テストしていた」という事実だ。

 

ビル・キャンベルは、コーチングを受け入れられる「コーチャブル」な人だけをコーチングしていた。

「でもそんなことはどうでもいい」とビルは言い放った。

「私が知りたいのはただ一つ。君はコーチングを受け入れられるか?」ジョナサンは反射的に、そしてまずいことにこう答えた。

「コーチによりますね」

まちがった答えだ。

「利口ぶるやつはコーチできない」ビルはぴしゃりと言った。

彼が面接をおしまいにして、立ち上がって出ていこうとしたその瞬間、ジョナサンはエリック・シュミットが誰かにコーチングを受けているらしいという話を思い出した。

 

厳しい。

「コーチングを受け入れられるか?」という質問に対して「コーチによりますね」という回答は、「いかにも言われそう」なものだ。

だがビル・キャンベルは、その一言でさっさと席を立った。

 

ビル・キャンベルが「コーチ相手」に求めた資質は何より、正直さと謙虚さだったという。

だからコーチ不可能な人物にはあっさりと、「おまえは利口ぶるやつだ」 = 「嘘つきで傲慢」と言ったのだ。

 

そこには一切のごまかしがない。

 

これまで私は漠然と「世界一のコーチなら、誰でもポジティブに変えられるのでは」と思っていた。

でも、全く逆だった。

「世界一のコーチは、コーチ可能な人物だけに支援を提供していた」のだ。

 

心が弱い人には「コーチング」も「指導」も機能しない

「コーチャブル」という概念に、まだピンとこない方もいるかも知れない。

だが「コーチング」を機能させるためには必須である。

 

為末大氏が松下幸之助の言葉を引用し「受け入れるなら万物は師となる」と述べているが、「あらゆることから学べる」という概念は自己革新の鍵である。

ビル・キャンベルも松下幸之助と同様の境地にたどり着いたのだろう。

スタンフォード大学の元学長は、ビル・キャンベルがウソつきを嫌っていたことを次のように述べている。

ウソつきは、コーチャブルではない。そういう輩は、そのうち自分の言葉を信じはじめる。自分のウソに合わせて真実を曲げるから、余計にたちが悪い

 

だが、この指摘が正しいならば、数々の研究結果が「大半の人間は事実を認めようとしない」と示しているとおり、「コーチングが機能する人は少ない」ということになる。

人は自分の信念に反する事実を突きつけられると、過ちを認めるよりも、事実の解釈を変えてしまう。

まとめると、以下のようなことが言える。

1.人は、基本的に間違いを認めない。事実の解釈を変えるほうが得意である。

2.間違いを指摘すると「私は嫌われている」「この人は失礼だ」と解釈されてしまう可能性もある。

 

この本に付けられている、一部のAmazonのレビューを見ても、「コーチャブルではない人」がどのような存在かはよく分かる。

 

「何を言っても無駄な人」は存在する

私は仕事柄、多くの会社が「コーチャブルではない社員」に悩むのを目にしてきた。

彼らは何を言っても、その場しのぎの返答だけで、行動が変わることがない。

 

「なぜ行動を変えないのか」と聞くと

「時間がない」

「権限がない」

「わからない」

「やりたくない」

の「4ない」で、話は終わる。

 

彼らは一見謙虚に見えるが、その実は非常に傲慢で、経営者や上司、同僚を見下している。

ビル・キャンベルが言うところの、「利口ぶるやつ」だ。

 

そういう方に対しても、実に辛抱強く付き合う人がいた。

部下の言動に真剣に悩む上司もいた。

「いつか気づいてくれますよ」という社長もいた。

 

でも、そうした努力は常に徒労に終わる。

 

もういいではないか。

世界一のコーチですら「利口ぶるやつはコーチできない」つまり面倒は見ない、と言い切っているのだ。

そういう人々と信頼を築くことは不可能だと割り切ろう。

 

むしろ、彼らも「自己革新」など望んではいない。

彼らは「現実」を見たいと欲していないし、現状を変えたいという欲求も本気ではない。

 

そういう人々に現実をつきつけるのは、むしろ迷惑行為なのだ。

「大人」とは「本当のことをわざわざ言わない人々」

これは言い方の問題ではない。

「知らない権利」の問題である。

 

真実は残酷だ。

殆どの人間は大した能力を持たないし、誰もが羨む成功とも程遠い。

唯一できることは「自分の主観的な世界」を整えて、どうにか折り合いを付けていくことだけだ。

 

だから人を傷つけない「大人」は多くの人にとって望まれる。

真実かどうかよりも、「主観的な世界」を心地よくしてくる人のほうが、社会的に歓迎される。

 

「知りたくもないこと」を本人に突きつけて「現実を見せる」などというのは、単なる下品な悪趣味であり、エゴである。

 

だから「素直じゃない人」を気に病む必要なんてない。

 

時間の無駄だから、さっさとそこを去って、自分と仲間のために仕事をしよう。

そして、もっと有意義で、楽しいことに時間を使おう。

 

 

【お知らせ】
対応せざるを得なくなった顧客接点の「オンライン化」。オンラインでの顧客接点を増やすためのコーポレートサイト活用方法。
広報部だけでなく経営幹部、経営/営業企画部の方こそ聞いて欲しいコーポレートサイト運営に関わる全ての人に役に立つBooks&Apps主催オンラインセミナーです。
<セミナータイトル>

なぜ御社のコーポレートサイトは全く成果を産まないのか?

<内容>
1.「法人」がPRするとは?
2.顧客接点の「オンライン化」やれることたくさんある
  2-1.コーポレートサイトのメディア化
  2-2.web上でPRする
  2-3.SNSとメルマガの有効活用
3.サイト運営のタスクとコスト
4.Q&Aタイム

日時:
2020年9月16日(水)15:00〜17:00
2020年9月28日(月)10:00〜12:00
参加費:無料 
定員:各300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2020/8/28更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

◯Twitterアカウント▶安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書

◯安達裕哉Facebookアカウント (他社への寄稿も含めて、安達の記事をフォローできます)

Books&Appsフェイスブックページ(Books&Appsの記事をすべてフォローしたい方に)

◯ブログが本になりました。

 

Photo by jesse orrico