久しぶりの記事となってしまった。

実はプライベートでとんでもない事があって一ヶ月も原稿を落とす事になってしまった。

 

ま、それについては全てが終わったら書くとして、今日は朝サウナという超絶素晴らしいライフハックをご紹介したい。

特に夜型から朝型にライフスタイルを変えたいと思ってる人には非常に参考になる話だと思う。

 

サウナほどお手軽なリラクゼーション施設はない

以前に何度か書いたのだが、一昨年あたりからサウナの素晴らしさに目覚めてしまい、通いつめている。

究極の愉悦、「交互湯」を知ってしまった。

幼い頃、銭湯にある水風呂の意味がサッパリわからなかった。

ちょっと足をつけただけでギャァと叫びたくなるような冷たいものが、本来温まる目的のはずの風呂場に置いてる理由が皆目見当がつかなかったのだ。

「あれは罰ゲーム以外の何に使うんだろう?」

ずっとそう思っていた。交互湯の愉悦を知るまでは。

サウナがどう凄いかを一言でいえば

「一発キメれば、最低でも気持ち良く運動した後の爽快感をぼほ100%の確率で得られ、運が良けりゃ天にも登るような快感を得られる」

とでもいえばいいだろうか。

あまりにも頭がシャキっとするので、終わった後はヤバい薬でも一発キメたかのような感じになる。

 

「運動と似たようなもんなの?じゃあ運動すればいいじゃん」と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、運動で爽快感を得るのは気合や体力、時間など、それなりに手間がかかる。

 

が、その点サウナは超お手軽だ。思い立ったら行けばいい。

難しさなんてゼロで、体力も全く必要ない。

所要時間も一時間程度と、費用対効果を考えるとあまりにも簡便過ぎる。

 

なんていうか、身体メンテナンスとして凄く敷居が低いのである。

事前に予約の必要もなく、友人を誘う必要もない。

気が向いた時にブラっと1人で好きな時、好きなタイミングでいけばいい。

 

こんなお手軽なリラクゼーションはちょっと他にはない。

お手軽なだけでなく、得られる効用がまた絶大だ。

僕はサウナを通じて”神”に会った事がある。

 

こう書くと頭がいっちゃった人みたいだが、サウナ通いしている人ならばウンウンと頷いてくれる人も多いだろう。

サウナは本当に超コスパに優れた、忙しい現代人の必須科目といっても過言ではない。

 

朝サウナでその日一日を最高にスタートする

日本のサウナは凄く簡単にいうと2種類ある。

いわゆる銭湯に併設されているものと、スパ施設的なものだ。

 

銭湯併設型のいいところは、雰囲気の素晴らしさと値段の安さである。

あのノスタルジックな雰囲気に浸りつつ、広々とした風呂に入るのは最高に素晴らしい。

 

ただ…銭湯型の施設は1つだけ難点がある。

スタート時間が遅いのである。

例外はあるにしろ、多くの銭湯は15:00~スタートで、早朝対応している所は非常に少ない。

 

先程、サウナに入ったらヤバい薬を一発キメたかのような感じになると書いたが、サウナ後の頭のメガシャキ度はマジで半端ない。

個人的にはサウナ後に勉強や読書をやると、3倍ぐらい効率が上がる気がする。

アメリカでは覚○剤的なモノを打って勉学に励む大学生が社会問題になっているらしいが、サウナなら完全に合法でそれがやれる。

 

と、なればである。15:00までメガシャキ状態になれないのは非常に勿体ないなと次第に思うようになってしまったのである。

どうにか朝起きて即サウナをキメられないもんかな、と思いアレコレいろいろと調べてみたところ、スパ施設に併設されているサウナは早朝利用が可能なところが結構ある事に気がついた。

 

スパ施設併設型のサウナは設備はよいところが多いのだが、難点として銭湯型と比較すると少し値段が高い。

しかし…朝からメガシャキをキメて、ロケットスタートを切れるのなら…その代償もやむなしか…と朝サウナを生活に取り入れたのだが、これが本当に大正解であった。

生産性があがったのみならず、副産物として早寝早起きも手に入ってしまったのである。

 

あなたが早起きできないのは、早起きするインセンティブがないから

いま僕はほぼ毎休日、池袋のかるまるという施設に行っている。

ここはいい。凄く良い。

この施設の素晴らしさは既に様々な方が語っているので詳しくは述べないが、東京でも数少ない快楽の果てまでぶっ飛べるサウナがある事だけは確かだ。

ぜひとも儲かりまくって、支店をバンバン出す等、栄えまくって欲しいと切に願う。

 

僕はここであまりにもガンギマリしすぎて、神の実存を確信するレベルで陶酔した事もある。

よくもまあこんな凄いものが街中にポツンとあるもんである。

 

たとえ宗教にガチで入信したとしても、神なんて滅多に会えるものではない。

それがここ、池袋かるまるには”居た”のだ。まあ見た目は単なる雑居ビルなのだが…

 

この施設の素晴らしさはひとまず置いておくとして、ここでは朝サウナ最大の効用である”朝型人間製造機能”について述べるとしよう。

 

実は僕は自他共認める超絶・夜型人間であった。

深夜に酒を飲みながらダラダラとくだらないツィートをするのが何よりも好きだった、完全☆自堕落人間である。

夜ふかしがあまりにも好きすぎて、自分が朝型になるだなんて一ミリも思わなかったのだが、池袋かるまるにて最高の休日をスタートしまくってるうちに、いつしか早起きが完全に習慣化されてしまい、今では毎日夜の9時には寝てる有様である。

 

一体何が自分を変えたのか?

それは「朝起きたい」という強い動機である。

池袋かるまるに行けさえすれば、神に会えたかのような快楽に間違いなくありつける。

その魅力が僕の脳を根本から変えた。

 

こうして、毎週まるで”遠足が楽しみで寝られない子供”みたいになってみて、僕は「ああ…自分は夜型だったんじゃなくて、単に夜の方が朝より楽しい事が多かったんだな」という事に気がついた。

サウナを始める前の自分にとって、夜は全てから開放される唯一の自由時間だった。

ワインを片手に、だらだらと「あーでもないこーでもない」とインターネットを漂いながら思索を巡らせる時間には全てからの開放感があった。

 

それと比較すると…朝には何もなかったのである。

少なくとも魅力的なものは何も。

夜という素晴らしい時間を削って早起きをするよりも、夜ふかしをして惰眠を貪って昼ごろまで寝ている方が…どう考えても”気持ちよかった”。

 

それが朝サウナを始めてから力関係が完全に逆転してしまった。

僕は夜ふかし以上に楽しいことなどこの世にないと思っていたが、朝サウナはそれを超えた。

今では朝にシャッキリしてから、最高の状態で休日をスタートするのが何よりの楽しみである。

 

どんなに落ち込んだ時でも、ルーティンは自分を救ってくれる

冒頭でも書いたが、実はここ一ヶ月ほど人生で最悪と言っても過言ではない時間を過ごしていた。

あまりの熾烈さに、もともとデブ体質だった自分が激ヤセしたほどで、ちょっと本当に気が狂ってしまうんじゃないかというレベルの厳しさだった。

 

そんな時に自分を支えてくれたのも、また朝サウナだった。

熱気が漂うサウナルームにて、あぐらをかいて目をつぶり、心を無にして瞑想している間だけは一切の苦から逃れられた。

 

みなさんにもシンドイ時、様々な方法で心を休ませる方法があると思う。

酒に逃げる人もいれば、暴飲暴食に逃げる人もいるだろう。

 

僕も並程度の苦ならばそれらで今までどうにかできていた。

だが、今回の苦難はケタが違っていた。

グルメ趣味の自分が食事も喉を通らなくなり、酒が大好きだった自分が酔って現実を見失うのが怖すぎて、酒を一滴も飲めなくなってしまう有様である。

 

本当に…あまりにも全てが桁違いな”苦”だった。

全てのエネルギーをかけて取り組み、今はなんとか脱出の目処がたった状況だけど、もう二度とあんな経験はしたくない。

本当に壮絶な一ヶ月だった。

 

そんな時でも、サウナだけは行けた。行けたのだ。

メシも酒も駄目だったのに、サウナだけは唯一心を開放できた。

一ヶ月前の自分にサウナが無かったと思うと…ゾッとする。

 

心境的には色々と限界間近だったけど、週末まで耐えきれば池袋かるまるに行ける。

そのルーティンだけが自分をギリギリで動かしていたといっても過言ではなかった。

 

「ああ、自分の中に”きまり事”があるって、凄くいいな」

 

予約や計画が全く必要ない、心が休まる場所を、自分の生活習慣の中に取り入れられたから僕は心を壊さずに何とかやりきれたのかもしれない。

本当、そのレベルで自分で何かを考えて決断するのが無理な状況だった。

 

貴方も、週末にルーティンとして心が休まるお手軽な活動を取り入れられたら…僕と同じようにいつかそれに救われるかもしれない。

僕はたまたま朝サウナがそれに該当したけれど、そういったモノを見つけ出せたとしたら、きっと貴方の人生に今後、大いに役立つ。

サウナに人生を救われた僕が言うのだから、間違いない。

 

サウナに人生を救われるだなんて、サウナ通いを始めた時は思いもしなかった。

けど、こうして振り返ってみると人生って本当によくできたもんだなって、今は思う。

 

ほんと人間、何があるかわからない。

だから余裕がある時こそ、新しい何かを始めてみて欲しい。

それがギリギリで貴方を助けてくれる、かもしれないのだから。

 

 

【お知らせ】
コンテンツ制作を中心に企業のコンテンツマーケティング支援を行なっている弊社ティネクト(Books&Apps運営会社)と
オウンドメディアを運営し圧倒的成果をあげている株式会社キーエンスさんとの共催オンラインセミナーを開催します。

<2021年10月5日実施セミナー>

キーエンスのコンテンツマーケティングの凄さはコンバージョン後にある


<内容>
第1部:なぜ今多くの企業がコンテンツマーケティングを必要としているのか?
講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅

第2部 データを使ったターゲティングについて 
講師:株式会社キーエンス データアナリティクス事業 マネージャ 柘植朋紘様

第3部 コンテンツマーケティングの運営者だけが知る裏話 
トーク:柘植(キーエンス) × 倉増・楢原(ティネクト)


日時:2021年10月5日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。



お申込み・詳細はこちら ティネクト最新セミナーお申込みページをご覧ください

(2021/9/15更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

名称未設定1

高須賀

都内で勤務医としてまったり生活中。

趣味はおいしいレストラン開拓とワインと読書です。

twitter:takasuka_toki ブログ→ 珈琲をゴクゴク呑むように

noteで食事に関するコラム執筆と人生相談もやってます

Photo:Fabian Reus