京セラの創業者である、稲盛和夫氏の本を読んでいて、一つのエピソードが目に留まった。

稲盛氏が若いころ、松下幸之助の講演会に出たときの話だ。

 

松下幸之助は講演会で、景気が悪くなった時のことを考えて、余裕のある時に蓄えをする「ダム式経営」をしなさい、と述べた。

ところが質疑応答の時、一人の中小企業経営者がこう言った。

 

「ダム式経営をしなければならないことはよくわかります。何も松下幸之助さんに言われなくても、中小企業の経営者はみんなそう思っています。しかし、それができないので困っているのです。どうすれば余裕のある経営ができるのか、その方法を具体的に教えてもらわなきゃ困ります。

 

すると松下幸之助は、たいへん戸惑った顔をして、しばらく黙った。

そしてポツリと言った。

「いや、それは思わんとあきまへんなぁ」

 

すると、聴衆のあいだから「答えになってないよ」と、失笑が漏れたそうだ。

 

この話を読んで、強く思い出した。

「昔、私もそんな感じのことを言われたな。」

と。

 

本気ではない人に、いくら教えても、無駄なんで

新人の時、私は先輩コンサルタントが主催する勉強会に出た。

詳細は忘れてしまったが、読書についてだったと記憶している。

 

だが、当時の私は、読書の時間を作っていなかった。

そこで、先輩にそれを質問した。

「忙しい時に、どうやったら本を読む時間を作れますか」と。

 

ところが、その主宰者は言った。

「時間は作りなさい。」

 

あまりにも抽象的だと思ったので、私は言った。

「そのやり方を、具体的におしえてほしいのです。」

 

ところが先輩は言った。

「本当に私が言ったとおりにやりますか?」

 

先輩に詰められ、私はドギマギしてしまった。

「え……、参考にします。」

 

先輩は冷たく言った。

本気ではない人に、いくら教えても、無駄なんで。

 

甘さを見抜かれた

私は先輩に「くだらない質問をするな」と怒られたのだと理解した。

仮にも、コンサルタントという職業に就いた人間が、「本を読む時間を作るにはどうしたら良いですか」など、聞くべきではないのだ、と。

 

しかし、時間がたつと、もう少し本質的なものが見えた。

要するに、私の甘さを、先輩は見抜いていたのだ。

 

確かに、本気の人物は「時間が作れない」などとは、言わない。

何が何でも、本を読もうとするはずだ。

 

稲盛和夫氏の上のエピソードも、「できればいいなあ」という程度であるならば、絶対に高い目標や夢は成就しない、とつづられている。

しかし、私はその瞬間、身体中に電撃が走るように思いました。

幸之助さんのつぶやきとも取れる「思わんとあきまへんなぁ」という一言に込められた、万感の思いのようなものに打たれたのです。

 

「思わんとあきまへんなぁ」──この一言で、幸之助さんは、こんなことを伝えようとしていたのではないでしょうか。

 

「あなたは、そういう余裕のある経営をしたいと言います。でも、どうすれば余裕ができるかという方法は千差万別で、あなたの会社にはあなたの会社のやり方があるでしょうから、私には教えることができません。しかし、まずは余裕のある経営を絶対にしなければならないと、あなた自身が真剣に思わなければいけません。その思いがすべての始まりなんですよ」

 

つまり、「できればいいなあ」という程度であるならば、絶対に高い目標や夢は成就しない。

余裕のある経営をしたいと本気で思っているかどうか。本気であれば、そのための具体的な方策を必死で考え、必ず「ダム」を築くことができるということを、幸之助さんは言いたかったのです。

経営者たちが「具体的にどうすればいいか教えてください」などと、子供のように松下幸之助に尋ねている。

それがあまりにも稚拙だったので、松下幸之助は戸惑ったのだろう。

「君たちは子供か」と。

 

ただ、松下幸之助は優しい人だったのだろう。

「本気ではない人に、いくら教えても、無駄なんで。」と言わず、「思わんとあきまへんなぁ」と言ったのだ。

 

やってから聞け

それ以来、大事なことを人に聞くときには「やってみて困った部分を具体的に」聞くようにした。

 

そうすれば、相談される側も、具体的なアドバイスが可能だ。

先輩の時間も無駄にしない。

 

「抽象的な質問には、抽象的な回答だけがある」

が、「具体的にやってみたことに対しては、具体的な返答が得られる」のだ。

 

 

最近では新人に対しては「気軽に聞いて」という風土のほうが良い、とされているケースも多いと聞く。

確かに、作業のとっかかりなどは、そのほうが良い時も多いのだろう。

 

が、どんな場面でも、それは妥当ではない。

特に、本気度が問われるとき。

 

「本気でない人には、いくら教えても、無駄なんで。」

は、私の心にずっと残っている、先輩の名言である。

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
面白いオウンドメディアの運営方法。
となりのカインズさん400万pv・さくマガ70万pv・Books&Apps230万pvの編集長によるクロストークイベントを開催します。
※上記pv数はそれぞれのメディアの直近1年以内の最高月間pv数

<2021年12月15日実施イベント>

面白いメディアの運営方法。成功しているオウンドメディア編集長が語る「なぜ面白いコンテンツが必要なのか?」


<内容>
第1部:なぜ今多くの企業がオウンドメディアを運営しているのか?
登壇者:ティネクト取締役 楢原

第2部:となりのカインズさん・さくマガ・Books&Apps編集長によるクロストーク
テーマ:面白いオウンドメディアの運営方法。

登壇者:
となりのカインズさん:清水編集長(株式会社カインズ)
さくマガ:川崎編集長(さくらインターネット)
Books&Apps:安達編集長(ティネクト)

ファシリテーター:倉増(ティネクト)

(トーク内容)
おもしろい記事は、誰が/どうやって作っているの?
あなた(編集長)にとっての「おもしろさ」とは?
ダメな記事、良い記事の基準
なぜ、ほとんどの企業のメディアはつまらないのか?
etc


日時:2021年12月15日(水)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2021/11/22更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書