早いもので、もう師走ですよ。いやー早い。

今年はみんな忘年会するんですかね。できるんですかね。

 

そういえば、ハラスメントを未然に防ぐ「ハラミ会」なるものが以前話題になっていた。

女性がいつどう傷つくかわからない、うっかりセクハラしてしまう可能性がある。

だから飲み会には女性を呼ばずに男性だけで行こう、という考えのことらしい。

 

女性を排除することで、コミュニケーション齟齬によるトラブルのリスクを下げるこのやり方は、さまざまな議論を呼んだ。

「女性排除は差別」「解決ではなく逃避」とかね。

 

個人的なハラミ会への賛否はともかく、このご時勢、ハラミ会は「当然の選択肢」だと思う。

コミュニケーションリスクがめちゃくちゃ高い以上、相互理解なんて諦めてそもそも関わらないことことが、「最適解」になりうるのだから。

 

オンラインゲームなのにだれも発言しない理由

オンラインゲームをやる人であれば、「コミュニケーション拒絶が最適解」という気持ちをわかってくれると思う。

 

こっちが親切心で「装備が弱いので新調したほうがいいですよ」と言っても、それが「知らない人に責められた」ことになってしまう。

「アイテムを使っていないみたいですが、わからないなら教えますよ」と言っても、それが「プレイスタイルの強要」になってしまう。

 

実際、そういう「晒し」を何度も見た。

相手は丁寧な口調でまっとうなアドバイスをしているのに、ヘタを通り越して地雷行為をしている人が、「知らない人にこんなこと言われたんです! ひどいよね? わたしかわいそうだよね?」と、相手の名前がわかるように晒しツイートをするのだ。

 

もちろん、アドバイスに対して「知りませんでした、ありがとうございます!」と言ってくれる人も多い。

でも「なんてひどいことを言うんだ!」と怒ったり、ショックを受けたりする人も一定数いる。

 

運悪くそういう人に出会うと、相手が大騒ぎして通報、最悪「アドバイスをした親切な人」のアカウントが停止されるのだ。

たまったもんじゃない。

 

相手がどういうリアクションを取るかわからない以上、オンゲー(オンラインゲーム)でコミュニケーションをとるなんて、リスクが高すぎる。

どんなゲームにも、途中離脱機能やキック機能(特定プレイヤーを追い出すシステム)があるからね。

「ハズレ」を引いたら、自分が抜けるか相手を追放すりゃいい。

 

だから「わかりあう」なんて最初から諦めて、「やばい人とマッチングした」と割り切って無言で遊んだほうが無難、という結論になるのだ。

 

傷ついた弱者を守るための「コミュニケーションリスク」

コミュニケーションの拒絶が最適解になった理由は、世界が「傷ついた弱者」に優しくなったからだと思う。

 

昔のMMORPGは、良くも悪くもプレイヤー同士のやり取りがさかんだったと聞く。

それには当然トラブルがつきものだが、「火事と喧嘩は江戸の華」のように、「それもゲームの醍醐味」というような空気だったそうだ。

 

運営側も、良くも悪くもプレイヤー任せ、放置だったらしい。

まぁ、いまほどSNSが普及しておらず、オンラインゲームはあくまでクローズドな空間だったからなんだろうけどね。

 

でもいまは、「他人を傷つけること」の罪が、明らかに重くなった。

ヘタクソでまわりに迷惑をかけている人に、「もっとこうしてください」と言うことすら、「一生懸命やってる人に対してひどい!」と言われるご時勢だ。

 

まわりがガンガン指摘すれば、それを受けてその人はメキメキうまくなるかもしれない。

でもアドバイスを嫌がる人だった場合、アドバイスをした側が悪者になるかもしれない。

 

だから、最低限「よろしく」「ありがとう」とだけいって、あとは無言が無難。

こんな空気なものだから、運営側も「厳しい取締り」を要求されがちだ。

迷惑プレイヤーを放置する運営は、「害悪プレイヤーを容認した罪」でプレイヤーから糾弾されるからね。

 

「健全化」といえば聞こえはいいが、タブーが増え罰則が厳しくなると、結果的にプレイヤーに「重いコミュニケーションリスクを追わせる」ことになる。

そうなるとまぁ、だれもなにも発言しないよね。リスクが高いもの。

で、「やばいヤツに当たったら抜けよう」「さっさと終わらせて次はうまい人と当たるのを祈ろう」となるわけである。

 

迷子の幼女を見過ごす大人…だって通報されたくないから

コミュニケーションリスクの高まりは、リアルでも顕著だ。

 

授業をサボろうとする生徒の手を教師が引っ張ったら「体罰」。

子どもが泣き喚くからきつく叱ったら「虐待」。

ミスをした部下に意見を聞いたら「ハラスメント」。

 

これらは、体罰や虐待やハラスメントを減らし、より多くの人がしあわせに暮らすための枷だ。

これ自体が悪いことではない。決して、ない。

 

でも弱者を守るために「傷つけること」の罪が重くなればなるほど、「加害者になる可能性が高まる」という側面があるのも事実。

 

たとえば以前、「救命のために男性が女性の服を脱がしAEDを使うことをどう思うか」なんて議論が盛り上がっていた。

どうもこうも、命に関わる非常事態なのになにを言ってるんだか。

と、呆れる人も多いだろう。

 

しかし、たとえ「人の命を救うために尽力した」という正しさがあっても、女性が「見知らぬ男性に服を脱がされて嫌な思いをした」と言えば、その行為は「悪」になる可能性がある。

悪者になる可能性がゼロじゃない以上、リスクを考えて、倒れている女性を無視する男性がいてもふしぎじゃない。

 

そうそうちょうど先日、『びしょびしょの4歳児、通り過ぎる大人 中学生は見過ごさなかった』なんてニュースも見かけた。

そりゃそうだよ。大雨のなかとぼとぼと歩く幼女に声をかけたら、大人は通報されるかもしれないもの。

そんなリスクを冒せるか?

 

他人を傷つけた人は批判され、罰せられる。

だから、「加害者にならない最も確実な方法は他人と関わらないこと」という結論になる。

それを、だれが責められるのだろう?

 

加害者にならない確実な手段は、他人と関わらないこと

問題は、「正しいかどうか」より「相手が傷ついたか・嫌な気持ちになったか」が焦点になると、一度「加害者」認定されてしまった人はどうしても分が悪いことにある。

 

「正しさ」の話であれば、証拠を集め論理的に釈明すればいい。

しかし「傷ついた」という人の言い分を否定して自己弁護すれば、相手をさらに追い詰めることになりかねない。

そして、「それこそが加害者の証明」といわれたらもうお手上げだ。

 

まぁ、正当性があるからって他人を傷つけていいわけではないしね。

とはいえ「傷つく」線引きは人によって大きくちがうから、「他人を傷つけないようにする」というのもなかなかむずかしい。

 

だからみんな、加害者にならないように、コミュニケーションの拒絶を選ぶ。

そもそも関わらなければ、トラブルなんて起こらないから。

 

で、こういう話のなかでよく言われるのが、「ふつうにしてたら大丈夫でしょ。こういう世の中になって肩身が狭くなるのは、いままで無意識に人を傷つけてきたから」というやつ。

「お笑い芸人が『外見いじりができないとなにも言えない』って言うけど、そもそもそれがまちがってるんだよ」と同じような意見だ。

 

それはたしかに一理あって、良心的な言動を心がけ、現在の価値観に敏感に適応すれば、コミュニケーションリスクはかなり低い。

しかし世の中には「しょっちゅう加害者になる危険人物」がいるのと同じように、「しょっちゅう被害者になる危険人物」もいるのだ。

 

たとえば、自由参加の職場飲み会に誘われただけで「セクハラ」としてツイッターにお気持ち表明する人。

上司からのアドバイスを「パワハラ」として人事部に報告する人。

ゲーム内でクリアのために解説されたら「プレイスタイルの強要」として通報する人。

 

たいていの人が「いやいや騒ぎすぎだろ……」と思うようなことであっても、本人が「傷ついた」と言えば、その人は被害者であり、あなたは加害者になるかもしれない。

相手がそういうタイプの可能性がある以上、こういったコミュニケーションリスクは、いかに自分が気をつけていてもゼロにはならないのだ。

 

コミュニケーションをとらないことが最適解の世界

傷ついた人に寄り添うことが「善」の世界では、コミュニケーションリスクがアホみたいに高い。

だから結局、「関わらない」が最善になってしまう。

ハラミ会が話題になったのも、オンラインゲームなのに全員無言で協力しようとしないのも、みーんな「他人と関わるリスクを取りたくないから」。

 

つい先日、YouTubeにおいて、低評価数が非表示になったのもそうだ。

荒れるかもしれないから非表示にするという処置は、「視聴者とのコミュニケーション拒絶」ともいえる。

 

小室圭さん、眞子さんが文章で言いたいことだけ言って高飛びしたのも、「国民とのコミュニケーション拒絶」の結果だろう。

で、結局のところ、それが認められるんだよね。

 

「飲み会に女性を呼ばないのは問題解決ではない」と抗議したところで、「セクハラのリスクをなくすためです」と言われたらどうしようもない。

「ふつうにプレイしていればアカウント停止にはなりません」と言われたところで、その可能性がちょっとでもあるのなら、わざわざ知らない人にアドバイスなんてしたくない。

「低評価は視聴者の意思表示手段」という声があったところで、荒らしに使われるくらいならこんな機能いらない。

「国民の理解を得るべき」という条件をつけたところで、「儀式はすべてやりません、国民の誹謗中傷に耐えられません」となればそれ以上強くは出られない。

 

結局認められるのなら、わざわざコミュニケーションリスクを負って相互理解を目指すなんて、バカらしくなっちゃうよね。

これらのコミュニケーションコストはそもそも、傷つく人を減らし、理不尽に泣くことがないようにするための、「弱者を守るための枷」だったはずなのに。

 

その枷の結果、「コミュニケーションリスクが爆上がりし、コミュニケーションをとらないことが最適解になっている」のだから、皮肉なことだ。

でもしかたない、相手がいつ傷つくかはわからないのだから。

ヘンに関わって自分が加害者になってしまったら困るから。他人に関わらないのが、いちばん平和。

 

多くの人のココロを守ろうとすればするほど、コミュニケーションは破綻していく。

 

それはもう、抗いようのない流れなのだろう。

「なにかちがう」という違和感を抱きつつも、だからといって他人に関わりたいとも思わないしね。

 

そんなことを思いながら、今日もわたしは「こいつ全然わかってねぇな……適当に終わらせて次がんばろう」と、無言でゲームをするのだ。

だってそれが、一番無難だから。

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業内でプロモーションもしくはPR・広告代理店等でプロモーション企画を提案する立場の方向けに弊社サービスBooks&AppsのPR記事の詳しい説明会実施のお知らせです。
<2022年12月6日実施セミナー>

プレスリリースの効果を倍増する方法。それは製品をサービスをコンテンツ化して届けることです

プロモーション施策のマンネリ打破、【共感されるPR記事】の発信方法を伝えるセミナー

<内容>
・なぜコンテンツが必要か?
・web上で読まれるコンテンツとは?
・宣伝ではないコンテンツの重要性
・Books&AppsPR記事成功事例
・Q&A(30分)


日時:2022年12月06日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/11/25更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

名前:雨宮紫苑

91年生まれ、ドイツ在住のフリーライター。小説執筆&写真撮影もやってます。

ハロプロとアニメが好きだけど、オタクっぽい呟きをするとフォロワーが減るのが最近の悩みです。

著書:『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』(新潮新書)

ブログ:『雨宮の迷走ニュース』

Twitter:amamiya9901

Photo by Bermix Studio on Unsplash