ちょっと前に、Twitterで「すぐ否定から入る人」の話が盛り上がっていた。

 

彼らはいったい何を考えているのだろうか。

実は、「正しいことを言いたい」と思っているのではない

 

一言で言うと、

取られてもいないマウントを、勝手に想像して反発しているだけ」と言える。

話の中身はどうでもいいのだ。

 

 

例えば、昔こんなことがあった。

 

新規営業の獲得数が累計10社になった新人を、チームのリーダーが祝福した。

「このスピードで10社は素晴らしい」と。

 

すると、同じチームの先輩が祝福するのかと思いきや、

「まあ、あのエリアは簡単だから。これからはそんなに甘くないよ。」

と言った。

 

私は「ん?」と思った。

エリアがカンタンとか、そんなことは別に誰も聞いていない。

新人なのだし、実際に頑張ったのだから、素直に祝福してあげればいいはずだ。

 

そう、この先輩は単に

「お前は大したことない」

「そんなにすごいことでもない」

と言いたかっただけだ。

 

世の中には、何か言われるたびに、あるいは勝手に想像の中で

「マウントを取られた!むかつく!なんか言ったれ!」

と勝手に負のスパイラルに陥る人が、死ぬほどたくさんいる。

 

彼らは気にくわない「権威」「業績」「忠告」に対してはもちろん、「提案」や「おすすめ」、時には「優しいことば」すら、「マウントを取られた」と思い込むため、「そうですね」が決して言えない。

 

コンサルタントをやっているときにも

「コンサルタントを雇っているのに、とにかく、アドバイスされたくない人」

を大勢見たが、全く同じだ。

 

 

こういう人の言動は、非常に特徴的だ。

 

例えば、ネットのマンション掲示板に次のようなスレッドが建てられた。

 

若くしてお金持ちになった人の話のようで、

「2億の物件を買った人の収入構造と感想を教えてくれ」

とのことだ。

もちろん、釣りやネタかもしれない。

が、書き方はニュートラルで、別に煽っている感じはしない。

(これを煽りと感じたら、「否定から入る人」の気がある)

 

しかし、諸兄のご想像の通り、このスレッドには「とにかく、なんか反発したい」人が群がった。

「釣り」だったとしたら、狙い通りだ。

 

とりあえず「2億の物件は大したことない」と言いたい人。

 

「身の丈に合ったことをしろ」と説教する人。

これこそまさに、「取られてもいないマウントを、勝手に想像してしまっている」状態であり、会社でも、こういうシーンには事欠かない。

 

もちろん、「こんなところで相談するのは自慢したいからだろ」と言う人もいるだろう。

まあそうかもしれない。

 

が、それなら黙って去ればいいだけだ。

 

だが、「そうですね」が言えない人は、それができない。

何とか反論をひねくりだしたり、「大したことない」と言ってみたり、しまいには「配慮が足りない」と言い出す。

 

本質的には、例えば「タワマン住民の不幸」などの記事を嬉々として読む人々は、こういう性向がある。

「タワマンに住むようなやつは不幸であって欲しい、そいつらに何か言いたい!」

という願いが具現化したのが、ああいう記事なのだ。

 

 

と、いろいろと書いたが、すぐに否定から入る人の気持ちは、わからなくもない

 

上昇志向が強くて、なかなか結果が出ない時には、そういう気持ちになるのも仕方がないと思う。

誰かが褒められるだけで、自分が貶められているように感じる時もあるだろう。

それはとても人間的な感情だ。

 

ただ。

つまらない反論をしても敵を増やすだけだし何にもならない。

 

そしてなにより、「すぐ否定から入る人」は、すぐに誰からも必要とされなくなってしまう。

それが「人間的な弱さ」の象徴だとみなされてしまうからだ。

 

反発するなとか、プライドを捨てろ、強い人になれ、とか、そのような必要は全くない。

ただ一言「そうですね」というか、余計なことを言わず、黙っていればいいだけだ。

 

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書